スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
認められるためには
カテゴリが経営学となっていますが、大層な内容ではないです。

仕事を辞めても仕事がらみの夢をよく見ます。
内容は成功している夢よりも、失敗してる夢や心の葛藤がそこにあります。

昨夜ですが、こんな夢を見ました。

ある日、直属の上司に呼び出されます。
そして名前が書かれている数枚のリストを渡されます。

上司:社長から見て「やる気がない、首にしたい」という従業員の
   リストだ。ちょっと見てくれないか。


夢なので、現実にはこんな状況はありえないのですが、
僕は非常にまじめに受け止めていました。

全店舗分の名簿で、中にはあまり知らないバイトの名前もありました。
ずっと見ていくと、途中で自分の名前を見つけます。

頑張っている自分が、なんで首にならなきゃいけないんだ?

と疑問を感じながらリストを見ると、細かい査定が書いてありました。

やる気:大いにある
企画力:素晴らしい


良いことしか書いていないのに首とはどういうことなのか。
そして次の言葉で固まってしまいました。

アピール度:もう寒気がしてくる

夢のせいもありますが、非常に曖昧な表現でした。
しかしこれは自分なりに理解というか解釈しました。

「僕はこんなにも頑張っていますよ!認めてくださいよ!」
というアピールが非常に鼻につく、うっとおしいと感じるのでしょう。
仕事は出来ても、社長は生理的に自分が受け入れられないのだろうなと
そういう理解をしたところで夢から覚めました。

夢から覚めても気分は晴れませんでした。というか最悪です。
なぜこんな夢を見たのか・・・考えてみました。
僕は夢占いなんて出来ませんが、何となく理解は出来ました。

(あくまでも主観的な意見になってしまいますが)
現実では、そこまで表立ったアピールはしてませんが、
潜在的にというか、心の中で「上に認められたい」という意識はありました。

僕は社員になってからの上司との個人面談で、
「君は変わってるよ。普通じゃないよ」と言われた事があります。
どういうことかというと、これは悪口で言っているわけではないんです。
アルバイト時代から退職するまでずっとですが、
「会社の為に働こう。会社の為に一生懸命尽くそう」という思いが
あまりにも強くて、一般的には考えられないというレベルだったそうです。
極端な例えで言うと、平成という時代の中で「滅私奉公」で働くというか
そういう自分の中でのポリシーというかスタンスで働いていました。

おそらく、ほぼ常に仕事をしている上司よりも、
さらに上の社長であるとか、会社全体であるとか
大きなものを向きながら仕事をしていたので、
上司としては自分が蔑ろにされている感覚があったんじゃないでしょうか。
実際に「もっと俺を立ててくれよ」と上司に何度も言われました。

僕としては別に陥れようとは考えてないわけで、
本音を言えば「立てようと思える時は自然に立てますよ」なんですが、
まぁ縦社会の悲しいところというか、人間関係といいますか、
上司の株が上がるよりも、会社の利益を優先してしまうんですね。
まぁ、不器用な人間といえるのかもしれません。
逆に上の方から話を直接されるケースも実際に多かったわけですが。

でまぁ、アルバイトの頃からそうだったんですが、
中間管理職的なポジションにいる事が何かと多かったんですね。
上は立てなきゃいけないし、下の面倒も見なければならない。
自分のスタンスを貫いてまっすぐ会社を見つめて動けばぶれませんが
その代わりに、立場的に損をする方も出てきたりするわけで。

売り上げはあげてるけれども、お褒めの言葉ももらえない。
現場で働いているバイトは売れているのが実感として分かってますし
こちらが引っ張っているので下からの評価は良かったりする。

逆のケースも多々あります。
こと人事の問題に関しては、経営者的な物の考えをして望みますが
上司との意見が一致しても、現場のバイトからの目は冷たい。

「人から認められたい」という意識を持つことは良いことです。
それが仕事への原動力となる事も珍しくありません。
ただ、実際に認められるのは全てが終わった後の結果論なんですね。
バイトでもいましたが「頑張ってるじゃないですか!」と力説する者程
会社としては「お前の頑張りは大した頑張りじゃないよ」と思っています。
一心不乱に仕事に打ち込んでいる人間は自然と周りから評価されます。
まぁ結果に結びつかずに「空回り」するケースもあるわけですが。

「やる気」をアピールする事は大して難しいことではないんですね。
しかし本当に認められたいと思うなら、矛盾した考えですが
「認められたい」と考えてはいけないということなんですね。

特に社会人ともなれば「結果こそ全て」な職場も多いと思いますし、
そういう場合は特に、自分の評価よりも先に会社の事を考えるべきです。
また、雇用する側の会社もそういう人材を確保するべきです。

こんなことをバイト時代から面談中に言っていたわけですが、
んーやっぱり「変わってる」んでしょうかね、僕は(w;
スポンサーサイト
【2007/07/31 00:20 】 | 経営学 | コメント(2) | トラックバック(0)
パソコン大破 そして・・・
今日の昼過ぎなんですが、パソコン焦げちゃいました。
電源入れたらプスプスと嫌な臭いがしまして、
慌てて電源を切ったんですが、どうも基盤ごとパーのようです。

2年以上使っていたパソコンでしたが、いい機会なので買い換えました。
夕方に近所の電気屋に行って選んできました。
引越しでも対応できるように今回はノート型にしました。
ついでにセットでプリンターも購入・・・
少し安くしてもらいました。うひ(w

最近の新品はOSがみんなビスタなんですよね。
個人的にあんまり好きじゃないのでXPが入っている物にしました。
在庫がちょうど1個余っていたようで、そのまま買って帰りました。

以前バイオスいじっちゃってOS再インストールしましたが、
その時に四苦八苦しながらもネットの接続設定してて良かったです。
今回もゼロから自分でやりましたが、すんなり出来ました。

ブックマークとか、ゲームで取った記念写真のデータが消えたのは
ちょっと残念ですが(ハードディスクからサルベージできればいいけど)
大事に使っていこうと思います。

しかし横長のモニターとかキーボードの配列とか・・・
慣れるまでが苦労しそうです(・・;

あ、ブログも頑張って書かねば・・・
【2007/07/29 23:54 】 | その他 | コメント(2) | トラックバック(0)
クレーム転じて福となす
仕事から離れて1年近くになりますが、
たまに夢の中でお客からのクレーム対応をしている時があります。
クレーム対応が好きだという方はあまりいないと思いますが、
後から振り返ると「結果として良かったんではないか」と思うことも。

どういう事かというと、クレームのお客が常連客に変わる事が多いんです。
まぁ職種によって違うかもしれませんが、自分が対応した方はそうでした。

会社からすれば「クレームはゼロ」で済ませたいものです。
僕もクレームはないに越した事はないと思っています。
ただ色んな事情があってクレームに発展するケースがあるので
その場合にどういう対応をするかは常に考えておかないといけません。

世の中にはクレームを行う事を好きでやっている方もいますが、
意地が悪いものは別として、大体のパターンというのがあります。

これについてはかなり長い話になってしまうので今回は書きませんが、
どんなクレーム対応にしても心がけていることがあります。

「お客様の立場で考える事」

「店の利益不利益を考慮すること」


です。
この2つは状況次第では相反する事になるんですが、
その折り合いをどうつけるかがクレーム対応の鍵だと思っています。

よく見聞きしていた対応が「とにかく迅速に処理しようとする」
というものですが、必ずしもベストな対応とは限りません。
素早く行動する事は当然なんですが、やっつけ仕事では意味がありません。

以前こんなことがありました。
販売した中古のゲームソフトが動かないというクレームで、
そこの店舗の店長は話を聞いた後にすぐに謝罪して、
その場でソフトをすぐ交換したそうです。

一見すると問題ないような対応に見えますが、落とし穴があります。

ゲームソフトが動かないという場合、色々な原因が考えられます。

●ゲームソフトに問題がある
●ゲームの本体に問題がある
●正しい使用方法を守っていなかった


お客が新品ソフトを買った場合、クレームの件数は減るのですが
中古ソフトで何かしらのトラブルがあると店へのクレーム件数は増します。
これは「中古だから、どこか悪いに違いない」という潜在意識のためで、
新品でも初期不良があるのですが、まぁ中古業界の宿命みたいなものです。

ゲームソフトに問題があった場合でも、店の責任にならない場合があります。
それは「購入後にお客側の過失でソフトがダメになった場合」です。
ソフトに問題ありの場合、9割はこのケースでした。
過失の内容ですが、ディスクに傷をつけてしまったケースが多く
訓練を積んでいるスタッフならば、どういう状況の傷か見れば分かります。
傷によっては本体の故障状況も判断できます。
その場合は本体を修理する必要が出てきますのでソフト交換では無理です。

どういう状況で起こったトラブルなのかというのを明確にした上で
お客の立場で考えてどうするべきかを考えます。
対応する場合はお客の心理状態を踏まえた上で言葉を選びます。
対応が下手な店は、内容は正しい事をしていても
「あそこの店は自分達の否を認めない」とか
「すぐに返金すればいいのに、色々難癖つけてくる」とか
言われるわけです。店としては下手な対応の代償なので自業自得ですが。

落とし穴の話に戻りますが、問題点は見えましたでしょうか。
状況確認をしないままに、闇雲に謝ってもダメだということです。
仮に本体に問題があったとしましょう。
それを知らないと、何を買っても動かないという事になりますし、
お客に対して無駄な労力を強いる事になるわけです。
中には他の店の対応がダメで、こちらまで来られる方もいました。
自分達と関係のない店で買った商品を持ち込まれるケースもあります。
ダメな対応でたらい回しになって、僕のところまでやってくるわけです。
そういう方を自分達で最後まで解決に導くと、常連客になる場合もあります。
対応する時間は長くなってしまいますが、長い目で見るとプラスになります。
ダメな経営者はこの辺りが理解できません。

会社では立場上ゲームのクレーム対応に関わる事が多かったですが
クレームを受ける側もする側も、まずは一呼吸置いてから行動しましょう。
感情やプライドで動いてろくな事はありません。
そしてマイナスをプラスに変える丁寧で親身な対応をお願いします。
【2007/07/25 18:46 】 | お店の話 | コメント(4) | トラックバック(0)
まずは一歩か
昨日ですが、前回のブログに書いたように適正試験を受けてきました。

福岡の天神にリクルートビルという建物があるんですが、
そこの3階が受験会場になってまして行ってきました。
17:20分開始だったので、遅刻だけはするまいと早く着きました。
ちょっと早すぎました(´・ω・`)

開始前30分に来てしまって、受付のお姉さんに案内されて待つことに。
ちなみに対応は非常に丁寧でした。
さすがリクルート関係者です。

で、10分前に受付開始だったんですが、自分しかいないんですね。
他の受験者が見当たらない(´・ω・`)
座席番号は1番でした。ちょっと拍子抜けです。
試験開始直前に就職活動中ぽい女子大生が一人来まして
たぶん2人か3人くらいで受験したんじゃないかと思います。

座席にはノートパソコンが1台置いてありまして、
それに表示される問題をどんどん答えていくわけですが、
何というかハイテクな時代になったもんですね(`・ω・´)
答えは全て選択肢の中から選ぶ事になるんですが、
最初の40分で能力検査、次の20分で性格検査になります。

どうも聞くところによるとSPI試験というらしいんですが
正直こんなテストで何が分かるんだろうかと思いました。
能力検査は小学校の算数レベルだし、
性格検査は選択肢が両極端で何を答えさせたいのかが微妙・・・

「野心がありすぎる」
「野心がなさすぎる」

という2択がありましたが、ほとんどがこんな極端なものです。
なんかSPI対策の参考書があるそうですが、
そんな勉強するくらいなら、面接の時にちゃんと話せた方がいいかと
思うんですが。
そもそも性格診断を参考書で勉強したら意味ないだろと( ´ー`)
よく分からんシステムです。

とりあえずこの結果がすでに企業に送られているそうなので、
あとは来月上旬にあるという面接を受けたら1次試験終わりです。
こういう形式ばった流れは初めてなので不安もありますが、
面接の日が待ち遠しいですね(*´∇`*)
【2007/07/20 23:16 】 | お店の話 | コメント(4) | トラックバック(0)
受験なんて久しぶりだ
タイトル通りなんですが、大学入試以来の「受験」をしてきます。
といっても仕事関係になるんですが。

某企業の正社員募集が出ておりまして、
まぁゲームも商品に入っている会社なので応募してみました。
応募する前に福岡にある店舗を実際に見てきたんですが、
まぁ正直ゲームコーナーは微妙(´・ω・`)でした。
レイアウトもグダグダで、接客も元気ないし・・・
大手ってこんなもんかなぁと思いつつ悩んだんですが、
「ダメなとこが多い」=「改善点たくさん」=「成長の余地あり」
と前向きに判断することにしまして(まぁ給料もそこそこあるし)
応募した次第でございます。

ネット上で記入事項を書いて送ればいいんですが、
先日送った返事がすぐに来ました。

で、なんかですね

適性検査

なるものを受けなきゃならんようなんですよ。
それの受験の申し込みをしてきたわけで、明日が受験日なんですが。
その適正検査の結果と合わせて、来月の上旬に面接をするそうで。
しかもそれが1次審査なんだそうですよ。
デカイ会社は違いますね(`・ω・´)
で、それに合格した場合に本社で最終選考があるそうなんですが

本社が広島

なんですな( ´ー`)
しかもメールには

また弊社では現在総合職で勤務して頂ける方を募集しております。
そこで転居を伴う異動があり、最初の配属は広島となる場合が
多い状況です。こちらもご理解の程お願いします。


うほっ(*´∇`*)
こりゃまたえらいことになりそうです。
まぁ受かってから悩めよって話ですが。
正直言うと力を振るわせてもらえるなら世界中のどこでもいいです。
会社が応えてくれるなら、こっちも頑張りますです。

あ、独立諦めたわけじゃないですよ。
腕試しと新たな勉強という気持ちでやっていきたいと思います。

しかし、明日の適正試験って何すんだろなぁ(´・ω・`)
パソコンで質問にどんどん答えていくみたいだけど。
ドキドキしますなぁ。
【2007/07/19 01:36 】 | お店の話 | コメント(0) | トラックバック(0)
新コーナーを作りました
日記のネタがなくて困ったもんだという時の助け舟として
「検索ワード」というカテゴリーを作りました。

どんな言葉で検索してこのブログにきたのかが解析で分かるのですが
特定の言葉で検索した場合に、トップでひっかかってしまうものを
ここで改めて紹介して掘り下げていこうかなと思います。

第1回目の検索ワードは「成人免許制」です。
現段階でヤフーで検索するとトップで引っかかるようです。
ちなみにグーグルだとダメでした(´・ω・`)

以前に「成人免許制」を導入してはどうか?という記事を書きました。
アップ後しばらくして検索されるようになってきたようです。

以前書いた記事はこちらをどうぞ

成人式での乱痴気騒ぎをきっかけとした記事でした。
まぁ要するに、アホぉな大人が世の中には多いねって話なんですが。

「こういう職業には○○な人が多い」とか
「この世代には○○な人が多い」とか
「男には○○な人が多い」とか
色々と区分分けをしたがる方がいますが、統計学の話ですよね。
人を判断するには個人個人を見極めないといけないと思うのですが
そういう点でも「大人である」というのを個々で認定するのも良いかと。

本来は必要がない制度だと思うんですよ。
実際、昔から免許制になってなかったわけで。
ただまぁ、成人の規定を定めた頃と、今ではだいぶ様子が違うわけです。
社会情勢によって「大人」に求められる価値観というのも
変化していくと思うんですね。
江戸時代は15歳で元服して一人前でしたが、
今の状況で15歳で社会に放り出されても、適応できるような
教育を受けていなければ生きていくのは大変なわけです。

アホぉな大人が多いと書きましたが、問題視されているのは
倫理観とか、道徳観念とか、一般常識とか、そういうものだと
僕は考えているんですが、どうでしょうか。
ただまぁ、そういうものも時代と共に変化していくわけですが、

勝手な解釈で「義務教育だから」といって給食費を払わない親とか
治安を守るはずの警察官が電車で痴漢をしたりとか
国民のために頑張りますと言って、私利私欲に走る政治家とか

自分が可愛いのは当たり前なわけですが、
あまりにも身勝手というか、自分さえよければいいという感覚で
行動を実際にとってしまう大人が多いです。

ゲームがらみの話も少し触れますと、
「ゲーム脳」がどうのとかで規制に走る教育委員会の方々は
よほど自分の躾に自信がないんだろうなと思うわけですね。
何か他人のせいにしてしまわないと、自分を肯定できないという・・・

まぁそんなこんなで資格として「大人」を認定してもいいかと思うのですが、
いざやるとなると色々な問題が浮上してくるので難しいわけです。
その辺りの事については、またいつか書きたいと思います。
【2007/07/16 01:26 】 | 検索ワード | コメント(4) | トラックバック(0)
とんでもショップ
先日ブログでお伝えしましたが、ゲーム屋の面接を受けました。
結果はダメだったんですが、対応がちょっと・・・と思いました。
これって一般的なんでしょうかね?(・・

(客観性をもたせたいので、実際の発言を記します)

7月某日 17時から面接ということで10分前に店に到着。

入店の際にカウンターにいた店長に向かってこちらから会釈をする。
相手はこちらに気づくが会釈はなし。
もう一人のアルバイトと話している。

17時までの間、店内を見ながら時間を潰す。
商品を見ながら、たまにカウンターを見るが2人は話している。

17時になるが、特に変化無し。
こちらから話しかけようかと思ったが、ずっと2人が話しているので
仕事の話と思い、2人が落ち着くまで待つことにする。

17時10分になるが2人はずっと話している。
笑い声も聞こえるので、もしかしたら雑談中なのかも?と思い
こちらから話しかけに行く。

わし:「すいません。17時から面接の●●ですが・・・」

店長:「あぁ、いつ話しかけにくるか待ってたんですよ~」

わし:「いや、仕事の話をされ・・・(と話している最中に)」

店長:「こちらにどうぞ~」

と入り口のショーケースへ案内される。
ショーケースは腰くらいの高さで中にはゲームの周辺機器が置かれている。

店長:「面接の前にアンケートを行いますので、記入してください」

と言われ、店内でアンケートを記入することになる。
アンケートの内容は志望動機や、希望日数。
ゲーム屋に必要なものは何だと思うか等・・・
アンケートの質問事項の8割近くは、すでに履歴書に書いていましたが
形式的な事なので素直に全部記入して渡す。

それからカウンター奥の事務所(?)のような区画に案内される。
店長が机の引き出しから僕の履歴書を出す。
履歴書は(理由は分からないが)グシャっと曲がっている(特に写真)。
ちなみに渡した時は折らなくてもいいような封筒に入れて渡してある。
が、保管は裸のままでされていたようだ。

店長が椅子に座るように促すのを待ってから座る。

座って20秒ほど沈黙・・・
店長がアンケートに目を通している。

ここで志望動機や、前の会社の話等を中心に話していく。
チェックシートのようなものを持って面接をしている様子。
こちらが質問に答えている最中も、ほとんど目を合わさない。
話の途中でアンケート用紙に再び顔が戻り、話し終わるまでこちらを見ない。

色々話した後に質問があるかと言われたので、店長がここの会社に
入った理由等を聞く。
時給の話が全くなかったので、こちらから聞いてみる。
アンケートの最後の項目に「聞きたいことがあるか」とあったので
「こちらの会社の運営方針、店長の運営方針が聞きたいです」
と書いていたのだが、それに関しては触れてくれなかった。
改めて聞くのも何だかなぁと思ったので聞かなかった。

最後になって店長から確認が来た。

店長:「履歴書は処分してしまってよろしいですか?」

こちら、一瞬固まる。

わし:「はい。他所へは持っていきませんし処分してくださって結構です」

店長:「では、7月の8日に電話で結果をお知らせします」

わし:「いつぐらいになりそうですか?」

店長:「そうですね・・・午前中には連絡出来ると思いますので」

わし:「わかりました」

面接の前の段階で、8割がた受かるかなと思っていましたが、
五分五分だなぁと面接後は思いました。


7月8日 午前8時起床
寝起きの声で電話に出たくなかったので少し早めに起きる。
店の開店時間は10時なので、10時過ぎに電話が来るかなぁと思いつつ
電話を待つことにする。

午前11時過ぎ・・・ そろそろかなぁ(´・ω・`)

12時30分を過ぎる・・・ あれ?忙しいのかな(´・ω・`)

午後2時を過ぎる・・・ 忘れているのかもしれないな(´・ω・`)

午後3時を過ぎる・・・ こちらから電話しようかな(´・ω・`)

午後5時を過ぎる・・・ 日付間違ってるのかもな。明日まで待つか

午後6時前・・・ 電話がかかってくる

店長:「ファ○○○ス ●●●店のスタッフの者ですが(以下略)」

相手は名乗りませんでしたが、声が明らかに面接した店長でした。

店長:「面接の結果ですが今回@$&#・・いようということで」

早口で採用なのか不採用なのか聞き取れない。
「今回」と言っているから不採用なのかな?

店長:「また何かありましたら、こちらからご連絡しますので」

え?どういうこと?
採用になったのかな?でも何かあったらっておかしくない?

そこで電話は切れた・・・

とりあえず電話を切ったすぐ後に、こちらからかけ直してみる。
電話を取ったのはアルバイトの人だった。

わし:「すいません。先程、面接の件で電話をもらったんですが
    早口で採用なのか不採用なのか聞き取れなかったんですが」

バイト:「少々おまちください」

2秒後・・・

店長:「はい」

(また説明させるのか・・・と思いつつ再度聞き取れなかった事を伝える)

店長:「あ、今回は ふ!採用ですね」

わし:「そうですかぁ・・・」

店長:「はい」

わし:「あの、電話を午前中にいただけるって事だったんですけど」

店長:「はい」

わし:「こんな時間になって何も謝罪がないというのはどういう
    おつもりですか?」

店長:「あ、早ければ午前中という意味ですね~」

わし:「あぁ・・・そうなんですか・・・」

店長:「はい」

相手がこれ以上何も言いそうにないので「わかりました」と言って切った。

ここから主観での印象を書きますが

まず面接が始まるまでの微妙な空気というか、
こちらから話しかけなかったら何分放置してたんだろうかと。
確かにこっちが言えば済む話ですが、
気付いているなら話しかけやすい雰囲気くらい作ってほしいものです。
色んな点で気が利かないなと思いました。

あと会社のシステム上の問題かもしれませんが、
面接に来てからアンケートというのは初体験でした。
ここの社員は自分の言葉で質問できないんでしょうか。
簡略化しないといけない程、募集が来てるとは思えませんが。
質問で「知らない人と話をするのは好きか」というのがありましたが、
率先して知らない人と話す人は普段あまりいないんじゃないかと。
「人見知りしないか」ということでいいんじゃないかと思います。
言葉を知らんなぁと思いました。

履歴書の管理ですが、さすがにこれはキレかけましたね。
人の履歴書をまぁ・・・よほど嫌われたんでしょうかね(w
あと、処分するかどうか聞くのは別に構いませんが、
面接の結果を伝える前に言うことじゃないと思いましたね。
落とす気まんまんじゃないか・・・と不安になりました。
まぁ実際落とされたわけですが。
ちなみに、不採用の電話の最後にも、また同じ確認をしてました。
なんで同じ事を2回も聞くんでしょうか。

面接中ですが、とにかくこの店長、人の顔を見ないんですね。
人と話すのが嫌いなのか、何なのか分かりませんが。
話の途中でも顔を下げてずっと下を向いていますし。
聞く気あるんかな?と思いました。
あ、それと給料に関する話は会社側からしてくださいね。
これ、絶対にやんないといけない事で決まってますから。

結果の報告の仕方についてですが、
これは色々と人によって考え方があるとは思います。
ただ、なるべく早めに合否は教えようとするのが普通じゃないかと。
連絡が遅いと、それだけこちらは身動きが取れないわけです。
あと、電話対応をする人間なら人が聞き取れるスピードでお願いしたい。
断りの電話は早く切りたいのかもしれませんが、
(こちらからかけ直した時も、早く切りたそうな対応でした)
店を任されている人間がこの程度では情けないです。

あぁ「また何かありましたら連絡します」の意味はいまだに分かりません。
誰か解説できる方おねがいします(w;

最後に、責任ある人間は、自分の発言に責任を持って欲しいです。
電話で自分の名前を名乗らないのでも分かりますが、
「午前中には連絡します」と言ったのだから、
理由はどうあれ午後に電話する場合は「遅くなりすいません」くらい
言ってよいと思います。というか普通は言うぞ。
ここのスタッフは一貫して「謝罪」の欠片も感じさせませんでした。

アルバイトの教育もダメダメです。
電話の声から、結構前からいるバイトの声と分かりましたが、
電話の引継ぎもまともにできんのかと。
しかも「早口で聞き取れなかったんですけど」と言っているわけだから
「それはすいません。確認しますので少々お待ちください」
くらい言えよ、と思いますね。
1秒か2秒で内容が伝わるわけないんだから、
「店長お電話です」くらいしか言ってないんじゃないかと思われます。

ネットで「ゲーム屋の店員は接客がなってない」という意見を見ます。
偏見じゃないかと思っていたのですが、
福岡で何店舗も支店を持っているような地元で有名な店で
こんなレベルでは悲しすぎます。

面接中に店長が「僕は接客が好きなので今の仕事してます」
と言っていましたが、笑わせんなよと思いますね(w
自己満足で接客やってるなんてのは、店に立つなと言いたい。
ここの支店、以前は感じのよい店長さんがいたと思うんですが、
いつの間にか変なのに変わってしまったみたいですね・・・
この店の系列店には二度と行きたくありませんね。

(誤解のないように言っておきますが、仮に採用でも断ってました)
【2007/07/12 21:49 】 | お店の話 | コメント(2) | トラックバック(0)
ゲームイベントの主催
7月7日(七夕)の夜10時から、オンラインゲーム内で
ゲームのイベントを主催させていただきました。

詳しくはゲーム用の騎士団ブログで記事を載せています。
こんな感じで記事を載っけてます。

エゴイスト杯

ブログはリンクのEGOIST「我」から行けます。
手前味噌な記事ですいませんです(・・;
大会運営後の疲れと、仕事の面接の結果が不採用という疲れで
ここで詳しく扱う気力はございませんので・・・

あ、ちなみに不採用の知らせの電話なんですが、
内容がかなり無茶苦茶なものだったので、いつか記事にします(w;
正直あんだけ人を馬鹿にした対応されたのは初めてで、戸惑ってます。

週末は疲れましたが、ゲームのイベントはなんとか成功したので、
いちおう良かった?ということにしておきます・・・
【2007/07/08 23:30 】 | A3(オンライン) | コメント(4) | トラックバック(0)
ゲーム屋の面接
先日お伝えしたように、ゲーム店の面接に行ってきました。
夕方の17時から面接だったので、10分前には店内にいました。

17時になった頃に、相手の店長とこちらとの間に
微妙な間が出来てしまい、互いに話しかけられるのを待つという
なんともいえない雰囲気になりました(w;

で、面接となったわけですが・・・

面接の前にアンケートの記入をお願いされました。
こういうケースは初めてだったので少々面食らいました。
面接を円滑に進めるためのものなのでしょうが、
ちょっと型にはまり過ぎているような気がしました(・・

「働く上で重要だと思うことは何か」とか
「この職種に最も大事な事は何だと思うか」とか
アルバイトの面接で聞くんだねぇ・・・という内容もありましたね。
社員の面接じゃないよなぁ・・・とか思いつつ、書きました。
結構選んでバイトを雇っているのかな?という印象でした。
当たり障りのない事を聞いてくる会社より立派ですわな(w

ちょっと悩んだのが、
「自分の事を簡単に表すとどんな言葉か」という質問で。
これは1分くらい考えてしまいましたね。
面接の時なら何かしら即答してたと思いますが、
面接の前のアンケートですから多少なりとも時間があるわけで。

まっさきに浮かんだのは

頑固

でしたが(w;
これはさすがにまずかろうと思いました。
で、別の言葉にしました。何を書いたかは内緒で(・・

さて、面接の開始になったわけですが、
やはり前の職場の話が多かったです。あと起業の話。
さぐりさぐりで答えていきましたが、話が分かる感じの店長だったので
後半はゲーム屋に対する思いを色々と話させてもらいました。

「最後に聞きたいことはありますか」と言われたので、
「どうしてこの会社の社員になられたんですか?」とか
「起業するつもりはないんですか?」とか
どっちが面接官か分からない状態になりましたが、
「もし採用になったら色々質問させてもらいます(w;」
と言い残して帰ってきました。大丈夫かなぁ面接(・・
それなりに手応えはあったんですが、受かってるといいなぁ。

結果は8日に電話するそうなので、それまでまったりと待ちます。
【2007/07/05 23:35 】 | お店の話 | コメント(2) | トラックバック(0)
自分たちで盛り上げよう
ひさびさにネットゲームの話を。

一時期は休止というか引退状態だったA3オンラインに復帰しました。
かなり過疎化が進んでいるようですが、まだまだ頑張ってます。
まぁ頑張っているのはユーザーで管理側はあいかわらずなんですが。

今日はある騎士団の方々が個人で主催したイベントがあり
参加してきました(賞金もあったので)。

イベントは「かくれんぼ」でした(w

特定の場所にいるキャラを見つけていって、
そのキャラがいる座標(XとY)の数字を合計して申告。
早く正解できた上位3名が賞金ゲットというイベントでした。
1位は3億ウンズ、2位と3位は1億ウンズです。
個人の主催ではかなり太っ腹なイベントでした。

闘技場の前でルール説明があったのですが、
過疎ってる割に結構な人が集まっていましたよ(w

かくれんぼ大会

残念ながら・・・4位でした(w;
ギリギリで賞金もらえませんでしたー。残念。

その代わりに、その後で行われた闘技場の戦いで、
なんとか全勝できましたので、ご褒美に6千万ウンズもらえました。

今日だけに限った事ではないですが、
申し訳程度に開催されるメーカー側のイベントよりも、
ユーザーが個人で主催するイベントの方が盛り上がったりします。
賞の良し悪しだけでなく、内容も楽しめるイベントを
会社側には頑張ってやってほしいものです(・・
【2007/07/02 00:00 】 | A3(オンライン) | コメント(2) | トラックバック(0)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。