スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
ロールプレイングを考察
こんばんわ。れすてっくです。

先日の記事の終盤でちらっと触れましたが、
今回はPSP専用ソフト「勇者30」の話を混ぜながら

「ロールプレイング」とはなんぞや

という事を勝手気ままに考えたいと思います。

結構前にネットラジオをやっていましたが、そこでも少し
掘り下げたテーマであります。
ちなみにこの記事は自分のラジオを聞きながら書いてますが
いやぁ、トークがたどたどしいなぁ。つうか、声若いなぁ、わし。
歳とったなぁ…

脱線しました。

まず「勇者30」というゲームの説明なんですが、新作ゲームですので
突っ込んだ内容は書かずにザックリ書きます。

色んなゲームモードがあるのですが、このゲームの最も面白いところは

「とにかく30秒でクリアしてください」

という事です。
世界を滅ぼす呪文を唱える魔王が出現しまして、魔法を発動してから
効果が出るまでに30秒かかるという設定なんですね。
その間に倒せば世界を救えるという、なんともご都合主義な話です。

プレイヤーは30秒の間にレベルを上げ成長し、武器や防具を買い
時には村人の声を聞き助けてあげ、様々な謎解きをクリアして
魔王城へと辿りつくわけです。そして魔王を倒せばシナリオクリア。
このゲーム、シナリオ形式なのでクリアすれば次の魔王が出ます。
魔王から別の魔王へ破滅の魔法が伝わっていくわけですね。
影で言いまわっている黒幕を探していくという面白さもあります。

ここまで聞いて「本当に30秒でそこまで出来るの?」と思った方も
多いかと思いますので、ぜひ公式サイトを見てみてください。
あ、別に発売元のまわしもんではありませんので(w;

「勇者30」公式ページへのリンク

このゲームの良いところは、その奇抜なゲーム性だけではなく、
RPGの原点ともいえる「お決まり要素」がたくさん入っている事です。

●主人公に名前をつける事ができる
●モンスターを倒してレベルあげ
●お金をためて武器や防具を買う
●街や村で情報収集したり人助け
●宝箱さがし
●めずらしいモンスターも登場

そして何よりも

●自分で冒険しているという達成感

これにつきるのではないでしょうか。
昨今のゲームはリアリティばかりが追及されて、映画を観ているか
のような錯覚を覚えます。綺麗な絵がダメとはいいませんが、
「勇者30」が昔懐かしのドット絵になっているのも、そういった
ゲーム業界へのアンチテーゼなのかもしれません。
ゲーム中にも「ゲームの世界のお約束」な展開や設定に関して
皮肉を言うようなセリフが多々出てきますので、ゲーム好きな方は
ニヤリとするのではないでしょうか。

達成感を得るためには、強敵を苦労して倒したり、謎解きに
試行錯誤を重ねたりと、ある程度の挫折と苦労が必要だと
自分は思っています。
俗に「チート」と呼ばれますが、ゲームデータをいじって
最初から最強装備とか、アイテムが全部そろっているとか
そういう遊び方をされる方も増えてきていますが、
「満足感」は得られても、上記のような達成感は得にくいと思います。

「勇者30」はとにかく30秒という制約がありますので、それをいかに
有効活用するかというのに頭を悩ますわけですが、
ひたすらタイムアタックを狙うもよし、レベルを制限するもよし、
進むルートを色々変えてみたり、自由な遊び方ができるわけです。
若干ネタバレになりますが、シナリオをクリアするまでの行動によって
称号がもらえたり、シナリオが分岐したりします。
非常にボリュームのあるゲームです。ぜひ遊んでみてください。
スポンサーサイト
【2009/06/02 00:18 】 | お勧めゲーム | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。