スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
じゅうべえくえすと日記 1日目
たびたびアクセス解析されていた「じゅうべえくえすと」。
「じゅうべいくえすと」とか「じゅうべいクエスト」とか
細かい間違いが多いみたいですが正確には「じゅうべえくえすと」です。

タイトル画面

題字があからさまに「ドラ●ンクエスト」風ですが・・・
会社違うけど大丈夫なんでしょうかね(w;

意外と隠れファンが多いようで、今日から不定期ですが
プレイ日記を連載していこうと思います。
攻略の糸口にしてください。

あんまりいないと思いますが、ネタばれを見たくない人は
これ以降は読まないほうがいいと思います。

なんとかラストまで行けたらいいんですが、どうなることやら・・・
では 攻略開始!

最初にスタートを押すと名前入力画面になります。
5文字まで入力可能です。これ結構嬉しいですね。
昔は4文字までしか入らないケースが多かったです。
当然ながら・・・

名前入力

入力が終わると主人公の出生に関わるデモが流れます。
光の玉が割れて、カプセルが柳生の里に1つ落ちてきます。
その中にいた片目に傷がある赤ん坊を柳生の但馬が拾います。
世界は混沌としており、摩訶不思議な戦国ワールドとなっています。
但馬の盟友、尾張入道が真相を探るべく旅に出ますが行方知れず。
その調査のために主人公が呼ばれる所から物語は始まります。

育ての父親から柳生の里の名刀「しんかげ」を託されます。
とりあえず家族の話を聞きましょう。

出生の秘密

いきなり母親からキツイ暴露話等されつつ、屋敷の中の宝箱を回収。
このゲームは「調べる」ではなく「さがす」というコマンドです。
何かと使うコマンドなので覚えておくと便利です。
母親から50両、宝箱から20両。合計70両手に入るわけです。

屋敷を出ると1章が始まります。

1のまき からくりじょうのあくま なぞのコスモトロン

ファミコンなので漢字は使えません。
とても読みづらいですが、しばらくすると慣れるので我慢です。

まずは里を見て回りましょう。はっきり言って狭いので苦労しません。
重要な施設としては

「ぶきや」・・・武器・防具類を扱う店
「こまものや」・・・いわゆる道具屋。回復アイテム等がある。
「やどや」・・・宿屋。HPとMP回復
「ときのしんかん」・・・死亡を含めた状態異常を治す施設

「ときのしんかん」の建物は独特なので見たら分かります。
今は活用することはないでしょう。
このゲームでまず困ったことは、何の店なのかが外観で分からない事。
やどやだけは「やどや」と看板がありますが、あとは全部「お店」
しかも「店」だけは漢字を使っています。変なところだけ頑張ってます。
要するに場所を覚えろということでしょうか・・・

看板がない家も出入りが自由です。不法侵入はRPGのお約束です。
とりあえず買い物は何もしなくて大丈夫です。
里の住人の発言をまとめると次のような感じになります。

●おいなりさんは物知り
おわり(尾張)の奉行は悪人
●暴れ者のウシまつが悪さをしている
●尾張入道の1番弟子「怪盗ジロキチ」が奉行を探っている

里の入り口をウシまつらしき人物がふさいでいます。
隣の女の子に話しかけると「ウシまつがはなしてくれない」と文句。
ウシまつに話しかけると戦闘になります。

うしまつ

父からもらった「しんかげ」は相当の業物です。
おそらく楽に倒せると思います。

裸同然の相手に日本刀を振り回す主人公

いかがなものかと思いますが、
「摩訶不思議戦国ワールド」なので問題なしです。

見事、ウシまつを撃退すると、隣にいた女の子が刀を褒めます。
ここで「刀を見せて」と頼まれ「はい」か「いいえ」を選びます。
ちなみにどちらを選んでも結果は同じになるんですが・・・

刀盗られる

主人公、いきなり自作自演詐欺にひっかかります

仕方なく携帯している小刀を装備しなおします(自動処理)。
とりあえずは尾張をめざすことになるんですが、
現在の主人公の装備は小刀のみ。防具もありません。
手持ちは70両ですが、まだ買い物はしないでおきましょう。
旅立ちの際にもらった宝の地図がありますので、
「つかう」を選ぶと宝の場所が分かります。
柳生の里から近いですので宝を探しに行きましょう。
100両手に入るはずです。これで170両。
手に入れたら里で「じんばおり」を100両で買います。
現状で装備できる最高の防具です。残り70両。
まんじゅうで回復するか宿屋を往復しながら90両まで貯めたら
「しのびのかたな」を買います。これで現状の最強装備です。

ここまでそろったら柳生の里周辺でレベル3まで上げます
このゲーム、敵がかなり強い上に出現率が異様に高いです。
戦闘システムと、序盤のレベル上げの必要性についてはまた次回。

今日はここまでといたします(w/
【2007/01/17 17:03 】 | じゅうべえくえすと | コメント(2) | トラックバック(0)
<<じゅうべえくえすと日記 2日目 | ホーム | 第1回放送分 解体新書(後編)>>
コメント
正しくはじゅうべえくえすとだったのですね~
にしても、パクリもいいところですね。
このソフト、欲しくなっちゃいますね。
中古店でよく見かけるんですよね~
【2007/01/17 22:53】| URL | ココマル #r7OaAMdA [ 編集 ]
ココマルさんへ
題字はパクリですが、中身は独特ですね。
日記2日目で書くと思いますが、
じゅうべえくえすと独特のシステムがあります。

意外と作品としての評価は高いようです。
どこでも見かけますからそれなりに売れたのかな。
【2007/01/18 00:15】| URL | restec #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。