スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
心に響けよ 後編
続きです。
前の記事読んでない方、読まれてからどうぞ。

で、子供達を更正させようと思ったら、本当に反省と後悔をさせないと
意味がないと思うんですね。なので、精神的に追い込んでいきます。
はっきりいって殴られた方が叱られる側としては楽なんですよ。
その時だけの痛みで済むわけですからね。

今日、実際に親御さんとお子さんに話した内容を書きます。
(プライバシーを守れるレベルで書かせてもらいます)

「あのさ、なんでカード盗ったらいかんか、分かる?」

うなずく少年。

「ほんと?じゃあ、なんで盗ったらいかんか言ってみて」

言葉にできない少年。

「法律で盗ったらいかんとか、盗ったら怒られるけんかな?」

うなずく少年。

「あのね、そうじゃないんよ。そういうことじゃないとよ」

分からず固まる少年。

「盗ったら、お母さん悲しむよね?お父さん悲しむよね?
 おじいちゃんも、おばあちゃんもショックよ。
 担任の先生もびっくりするし、教頭先生も電話でビックリしとったよ?」

うなずく少年。

「今からお母さんが仕事先から来るけど、今、離れられんから少し遅くなる。
 今さ、お母さん、どんな気持ちで働きよると思う?
 頑張って働いてさ、そのお金でカードが買えるんやろ?
 万引きさせるために働いてるわけやなかろ?」

たまらず泣き出す少年。

「カード1枚だけかもしれんけどさ、その1枚盗ってしまったら、
 たくさんの人が悲しむんよ?1000円稼ぐのがどれだけ大変か分かる?
 怒られるけんやない。悲しむ人がおるけん、やったらいかんとよ」

この話は最初に二人きりで少年としました。
その後にかけつけた母親に向かって最初に言った少年の言葉は

「お母さん、ごめんなさい」

でした。母親を傷つけた。悲しい思いをさせたという実感がやっと
少年の中で沸いたのかなと思いました。
今夜、少年は何を思い眠っているのか分かりませんが、
ご両親は眠れぬ夜を過ごしているかと思います。

親御さん、担任の先生にお願いしたことがあります。

「頭ごなしに叱らないでください」
「殴りつけるような事はしないでください」
「理屈云々ではなく、心に響く諭し方をしてください」


まぁ、わしも偉そうな事を言えるような人生の歩み方はしてないですが、
こういうのも店長としての地域に対する貢献になるのかなぁと思いたいです。
スポンサーサイト
【2008/10/28 00:29 】 | お店の話 | コメント(0) | トラックバック(0)
心に響けよ 前編
ども。れすてっくです。

今日はちとマジメな話。
実は、昨日と今日の2日間で連続で万引きを捕まえました。
現行犯ってなかなか難しいんですが、まぁなんというか。
運がいいというか悪いというか・・・

うちの店はゲームソフトだけでなくトレーディングカードも
扱っているのですが、子供を中心に人気があるので
万引きのターゲットになることが多いんですな。

うちも結構困ってまして一部の商品は見本を展示して
カウンターで選んでもらうようにしました。
ただ、全てを見本に変えると非常に手間がかかるので
実物を出している場合もあるわけです。

で、2日連続で捕まえたのが二人とも小学生なんですが、
自分が小さい時に万引きという発想がそもそも頭に
あったのだろうかと思うと、なかったですね。
一人で買い物に行くのも勇気がいるように思ってました。
今の子は「無駄に」大人びてますな。

で、どういう経緯で捕まえたかは書きませんが、
現行犯で事務所に連れて行くと色んな反応があるんです。

「ねぇいつ帰れるの?早く帰らないとお母さんに怒られるよ」

いや、それ以前にもっと怒られる事してるだろうがよ・・・

「家にどうしても連絡しないとダメなんですか?」

連絡しないでどうしろと?

彼らは罪の意識はほとんどありません。
時代劇等で「すいません。つい出来心でさぁ・・・」なんてセリフありますが、
まぁ、まず出来心なんてのはないですよ。そういうのは後付け論ですから。

子供がいけない事をした時に、皆さんはどうやって叱りますか?
わしは子供いませんが、頭ごなしに怒鳴ったり、ぶっとばしたりはしません。
なぜかというと、一時的に痛い思いをしても、子供はすぐ忘れるからです。

悪い事した→ひどく怒られた→怒られたくない→バレなきゃOK

という思考回路に切り替えるようになります。いや、ほんとに。
「やった事がなぜいけないのか」というのを考える前に
「とにかく痛かった」とか「叱られて怖かった」とかいうイメージが強く
本質を見失ってしまうんですね。

長文になってきたので続きは後で。
【2008/10/28 00:05 】 | お店の話 | コメント(0) | トラックバック(0)
TGS2008体験レポート(3)
こんばんわ。れすてっくです。
更新が少し遅くなりましたが、
先日の東京ゲームショウの報告ラストです。

締めということで、個人的に気になったタイトルを・・・

まず、故郷福岡が本拠地のレベル5。
発売日がかなり先(2010年予定)ですが、「二ノ国」というRPGが出ます。
これはスタジオジブリと組んで出す大作RPGで、
音楽も久石譲さんが担当されてます。
ジブリ独特の温かみがある空間の中を自由に動き
大冒険が味わえるなんて夢のようですね。
プラットホームはDSみたいですが、据え置き機でも
出そうな気がします。

スクエア・エニックスから出る「クロノトリガーDS」
これはスーパーファミコンやプレステ1で出ていたRPGですが、
名作と知られているものです。リメイク作品ですが、
昔のドット画テイストが崩されておらず、追加要素も加わり、
携帯ゲームという手軽さで人気がでそうですね。
DSと一緒に買う方も多いかもしれません。

天誅シリーズで有名なフロム・ソフトウェアから「犬神家の一族」
横溝正史原作の作品がゲーム化されるのは初めてです。
世界観を重視した水墨画タッチの独特の絵で話が進むアドベンチャー。
有名なミステリーなだけに、展開を知っている方も多いですが、
「金田一耕介が別の行動をやっていたとしたら・・・」という
新しい展開もあるそうです。実際に遊んで見ましたが、
時間を忘れて遊んでしまうというか読みふける事が出来そうです。
来年の1月に発売予定という事で、DSユーザーは楽しみですね。

歴史シミュレーションの大御所、光栄から「采配のゆくえ」
天下分け目の大決戦「関が原の戦い」で東軍を率いて勝利したのは家康。
しかし、ゲームの主人公は西軍の大将「石田光成」です。
タイトルのように主人公の光成の「采配」によって戦況を動かしていきます。
戦闘ひとつこなすにしても、敵の位置を探るために伝令を走らせ
情報を集め敵の位置を把握、戦略を練り作戦を実行します。
しかし素直に従わない味方大名もいたりして、時には説得したり・・・
光成の周りには常に様々な問題が生じます。
それを考えうまくまとめて西軍を勝利へと導きましょう。
イラストタッチの軽い絵柄とシステムの奥深さのギャップが
かえって面白いと思いました(実際にやりました)。

上にあげていったタイトルは実際に買ってやっってみたいなと思うもので
個人的に興味をそそられたものです。

TGSに初めていきましたが、限られた時間で見てまわるのが大変で
少し時間を取ってでも、事前にパンフレットはよく読めばよかったなぁと
思いましたね(w;
帰りの新幹線でパラパラと見てまして「え?!こんなブースあったの?」
という発見がチラホラと・・・けどまぁ面白かったですよ。

帰る前に幕張メッセの中にある休憩スペースでアンパン食べながら
ボケーっとしてますと「(合席)よろしいですか?」と女性が来ました。
まだ20代かと思われる綺麗な方でした。
「今日はどちらからですか?」と聞いたら「すぐ近くです」と答えられ
「というか私はセガの人間なんですよ」と入場許可証を見せてくれました。
お互いに自己紹介をして、仕事の話を聞かせていただきました。
その方はアミューズメント産業の方で、ゲームセンターのメダルゲームの
筐体(機械)のデザインを作ってるクリエイターさんでした。
ゲーム産業は男性が多い印象がまだ強いのですが、
時代は変わったのだなぁと、年寄りじみた事を考えてしまいました。

「良いと思って作っても評価されない事がたくさんあります。
 でもやっぱり遊んでもらってなんぼの世界なんですよね」


という言葉が非常に心に沁みました。
色んな思いが詰まったゲームを売るのが僕らの仕事です。
そのために、その商品の魅力がもっと伝わるために努力するのが
販売店の今後の責任なんじゃないでしょうか。
「こんなの売れないよ」と諦められてしまうゲームも中にはあります。
でも、どんなゲームにも作り手の思いが込められているわけで、
売れるものを売るのは当たり前。隠れた魅力を引き出せるのが
プロの販売員なんでしょうね。きっと。
【2008/10/19 00:41 】 | 時事ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
TGS2008体験レポート(2)
ども。れすてっくです。

先日行ってきました東京ゲームショウのレポート第2弾です。
前回はセガブースの話題が多かったので、
今回は「カプコン」の話を。

今では「カプコン」という会社名は知らなくても
「モンハン」だったら聞いたことがあるという方も多いのでは?
昔は格闘ゲームの会社というイメージが強かったんですが、
デビルメイクライとかバイオハザードとか逆転裁判とか
色んなジャンルのゲームを作っていますよね。
自分が好きなメーカーの一つです。

今回のTGSで最も注目を集めたのは・・・

モンハン3ブース

やはり、これ。
「モンハン」ことモンスターハンターシリーズ最新作「モンスターハンター3」です。
今までのモンハンはPS2やPSPとソニー系のハードで出ていましたが
今回はWiiで出るんですね。任天堂、かなり前から打診してきてたそうですが。
まぁ、モンハンは画質じゃなくて動き重視なんですが、当初の発表直後は
「えぇ~、なんでWiiで出すんだよ~。PS3で出せよぉ~」という反応が多く
今でも反対派が多いわけなんですが、それだけ関心も高いということ。
今回は実際に遊べるという事もあって4時間待ちという行列でした。

えっと、ここでお詫びを・・・
すいません。わし、遊べませんでした。行列見て、心が折れました。

ただ、かなり近くで遊んでいるところは見る事が出来ました。

MH3プレイ様子

南国風のコンパニオンのお姉さんよりも、わたしゃ手前に見える
等身大のリオレウス装備人形が欲しかったです(w
気になる操作方法なんですが、「慣れればなんとかなる」レベルと
自分は感じました(見た印象ですが)。
ただ、武器を出す動作が、Wiiリモコンを軽く振らないといけないので
そこがちょっと微妙かなぁとは思いました。
初となる水中での狩りは、間合いの取り方が難しそうですね。
みんな相当空振りしまくってました(w;
今回も理不尽な当たり判定はあるんでしょうか・・・
あ、ちなみに水中に潜ると酸素ゲージが出るんですが、
かなり長持ちします。切れる前に息継ぎが必要です。
今期中には出すとのことでしたので、遅くても来年の3月までには
発売されると思われます。

バイオハザード5も遊べるんですが、モンハンほどの盛り上がりは
なかったみたいです。行列はできてましたが。
PS3で出るということで、リアルにはなっていますが、
んー個人的には「綺麗になったバイオ4」くらいの印象でした。
でもファンは買うんだろうなぁ・・・

あと逆転裁判シリーズの最新作「逆転検事」ですが、
これは実際に遊んできましたよ(w

逆転検事

終了直前に並んだのですがギリギリ遊べました。
今回の主人公は人気キャラの御剣検事。
プレイルームは御剣検事の執務室になっています。

みっちゃんの部屋

手前のお兄さんがアップなので、いちおう目隠し(w;
時間制限は10分でしたが、うん、十分楽しさが伝わりました。
手がかりを元に要点を「まとめる」それを元に「推理する」
逆転裁判にはなかったコマンドが出てきますが、
雰囲気を損ねず謎解きを楽しめるのが良いです。
女性が大勢並んでいました。客層の幅が広がってきましたね。

と、ここまでで結構長くなりましたね。
他のメーカーの話も書こうと思いましたが、それはまた次で。

あ、前回同様に、お姉さんの写真で締めようかと思いましたが、
モンハンブースのお姉さんの衣装は、正面から見ると・・・
いや、んー、ちょっと、これは、エロいだろ、ということで
カットさせていただきます(w;
もう、ね、胸まわりとか、ひらひらが、ね、いかんよ、ほんと。
【2008/10/13 00:47 】 | 時事ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
TGS2008体験レポート(1)
お疲れ様です。
ごぶさたしてます、れすてっくです。

今回は不定期更新の埋め合わせも兼ねまして
9日~12日まで開催される東京ゲームショウのレポートを
やろうかと思います。初日に行かせていただきました。

東京ゲームショウ(以下TGS)は毎年行われている
新作ゲームの発表会のようなもので、様々な国から
人が集まる一大イベントです。
ゲーム好きならヨダレが出そうな情報がたくさんで、
初めて行きましたが、どこから見てよいのか分からない
そんな贅沢な祭典でした。
ちなみに9日と10日はビジネスデイになっておりまして
関係者しか入る事ができません。
にも関わらず、かーなーりの人で、正直唖然としました。
一般公開される11日と12日はすごい事に・・・

会場は千葉の幕張メッセ。開始は朝の10時からでした。
自分は広島から新幹線で行きましたが、6時過ぎの
新幹線にも関わらず、到着は11時過ぎで・・・遠いですね。

迷う事なく東京駅から京葉線で海浜幕張駅まで。
そこから徒歩10分なんですが、
幕張に着くと最初に出迎えたのはメイド服の集団・・・
なにやら配っているようでしたが、関東は不思議です。

集団についていきながら歩いていくと(かなりの人数)
その集団は皆同じ場所に入っていきました。
そこが幕張メッセでした。てことは・・・全員が関係者?

TGS入場

どきどきわくわくしながら入ると、ながーいながーい行列が。
どうも受付をしているようなんですが、まぁとにかく人が多い。
本当にビジネスマンなのかというような格好の方も多々おり
コスプレか?というような格好の女性も多々おりまして・・・
「ゲーム業界」といっても色々おられるんですね。
受付が終わり、中に入るとニュースで見た事があるような
どでかい空間が広がっていましたよ。

入場後

この時間はまだ人が少なかったんだなというのが、後になって
分かったんですが、それでも体験版のブースの前は行列です。
ひとまず、お世話になっているセガの営業の方にTELして
案内をしてもらいました。

セガブース

「外国みたーい」
なんというか、近未来的といいますか、モニターだけみても
凄いかっこいいんですな。いくらするんだろうとか考えてしまう。
ファンタシースターや龍が如くで不動の地位を築いたセガですが、
あえて最初は年末に発売予定の新しいゲームを体験しました。

「このゲーム、コントローラ使わないんですよ」

とセガの営業の方が言うのです。
「え?どういうことですか?」
ということで遊ばせてもらったのが・・・

れっつタップ

「レッツタップ」という年末に発売予定のソフト。
プラットホームはWiiなんですが、どうやって遊ぶかというと、
付属の箱(普通の紙の箱)の上にWiiリモコンを置いて、
トントン相撲のように箱を叩く(タップ)するだけなんですね。
振動を感知して、それに合わせてキャラが動くという。
しかもかなり軽いタッチでキャラが動くので、疲れません。
色んな種類のゲームが入っているそうですが、
自分がやったのは障害物競走のようなゲームでした。
リズムよくタップするとキャラが走り、強く叩くとジャンプ。
シンプルなんですが、結構はまりました。

で、セガに来たのであれば、やはり見ておかないといけません。

龍が如く3

PS3で発売が決定した「龍が如く3」ですね。
クローズドシアターになってまして、並んで見ないと
プロモーションムービーが見れないようになっています。
中はシアタールームになってまして、ホステス嬢風の
綺麗なお姉さん達が案内をしてくれます。
映像はお見せできませんが、まぁなんというか、
全てにおいて豪華で贅沢の極みというゲームです。
ストーリーも良く、セガお得意のサブゲームも充実。
PS2からPS3に変わっていますが、ファンも納得の
出来栄えではないかと思います。売れて欲しいです。
映像を見せられない代わりに綺麗なお姉さんをどうぞ。

龍が如く3お姉さん

さて、長くなるので、次の記事で続きを書きます。
【2008/10/10 01:43 】 | 時事ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。