スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
CERO指定の話
こんばんわ。れすてっくです。
今日はちょっと真面目な話。まぁいつも真面目ですが。

ゲームは今や映画と同じくらい多岐にわたったジャンルがあります。
冒険活劇や、推理サスペンス、恋愛物まで様々です。
エンターテイメントという名の元に、様々な表現手法がとられ
ゲームの面白さの一つとなっています。

表現方法によっては、幼い子供にはオススメしづらい物もあります。
例えば暴力的な表現だったり、性的描写であったり、薬物だったり。
成人して正しい常識が身についている場合は、そういった表現も
「演出」の一種だと考える事が出来ますし、現実世界で真似したり
する事はありません。

現在、どのゲームはどういう表現が含まれており、何歳以上の人に
推奨するべき作品かというのを審査する団体があります。

特定非営利活動法人コンピュータエンターテインメントレーティング機構
COMPUTER ENTERTAINMENT RATING ORGANIZATION

略してCERO(セロ)です。マジシャンじゃないですよ。

役員の方は大学の教授だったりするんですが、実際に審査する方は
一般の方から常に応募しています。ゲーム業界関係者はNGですが
例えば子供を持つ主婦の方や、年配の方でもOKです。
幅広い世代の方から実際に発売前のゲームを遊んでもらって
定められた条件に沿って「全年齢対象」とか「18歳未満禁止」とか決めます。

18歳未満禁止のソフトはZ指定というCERO指定を受けるわけですが
それ以外のソフトに関しては、販売に関して今は特別な強制力はありません。
あくまでも「推奨」なので、17歳以上推奨のD指定ソフトを中学生が
買っても小売店としては止めることは出来ませんし、実際に楽しんで
遊んでいるお客様はたくさんいます。

さて前置きが長くなりましたが、ここからが本題。
販売店としてお客様がゲームを買いにきた場合、Z指定でなければ
私はゲームソフトを売りますし、止める事はありません。
しかし私の子供が推奨年齢に達してない状態で、ゲームを欲しがる場合
はたして、ゲームを買い与えるでしょうか?

答えはNOです。私はそのゲームをプレイさせません。
CERO指定の年齢に達するまでは遊ばせないです。
とっても矛盾した感じがしますが、そうしますね。
これは自分が知る範囲での経験談になりますが、
親子でゲームをする家庭の場合は、買い与えないケースが多く、
親がゲームに興味がほとんどない場合は、買い与えてしまいます。
中には親がゲームに精通しており「このゲームは大丈夫」と
判断している場合もありますが、これは相当稀なケースです。

今のゲーム機には年齢制限を設定する事ができますので、
パスワードを入れないとゲームによっては起動できなくする
事ができます。この機能もあまり使われてないように思います。

子供が出来て余計に考えるようになりましたが、
ゲームが好きな人は、子供と一緒に遊んでみたいと思う方も
多いんじゃないかと思います。

でも、どうか無責任に友達感覚で子供と遊ばないでほしい。

子供が幼ければ幼いほど、大人が受けるよりもずっと強い刺激を
受けることになるかもしれません。
良い刺激もありますが、精神的にショックを受ける場合もあります。
それは受け手側の問題が大きいのですが、やはり親は子供に対して
フォローする義務があるのではないでしょうか。

私はCERO指定を気にして買った事はほとんどありません。
それはCEROが導入された時にはすでに成人していたからです。
(それでもZ指定と書かれていたら、ちょっと内容は調べますが)
でも今から自分の子供が大きくなるに連れて、自分が遊ぶゲームでも
CERO指定は気にして買うようになると思います。
もちろんゲーム機には年齢制限のロックはかけますが、
やはり段階を経て、子供にはゲームを楽しんでもらいたいと思います。
スポンサーサイト
【2010/04/30 21:50 】 | その他 | コメント(1) | トラックバック(0)
感情移入の手法について
どうもです。連続でバンバン書いてますよ。
いつ更新が止まるか分からないので、書けるときに書く。
そう決めた、れすてっく1児の父です。

入院中に遊んだゲームに絡めた話を続けましたが、
退院してからも自宅静養期間というのが暫くありまして、
リハビリを兼ねて外出したりしていましたので、
おかげさまで新作ゲームを遊ぶ機会が出来ました。
嫁さんが出産準備で実家に帰っていたというのも
まぁ影響がなかったわけではないんですが(w;

さて、かなり前の記事で気になる作品があるという話をして
実は発売するのを今か今かと待っていた、ひさびさに
ワクワクしながら買ったゲームがあるんですが、
PS3「ヘビーレイン 心の軋む(きしむ)時」という作品です。

サスペンスアドベンチャーとでもいいましょうか。
こういうジャンルは良くあるんですが、このゲームは
とっても斬新なシステムと演出が面白いゲームです。

まず操作性が独特で、PS3のアナログスティックとボタンの
組み合わせで、プレイヤーと主人公の動きがうまく
シンクロできるようになっています。
正直、冷蔵庫を開けたり、ジュースを飲むのも全部操作が必要で
これをわずらわしいと思ってしまうかもしれないですが、
たたみかけてくる激しいストーリー展開にやがて
プレイヤーと主人公が一体化してきます。

このゲームは同じ事件をめぐって4人の主人公の視点で進みますが
それぞれに個性的であり、謎めいた展開になるため集中力が切れず
それぞれのシーンで感情移入する事が出来ます。

サスペンスという事で、全体的に暗くシリアスな雰囲気が特徴的で
「ヘビーレイン」というタイトルのように、ずっと降り続ける雨は
じめっとした嫌な雰囲気をうまく演出しています。

集中力と緊張感が続く要因として考えられるのは、
マルチエンディングになっているため、先の展開が予想しにくい事と
「主人公は絶対に死なないんでしょ?」という安心感がないため、
遊ぶからにはグッドエンドが見たくて遊ぶわけで、
非常に悩みながら進む事が、また主人公とシンクロしてしまいます。
そう。主人公が死んでしまうパターンもあります。
でもストーリーは最終的な結末まで終わる事はありません。
どんな悔しい結果になっても最後まで物語を見届けなければなりません。
そこがまた憎い演出だなぁと思います。

PS3のソフトなので画面も綺麗ですし、人物のCGも非常にリアルですが、
それ以上にゲーム性が優れていて、楽しむ事ができる良作です。
ただ、プレイ中は感情移入した弊害で、非常に切なくなったり
悲しくなってしまいます。まさに「心が軋む」ゲームです。
だからこそ主人公にハッピーエンドを迎えてほしくて、悩んで迷って
考えて遊んでしまうんだと思います。

今までのアドベンチャーゲームにちょっと飽きてきた方は
ぜひお試しあれ。ただし、かなり精神的にショックを受ける演出も
あったりしますので、D指定という事もありますが、大人向けの
ゲームとなっています。
【2010/04/19 21:49 】 | お勧めゲーム | コメント(4) | トラックバック(0)
原点回帰?懐古主義?
どうもです。れすてっくです。

入院中やら自宅静養中で、やたらゲームをしましたので、
ネタはいくらでもあるんじゃないかという状況です。

入院前にゴッドイーターを買いましたという話を書きました。
かなりのピッチで遊びこんだので、一通りの難易度を体験し
次はどうしたものかと思っていましたが、持ってきたソフトは
この1本だけ。別のゲームを買いに行けるわけでもなく
どうしたもんかと思ったんですが、ラッキーなのはPSPだった事。

メモリースティックの中にダウンロード販売で買ったゲームが
何本か入っていました。
ちなみに入っていたのは全部プレイステーションの古いゲームで
実はすでにクリアした事があるゲームばかりでした。

で、実際に次に遊んだのは「ポポロクロイス物語」というRPGで
これはネットラジオでも語った事があるくらい大好きなゲームです。
ネタがかぶってしまうので、3本目に遊んだ「メタルギアソリッド」
がらみの話を書きたいと思います。

この「メタルギア」シリーズですが、かなり長い期間に渡り関連作が
出ており、来週には最新作の「メタルギアソリッド ピースウォーカー」
が発売になります。
シリーズが有名になったのはプレイステーションの「メタルギアソリッド」
がきっかけなんですが、自分も最初に遊んだのはこの作品で、
実はこの前にMSXという昔のゲーム機で2作品出ていたのを知ったのは
かなり後になってからでした。

1998年に発売になった時、自分は大学生でしたが、正直なんで
このゲームを買ったのか、よく覚えていません。
かなり分厚いパッケージで、シンプルながらカッコいいロゴと、
パッケージ裏の画面写真がカッコよかったからだと思います。
この時、ゲーム業界ではメタルギアショックという衝撃が走った事も
全く知りませんでした。ゲームとしての完成度があまりにも高く
他のメーカーが自社製品の発売日を遅らせたと言われています。

潜入操作アクションという、映画のスパイ映画のような内容で
敵に見つからずに動いたり、装備品は現地調達で動いたり、
なかなか面白い設定な上に、アクションゲームが苦手な自分には
少々敷居が高いゲームでした。しかし、ストーリーの面白さや
魅力あるキャラクター達に魅了されて、何回もゲームオーバーに
なりながらも、敵の配置や動きを覚えながら頑張ってクリアしました。
最終的にはセーブせずに回復薬を使わず、2時間半以内でクリアを
達成できましたので、相当遊んだのではないかと思います。

当時かなり遊びましたので大好きな作品となりましたので、それ以降に出た
「メタルギアソリッド2」「メタルギアソリッド3」も遊びました。
他にも「メタルギアソリッド4」やPSPで「ポータブルオプス」が
出ていますが、この頃になると仕事が忙しくなっていてクリアまで
遊ばずに今に至っているのが残念ではありますが、このシリーズだけは
ちゃんと最後まで遊ぼうと思っていますので、売らずに手元にあります。

来週発売になる「ピースウォーカー」は物語の時系列でいくと、
「メタルギアソリッド3」や「ポータブルオプス」の後の話になっているので
今は頑張ってポータブルオプスを少しづつ進めているところです…
ひさびさに遊ぶのと、操作性の違いに戸惑っておりますが、頑張ります。

入院中に遊んだメタルギアは古い作品になるので、最近出ているものと
比べるとグラフィック等はかなり見劣りしてしまいますが、
今遊んでも十分に楽しめてしまうわけで、こんな作品を10年以上も前に
出していたのかと思うと、優れたゲームというのは、ある程度ハードの
限界値が見えていた方が、クリエーターは知恵を絞って努力するんじゃないか
と思ったりもします。

グラフィックが綺麗なのは凄いと思いますし、それはそれで技術なんですけども
演出にばかり力が注がれていて、中身はひどい出来栄えのゲームが
最近は多くなってきたと思うんですよね。
その理屈でいくと、PS3よりもDSの方が良作は生まれやすいような気もしますが、
実際はDSも一時期のプレイステーションのように、微妙な作品が増えてきました。
懐古主義に走るわけではないんですが、難しい技術よりも、単純に楽しめる
作品が増えてくれたらいいなぁと思います。これは主観入りまくりの意見なので
現状のゲーム業界で満足と思っている方はそれでいいと思いますが、
例えば、CMの作り方ひとつ取ったとしても、昔のゲームのCMはもっと
自由だったというか、良い意味ではじけてた気がします。
【2010/04/19 20:57 】 | お勧めゲーム | コメント(1) | トラックバック(0)
クリエーターの本気を見た
ごぶさたしてます。
れすてっくです。
再開します記事を書いて、かなり長い事留守をしましてすいません。

近況報告しますと色々と書けるんですが、
いちおうゲームのブログですので、プライベートはさらっと書いて
あとはゲームの話にしたいと思います。

ここ半年ほどで大きな出来事は、腰のヘルニアで2ヶ月ほど会社を
休んでいた事と、ちょうど退院の日に長男が生まれた事ですね。
生後1ヶ月も経ってないので、何かと世話が大変ですが、
今は嫁さんの実家で、嫁が育児に頑張っております。

さて、今の仕事はゲームに大変関係のある仕事ではあるんですが、
忙しくて家でも仕事をしているような状況がずっと続いてまして
「ゲームをプレイして楽しむ」という状況からは離れていました。

が、幸か不幸か2ヶ月ほど静養する期間が出来た事により、
遊んでいなかったゲームを集中的に遊ぶ事が出来ました。

安静にしていなければならない状況が多く、病院に据え置き型の
ゲーム機を持ち込むわけにもいかないので、携帯ゲーム機で
遊ぶ事になります。

ちょうど入院する直前にPSPで「ゴッドイーター」という
アクションゲームが出たので、それだけを用意して入院。
正直、長期に休養になるとは思わなかったので、
まぁ、まったり遊べば大丈夫だろうと思ったんですが、
これがかなりはまってしまって、先に先に進もうと思って遊んでいると
あっという間に最後の難易度まで行きました。

ゴッドイーターなんですが、モンスターハンターのような
ハンティングアクションでして、モンハンよりもスピーディーな
戦闘が楽しめるため、難易度は結構難しめになっているんですが、
ストーリーもしっかりしており楽しめる作りです。

ストーリー進行と共に難易度が上昇し、最終的に難易度10まで
いくのですが、大体は難易度4くらいで最初の壁にぶつかります。
初めてやった時は「これは、本当にテストプレイしたのか?」と
かなりの絶望感と、PSPを投げつけたくなるような憤りを感じますが
これがうまく出来ているもので、敵の動きを観察したり、
装備を変えたり、戦術を自分で考えるとクリアできるものです。

この作品は製作側も非常に力を入れておりまして、
事前に体験版をダウンロード配布していたんですが、
ユーザーからアンケートで意見を回収して、
大小100種類以上の改良を加えて製品版が出来たそうです。
ここ最近ではユーザーの意見が直に反映されるケースが少ないので
非常に良い事だと思います。

当初、メーカーから案内があった時は、オリジナルタイトルという事で
仕入担当者も渋い反応だったんですが、予約件数もうなぎ上りで
発売日直前には相当な件数が販売確約状態だったようです。
次回作も期待したいと思います。
【2010/04/19 20:15 】 | お勧めゲーム | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。