スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
本当は廃業できたらいいけど
警察官とか消防士とかって職業は必要な職ではあるんですが、
本当は必要ないような状態が一番望ましいんですよね。
犯罪がなければ警察官は廃業になっちゃうんですけど、
消防士はそうはいかないですよね。自然災害もあるわけで。

先日、福岡の防災センターに行った話を書きましたけども、
入り口入ってすぐの所にゲームの試遊台があったんですよ。
それが今回紹介するソフトの

桜坂消防隊(PS2)

です。
過去にも消防士がテーマになった作品はいくつか出ていますが、
その中でも非常に良作であると言われています。
発売当初から「面白そうだな」と思っていたんですが、
ちょっと難しそうだなと思って買わないでいました。

先日、近所の中古ショップで1000円で売っているのを見つけて
これだけ安いなら難しくて投げ出しても損はないかなと思い
買ってみました。で、今プレイ中なわけですが・・・

これ、むちゃくちゃ面白い!

内容が内容なので「面白い」と言うと不謹慎かもしれませんが、
別に「火事が」面白いわけじゃなくて、「ゲームとして」です。
基本はアクションになるんですが、シミュレーション要素もあり
謎解きの要素もあって、なかなか面白い作品となってます。

主人公を動かして火を消していくんですが、
仲間に指示を送って迅速に火事を消し止めないといけません。
マップが結構広いのですが、中には遺留品があったり、
救助を求めている人もいます。
燃えている部屋には「延焼率」が表示されており、
延焼率が0%になると、その部屋は完全に鎮火したことになります。
逆に延焼率が100%になると「LOST」という状態になり
その部屋にいた要救助者や遺留品が消えてしまいます。

原則は「全員を救助して、火事を鎮火」すればよいのですが、
謎解きの要素があって「遺留品」を手がかりに火事の真相に迫れます。

全体がストーリー仕立てになっており、連続放火魔を追うような
展開になっていくようです(まだクリアしてないから不明ですが)。
遺留品は複数見つかる場合もあって、そのうちの3つだけを選び
鑑識に提出する事になるんですが、どれを選ぶかも大事なんだそうです。

今4つ目の話を進めている所ですが、結構考えないといけないので
なかなか大変です(ゴリ押しが通用するゲームではないと思う)。
ただ、メインのアクションは割と楽に作ってあるので、
むしろ作戦を立てる方が大事になってくるのが面白いです。

本当はラジオでネタとして紹介しようかなぁと思ってたんですけど、
このソフトあんまり出回ってないみたいなので、
「見つけたら買い!」なソフトだと個人的には思います。
発売自体は結構前になるんじゃないかと思いますが、
お勧めしたいと思います。

あ、それと防災センターに行った後にこのゲームやると、
本当に火が怖いですね。
火元には気をつけようと心の底から思えるゲームです。
今もどこかで頑張っている世界中の消防士さん。
どうぞ無事で頑張ってください。
【2007/04/11 21:31 】 | お勧めゲーム | コメント(4) | トラックバック(0)
<<天使の言葉に泣けた | ホーム | 週末に収録します>>
コメント
なんだか気になって、HPを調べてみてしまいました。桜坂救助隊。
面白そう!
やってみたい・・・
あ、でも、上海じゃムリかぁ。残念。
【2007/04/16 00:46】| URL | honnori #- [ 編集 ]
honnoriさんへ
海賊版とかあるかもしれませんが・・・

そういえば中国の海賊版ソフトに規制が
強くかかるかもしれませんね。
主に映画やアニメ等みたいですが。
アメリカ側がかなり文句を言っているみたいですが
どうなるんでしょうかね。
【2007/04/16 20:44】| URL | restec #- [ 編集 ]
ご無沙汰してました!時間できたので一気にコメント失礼しますw;

こういうなりきり型というか、実際の職業の擬似体験型のゲーム増えてますけど
消防隊ってまた新鮮な設定ですね。
本当の消防隊の方はすごくたくさんのことを考えながら判断して動いてらっしゃるんでしょうけれど
その要素がたくさんつまってるようで、かなりいろんなポイントで楽しめそうですね~。
今度ブックオフとか行ったら探してみよう。
【2007/04/27 22:14】| URL | 穂高 #- [ 編集 ]
穂高さんへ
こちらこそ、ご無沙汰ですいませんです。

ネットゲーの中で話を聞いたことがあるんですが、
実際に消防士に今月からなる方がいまして
日々の訓練が相当に大変なんだそうです。
屈強な大人でも泣きが入るくらいだそうで・・・

助けるのも助けられるのも命がけですが
ゲームを通じて大変さと火事の怖さが
ユーザーに伝われば良いなと思います。
【2007/04/28 22:54】| URL | restec #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。