スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
音楽凝り過ぎて予算がキツキツ
ひさしぶりにお勧めゲームの話をば。

少しづつでありますが、積みゲー(買ったけど手をつけずに
積もり積もっているゲームの事)を片付けています。
で、以前に遊んでいてラスト直前まで進んだけど辞めてたゲームの話。

「アトリエ」シリーズで有名なガストという会社から出ている

アルトネリコ 世界の終わりで詩い続ける少女

という作品の紹介です。
サブタイトルだけだと恋愛アドベンチャーのようですが、
ロールプレイングゲームです。
ちなみに7種類のエンディングがあるのですが、現在3種類まで見ました。

世界の中心にはアルトネリコという名前の大きな塔がそびえ立ち、
その塔を中心にして様々な人々が生活をしているわけです。
主人公は塔の上の階層に住んでいるエレミアの騎士という奴で
下界の人間からすると神様のような存在になっています。

この世界は大きく分けると3つの種族から成り立ってまして
人間とレーヴァテイルとウィルスです。
レーヴァテイルは全員が女性なのですが、詩(魔法)を紡ぎ出せます。
地域によって差はあるものの人間とレーヴァテイルは共存しています。

アルトネリコから生まれて人間達を攻撃しているのがウィルスです。
主人公ライナーはレーヴァテイルと協力しながらウィルスと戦います。
物語の発端は、使途の祭壇に正体不明のウィルスが現れるところからです。

ストーリーも結構よいのですが、アルトネリコが高い評価を受けているのは
世界観を支えている音楽です。
全編通して非常に良いです。単純に音楽が良いというだけでなく、
それがストーリーの中心とちゃんと関わっているのが面白いです。

それとガストらしいシステムですが、
グラスメルクというアイテムの調合システムが存在しまして、
これが収集癖があるユーザーにはたまらない演出になっています。
同じアイテムでもランクが4段階ありまして、そのアイテムを利用して
また別のアイテムを作る事も可能になっています。
グラスメルクをある程度やっておくとストーリーの進行がかなり楽です。

あと、アドベンチャー要素もありまして、
レーヴァテイルが詩を紡ぎ出すためにはパートナーとの絆が大事なのですが、
それを深めるためにレーヴァテイルの精神世界にダイブする必要があります。
仲良くなると深い階層まで(要するに深層心理)ダイブできますが、
無防備な心を晒すわけですから危険な世界が広がっている事もあります。
ダイブ中はアドベンチャーゲームとして進んでいきますが、
なかなか面白いです。

詳しくは公式サイトを見てください。
プロモーションビデオを見ると音楽も聞けるので雰囲気が掴めるかも。
そういえばアルトネリコ2が出るそうで・・・・
てことは、それなりに1が売れたのかな。

アルトネリコ公式サイトのリンク
【2007/06/06 16:16 】 | お勧めゲーム | コメント(0) | トラックバック(0)
<<ていうか「アメリカが」なんでしょ? | ホーム | 今さらですが2%埋めました>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。