スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
ゲームの「通信」販売
通信販売という形態は昔からありますが、
ちょっと違う「通信」販売の話です。

8月17日 日経新聞より

任天堂はネットのダウンロードを利用し、
来年初めから全世界で新作ゲームソフトの販売を始める。
消費者は家庭用の新型ゲーム機「Wii(ウィー)」の通信機能を活用し、
ネットでソフトを入手できる。
ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)も同様の販売に着手。
両社は作品の大半を店頭販売の半額以下の1本2000円以下で提供する。
この方式は米マイクロソフトが先行、三強そろい踏みで
普及に弾みがつき、消費者の楽しみ方も広がる。

任天堂は「Wii」に搭載したダウンロード機能を使い、
手で振って遊ぶコントローラーを生かした最新ソフトを販売。
当初、パズルや教養系ソフトが中心で、1作品1000円以下の見通し。
自社開発だけでなく中小ソフト会社からも作品を募り、
アクションゲームなど大作にも広げる。


つまり、店頭に買いに行かなくても、専用ハードさえあれば
通信機能でゲームが買えてしまうわけですね。
小売店には全く利益が出ない方式になるわけですが、
ユーザーからすると大変ありがたいシステムといえます。

ただまぁ、1本が7000円近くするようなゲームが主な世の中で
1000円以下で買えるゲームとなると、どの程度なんだろうかと
思ってしまうわけですが、どうなんでしょうね。

今まで商品の普及に役立ってきた小売店が泣きを見ないように
考えてやっていただけたら個人的には嬉しいですが、
日本の閉鎖的なゲーム業界だと、中古市場も含めた上で
メーカーと協力してやっていこうという発想はないんでしょうね。
【2007/08/18 12:17 】 | お店の話 | コメント(0) | トラックバック(1)
<<面接に逝ってきます | ホーム | 勝ちたかったなぁ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ドンキーコング64(メモリー拡張なし)
任天堂ドンキーコング64(メモリー拡張なし)このゲームを遊ぶには別売りのメモリー拡張パック(ハイレゾパック)が必要です。振動パック対応。3Dアクション、1~4人用。5匹のコングが贈る、空前絶後のアドベンチャー!・[市況]PC版ゲームで大人気のモンハン、「仕掛け」
【2007/08/19 15:39】 | ソフト・アクションの感動
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。