スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
今さらですが2%埋めました
割とゲームに関しては収集癖があるんですが、
といってもゲームソフトを集めているわけではなくて、
あくまでもゲームの中の話ですね。

アイテムとか、呪文とか、そういうのは全部集めないと気がすまない。
まぁ初回プレイは普通に遊んだりしますが、
2回目以降はあちこち探し回って集めたりします。

ただ最近のゲームは1周するのが長いので(特にロープレ)
最初から集めていくつもりでいかないと大変です。
とはいえ、まず100%埋まる事はありません。

アイテム100%

で、暇な時間を見つけては少しづつ穴を埋めているわけですが、
とりあえずドラゴンボールのゲームなんですがアイテム全部そろいました。
まぁ、だからなんだという話なんですが。

このゲームのいいところは達成率が数字ではっきり見えるのと、
そろってないアイテムは空欄になるのが非常に親切ですね。
おそらく収集家の気持ちを分かっての事だと思いますが。

格闘ゲームなのにアイテムがいるのかという話なんですが、
まぁキャラクターを強化するのに使うわけですね。
ハンデをつけたりするのにはちょうどいいわけです。

もう結構前に発売されたゲームの話なんですが、
いまだに検索でひっかかってブログに来る方もいるみたいですが、
100%目指している方は頑張ってください。
攻略サイトはめんどくさいので作りません(w
他のゲームでも需要がありそうなのもあるんですが、
さすがにそこまでの労力を払う気力はございません・・・

んーしかし中途半端になってるゲームが多いな。
ちょこちょことツマミ食いしてるので数はやってますが、
ちゃんとクリアしてるのって意外と少ないかもしれないな。
スポンサーサイト
【2007/05/31 22:39 】 | ドラゴンボール | コメント(2) | トラックバック(0)
行き当たりばったん
日々の生活を振り返ってみます。
とりあえず今週を振り返ってみたとして、
全体を24時間に見立てたとしましょうか。

何時間ゲームやったんだろうかと考えると、
たぶん1時間もやってないんじゃないかと・・・
最近どうもゲームする気力が沸かないですな。
ストレスの発散手段だったんですが、ストレスが過剰に溜まると
ゲームをする気力すら奪うようですな・・・

話が少しそれますが、
ものすごく大変な状況の時に限って、無性に別の事がしたくなること
ありませんでしょうか?
例えば、明日までにやんなきゃいけない仕事があるのに、
急に夜中に部屋の掃除始めちゃったりとか・・・

僕はゲームがちょっと浮気性で、色んなゲームをちょこちょこと
つまみぐいするのが好きだったりするので、
なかなかそれぞれのゲームは先に進みません(w;
ちなみに買ってから手をつけていないゲームが今3本あります。
連載宣言した「ワンダープロジェクトJ」もほとんどやってないし。
かと思いきや、突然FF9を最初から始めたりとか・・・
しかも極限低レベルクリアを目指していたりします(w;
DISK1が終わりそうですが全員レベル1だったりする・・・

とりあえず明日はラジオの収録をするので息抜きになりますが、
(あ、先月録った分まだ公開してなかった・・・・)
少し生活リズムを切り替えていかないと鬱になりそうで怖いです。
【2007/05/18 12:49 】 | ゲームの思い出 | コメント(0) | トラックバック(0)
顔って皮膚の塊なだけじゃん
人間は何のために生きるのか考えたことがあるかね?

「人間は誰でも不安や恐怖を克服して安心を得るために生きる」

名声を手に入れたり 人を支配したり
金もうけをするのも安心するためだ
結婚したり 友人をつくったりするのも安心するためだ
人のために役立つとか 愛と平和のためにだとか
すべて自分を安心させるためだ
安心を求める事こそ人間の目的だ


これはディオ・ブランドーという人の言葉なんですが(w;
まぁ、なるほどなぁという感じです。

理想的な人間関係というのは、互いに安心感を与える事ができる
互いを肯定する事ができる、そういう関係だと思うんですが、
実際にそれが可能かというと、そうじゃないんですね。

まぁ仕事とかだと結構うまく機能したりするケースがありますが、
(もちろんダメな時はダメですが)
プライベートな人間関係が僕は全くダメですね。
特に男女の仲となるとどうにも(w;
まぁ好みとかの問題もあるんでしょうけど、
どうしようもない部分を指摘されると本当に辛い・・・

今までの人生で実際に吐かれた、興味深い言葉

(人の顔を見るやいなや)「好みの顔じゃない」

無神経にも程があります・・・
よほど傲慢なのか。好みの男性以外に人権はきっとないのでしょう。
「で?何が言いたいの?」と言いたい。

「童顔すぎて恋愛の対象に見えない」

好きで生まれた顔じゃないんですがね。
整形しろってことでしょうか。
こっちも同じ血が流れている人間なんですがね。

「なんかオーラが違う」

もはや意味不明(w;
笑わせたいのか凹ませたいのか、はっきりしてほしい。

人それぞれコンプレックスはあるかと思いますが、
「相手の人格全否定」な発言しといて、よくのうのうと生きているなと。
まぁ人の心を持ってない人に言っても理解不能なんでしょうけど。

まぁ何が言いたかったかと言うと、
人生ってのは一期一会なわけで、どんな相手にも人間らしい態度で
接した方がいいよねってこと。
それが出来ない奴は必ずどっかでしっぺ返しが来るよ。
ていうか死ねばいい。じゃなきゃ山奥で一生ひっそりと生きてろ。

荒々しい日記ですんません。
たまには発狂させてくれよ。
【2007/05/15 22:53 】 | その他 | コメント(0) | トラックバック(0)
失われモノを発掘せよ
今日は少し早起きをしまして買い物に行ってきました。

最近体がなまってきたのでWiiスポーツとかやってますが、
もう少し本格的にやろうかなと思って近所のリサイクルショップへ。

で買ってきたのがこれ。

健康器具

腹筋用の台と、なんかプルプルする奴です。エアロなんとかって奴。
こういうのってジムとかで見ますけど、高そうだなと思ってたら
中古ということもあって意外に安かった。
あと100円ショップでリストウェイトを買ってきました。
とりあえず足につけて、Wiiする時は腕につけとこうかなと。
ナルトのリー君みたいな状態になってますが。

明日晴れたら散歩でも行こうかな(w
リストウェイト足につけたまま。

とりあえず、遠い昔に肉の下に埋もれてしまった鎖骨を
掘り起こしてみたいと思います・・・まぁ目安というか。
こりゃ大変そうだな(w;
【2007/05/12 21:44 】 | その他 | コメント(0) | トラックバック(0)
実現は難しいですが・・・
ニコニコ動画を見ていると、ゲームのプレイ動画が結構あります。
昔の作品から最新のものまで様々ですが、
意外な効果が現れているようですね。

未プレイの人からするとネタばれ動画になるので
あまり見たくないものなのかなと思っていたんですが、
(動画の内容にもよりますが)購買意欲を掻き立てるケースが多いようです。

ぶっちゃけ版権違反になるわけですが、結果として宣伝効果にもなっています。
それを承知しているからなのか、意外と削除はされてません。
で、匿名でコメントが出来るということもあって
皆さん率直なコメントをしている事が多いのですが、
これって開発段階中のソフトでも公開すると面白いんじゃないかと。

店頭用のデモムービーなんてのはありますが、
内容はほとんどが完成品と変わらないですし、
売るために作ってますから面白い部分だけを編集しているわけですね。

例えば、開発中のゲームをデバッカーのバイト君にプレイさせて、
その様子を動画で一般公開するわけです。
それに対して色々なコメントがつくと思うわけですが、
それを組み入れて開発側はさらに面白いゲームを作るわけです。
ゲームの内容によっては微妙な方法かもしれませんが、
ユーザーとの一体感は今まで以上に生まれるんじゃないかなと。
個人的にはユーザーの意見が反映されたゲームというのは
非常に魅力的に思えますし、買ってみたいと思います。

ただ、一般公開するということはライバル会社も見るわけで
結構閉鎖的な日本のゲーム業界としては、やってくれるか微妙です。
でも、そんな会社があってもいいかなぁと思うんですがね(w;
【2007/05/11 18:44 】 | お店の話 | コメント(0) | トラックバック(0)
違いが何かと言われたら
先日ちらっと話をしましたが、
今ミクシーをやっています。
んーなんと形容したらいいのか微妙なとこですが

閉鎖的コミュニケーションネットワーク

とでもいいましょうか(w
「閉鎖的」といいましても負のイメージというわけではなくて、
オンラインゲームのクローズβテストというような感じで、
限られた人の間でのコミュニティということなんですけども。

色々と機能があるみたいなんですけど、
新しく買ってきた携帯を使いこなせないのと同じで
結局はブログを書いているだけな次第であります。

一般のブログと違って見知った人間が見に来やすいということもあって
(気休め程度の差しかないと思いますが)ある程度オープンに書けます。
まぁネットに晒している以上は正直どこまで書けたものかと思いますが。

で、ブログを2種類抱えてしまうとネタが分散してしまうわけですが、
こちらのブログでは比較的ゲームの話題を展開しているつもりです。

とはいえ平日は為替の値動きを見ているのでゲームは出来ません。
全くできないわけではないですが、集中してやれません。
(今も記事を書きながら横目で値動きを見てるんですが)

僕が思うにミクシーの利点というのは開始して数週間くらいが山かと。
この辺りの考え方は人それぞれだとは思いますが。

ミクシーの利点は、長く連絡を取れなかった友人を見つけたり
遠くにいる知人・友人・家族の生存確認が出来る事


な気がします。
というか僕にとってはそれだけが役に立ったかなという気がします。
知りえる範囲での話ですが、毎日のようにミクシーで
ブログを更新できている友人はいません。社会人が多いですしね。
大抵の人が平均1ヶ月以内で飽きてしまうのもブログが書けないからかと。
なので「ミクシーにはまる」という状況がよく分からないんですが、
何をするにしても目的を明確にして使わないと楽しめないかなと思います。
【2007/05/07 22:17 】 | その他 | コメント(4) | トラックバック(0)
新連載ゲーム決めました
色々と考えまして、
「じゅうべえくえすと」の次に挑戦するゲームは

スーパーファミコン用ソフトの

「ワンダープロジェクトJ」

に独断と偏見により決定いたしました。

当時結構CMとかやっていたと思うんですが、
有名といえば有名ですが、手をつけてなかった作品なので
今回とりあげようかと思います。
まぁ、長丁場にならないで済みそうだし(w;

ということで、不定期連載で始めていきたいと思いますので
よろしくお願いします。
なにぶん、初めてのプレイになるのでネタばれ的なコメントは
ご容赦くださいませ。
【2007/05/05 16:05 】 | 業務連絡 | コメント(4) | トラックバック(0)
人間って凄いね
最近になって遊んで面白かったゲームの話です。

今回紹介するのはスーパーファミコンのソフトで
「無人島物語」
というアドベンチャーゲームです。
ついさっきエンディングを迎えたところなんですが、
少ない容量で良く作られていたゲームでした。

主人公が乗っていた旅客機が原因不明のトラブルに見舞われ墜落します。
無人島へと流された主人公が脱出を図るゲームなんですが、
生存者の発見し共に探索、見つけたアイテムを加工して道具の作成等
出来る事は多岐にわたっています。
ちょっと極端だなと思うのが道具の加工なんですが、
技術が上がってくると飛行船や無線機を作る事も可能です。
水や食料を切らさないようにしないと仲間が飢えてしまいます。
最初は島の様子が分かりませんが、徐々に探索、調査していく事で
全体像が見えてきます。

仲間が増えていくとチームを組んで行動することになるんですが、
それぞれに相性があったり、得意・不得意分野があったりするので
考えて行動しないと日にちがどんどん過ぎていきます。
この辺りはシミュレーション要素が強いかもしれません。

今作はマルチエンディングになってまして、色んな脱出パターンがあります。
特定の条件をクリアすることで真のエンディングに辿り着けますが
普通に遊んでいると達成は難しいかなと思います。
全ての謎を解き明かしたいなら真のエンディングを目指してください。
個人的には通常のエンディングの方がエンディングらしく感じましたが。

エロゲームのレッテルを貼られてしまっていますが、
スーファミ版に関しては正統なアドベンチャーゲームになってますので
結構楽しめると思います。
お色気が欲しい方はパソコン版のシリーズをどうぞ(w
【2007/05/03 00:09 】 | お勧めゲーム | コメント(2) | トラックバック(0)
実はクリアできたゲーム達
ファミコン全盛期の話になりますけども、
僕の家では当時1日30分しかゲームが出来なかったんですね。
しかもセーブ機能がないゲームが多かったので
買ったり借りたりしたはいいけども、クリアできないゲームが多くて
はがゆい思いをしたことが多々ありました。

近所に住んでいた友達に借りた「アイギーナの予言」というゲーム。
アクションパズルゲームなんですが、説明書がなくて
ルールがわからないまま挑戦しましたが結局クリアできずじまいでした。
「バベルの塔」とか「ソロモンの鍵」とかも同様ですね・・・
今でもクリアできる自信はないですが(昔のパズルアクションは難しい)

最近ネットでプレイ動画が流れていたりしますが、
クリア時間を見て唖然とする事があります。
特に昔のゲームは10分以内でクリアしているゲームが結構あって
子供の頃でも実はクリアが可能だった事を知り驚きました。
(裏技だったりスピード調節をしているモノが多くて微妙ですが)

ファミコンソフトの開発者達がどのくらい認知していたか不明ですが
限られた時間でもエンディングが見れるような抜け道を
意図的に用意してくれていたのかなと思うと、
ユーザーとしては、ただただ頭が下がるばかりです。
(とはいえ「そんなの気づかねえよ!」という内容が多いですが)
【2007/05/02 00:02 】 | ゲームの思い出 | コメント(0) | トラックバック(1)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。