スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
100年マンション
今日は火曜日なので「ガイアの夜明け」の感想を・・・

今日は「100年マンション」というテーマでした。
寿命が100年あるマンションを作ろうという試みの話です。

日本のマンションの平均寿命は30年ちょっとだそうです。
意外と短いですよね。
その原因になっている一つに、排水管の寿命というのがあります。
排水管の寿命は30年だそうです。
日本のマンションのほとんどは、排水管を建物の中に入れていますので
排水管を換えるためには建物の一部を壊して工事する必要があります。
マンションの経営者は、全体を立て直す時の「ついでに」排水管を換えます。
その方が別々に工事をするより安上がりだからです。
それにより築30年を超えたマンションはガタガタです。

今、マンション業界で革命を起こそうと頑張っている企業がいます。

工事費が高くつくのですが、排水管を建物の外に持ってきたり、
断熱材をコンクリの外に持ってくる外断熱等によって、
建物の寿命を延ばそうという試みが出てきています。

ただ皮肉なことに、マンションを買う人は100年先まで考えません。
工事費がかかる分、通常のマンションより1割ほど高い価格なので
余計に売れにくいようです。

建築の最先端、ドイツでは築100年以上のマンションがたくさんあります。
アメリカでも築年数を延ばそうとすることが当たり前になってきています。
いまだに利便性だけを追求した、寿命の短いマンションを建てているのは
日本くらいのものでしょうか・・・

企業の営業マンは、客に興味をもってもらうために色んな工夫をしています。
頑丈さをアピールしても見向きもされないのならば、
まずはショールームの見た目をかっこよくして客をひきつける。
そして+αの要因として100年マンションというアピールをする。
そういう風にアピールの順番を変更して営業をしている会社もありました。

「こんなに良い物なのに、なんで買ってくれないんだろう」

と立ち止まるのではなく、客に分かりやすく魅力を伝えるためには
あえて少し遠回りする必要もあるのだなぁというのが今日の収穫でした。
【2006/11/07 23:41 】 | 経営学 | コメント(4) | トラックバック(0)
<<精神鑑定のあり方 | ホーム | まずは楽しまないと>>
コメント
私も見ていて、外断熱って省エネになるとかどうせ買うなら長持ちする財産がいいなぁと思いました。
でも買うならやっぱりまず目がいく内装にも凝りたいっていうお客の視点で
アピールする順番を入れ替える手法に切り換えたのも売るための大切な手段なんだなぁと納得でした。

…まぁ私は別に買う予定なんてないんですけどもw;
【2006/11/08 00:51】| URL | 穂高 #GWMyNl/. [ 編集 ]
穂高さんへ
ほとんどの家が内断熱っていうのは知りませんでした。
うちはそもそも断熱されているかどうかも怪しい・・・
夏暑く、冬寒い部屋でございます(;;

自分は住めれば別にいいかなぁというのが現状ではありますな。
【2006/11/08 01:22】| URL | restec #- [ 編集 ]
100年マンションですか~
何でも量産したがる日本企業の気質と対比していて、面白い発想ですね。
最先端だけを追うのではなく、
先を見るのであれば、遠回りするのもいいかもしれませんね。
【2006/11/08 16:08】| URL | ココマル #- [ 編集 ]
ココマルさんへ
北海道の竜巻のニュースでも言っていましたが、
天災が起きた時はコンクリ製の家が頑丈でよいのだそうです。
番組では詳しく扱われていませんが、
長持ちするコンクリートの開発も行われているそうですよ。
【2006/11/08 22:50】| URL | restec #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。