スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
ていうか「アメリカが」なんでしょ?
ヤフーニュースより。
まぁ定期的にこういうネタというか話は出ますわな。

米医療情報学会(AMA)が、ビデオゲーム中毒を精神障害に
分類することを提言している。


へぇ(・・

AMAは最近公表した報告書の中で、ビデオゲームの過度の利用には、
ほかの嗜癖障害に似た社会的機能障害・混乱のパターンが見られる事
依存症状が未成年にも起こり得る事、対象への没頭、家庭生活や
学校生活の崩壊が起きることを指摘している。

このことから、同学会は「インターネット/ビデオゲーム中毒」を
「精神障害の診断と統計マニュアル(DSM)IV」の次の改訂版に
正式な診断名として含めることを「強く推奨」している。
ゲーム中毒は、このマニュアルに掲載されている症状の中では
「病的賭博」と最も行動パターンが似ているという。

同学会は、ビデオゲームの過度の利用はどの種類のゲームでも
起こり得るが、そうした症状が最もよく見られるのはMMORPGだとしている。


(オンラインロープレの事ですね)

これまでの研究では
「社会的に取り残された人」
「孤独感を強く感じている人」
「実生活で人との交流がうまくいかない人」
がこの種のゲームに没頭しやすい傾向が示唆されているという。


(ひどい言われようですね)

ほかにもAMAは、ゲーム時間を1日1~2時間とすることや、
保護者が子どものインターネット・ビデオゲームの使用を監視し、
制限することを勧めている。


(まぁ、これは分からなくはないですが)

なんというか、極端ですな・・・発想が。
もう少し細かく定義するべきだと思うんですがね。
週に平均で何時間以上遊んでいるとか。睡眠時間がどうだとか。
誤解をわざわざ生むような勧めはどうかと思うけどね。
アメリカよりもオンラインが盛んで死人も出てる韓国が先じゃないかのぉ。
【2007/06/15 21:38 】 | 時事ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
<<最近やった(やっている)ゲームについて | ホーム | 音楽凝り過ぎて予算がキツキツ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。