スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
さぁ選びたまえ俺
先日まで某ゲームの攻略日記を連載していたんですが、
それも無事終わりまして、そろそろ何かやろうかなと。

で、有名なゲームとか最近のゲームをやっても記事が面白くないので
昔の埋もれたゲームからチョイスしてやろうかなぁと思ってるんですが
なかなか候補がしぼれなくて途方にくれているところです。

と言いますのも、いくつか越えないと困るハードルがありまして

?知らない人は本当に全く知らない名作である事

?普段ゲームをしない人でも楽しんで読めるジャンルである事

?比較的、ソフトの入手が楽である事


これを全部クリアしないと連載は厳しいかなと思うんですよ。
個人的には、ファミコンの隠れた名作「スウィートホーム」とか
やりたいなぁなんて思っていたんですが、いかんせんソフトが売ってない。
これは勧めても遊べない人が多いと意味がないので断念です。

同じ理由で「必殺仕事人」あたりもアウトなんですよね。
これ、手軽に遊べてちょうどいいかなと思ったんですが・・・

昔のゲームって割合からするとアクションゲームが多いんですよね。
あとテーブルゲームも。
ただ読み物にして面白さを出そうと思うとロープレじゃないときついです。
「さんまの迷探偵」のような推理物だと勧めても面白さが半減だろうし。

で、今ちょっとだけ遊んでいるのがスーパーファミコンの初期の作品で
「ガデュリン」というロープレがあるんですが、
まだまだ導入部分なんですが早くも突っ込み所満載で
ちょっとこれは面白いかもとは思っています。
他に候補が出てくれば別のにしようかなぁと思いますが。

「星をみるひと」とかは勘弁してくださいね。
苦痛が面白さを上回るようなゲームバランスはアウトです。
できれば「じゅうべえくえすと」よりヌルいゲームを希望します(w;
スポンサーサイト
【2007/04/30 00:40 】 | 業務連絡 | コメント(6) | トラックバック(0)
下手なのか難しいのか
今日はあちこち出かけていたのですが、
まぁ細かく書いていくと切りがないので一ネタだけ。

ローカルな話で申し訳ないんですが、
福岡市内に西新(にしじん)という場所がありまして、
今日はそこのゲームセンターに行ってきました。

元々の予定ではなく、なんとなくの流れです。
で、定番になった「むっちゃん万十」を食べながら店内を物色。
そこは3階建ての大きなゲームセンターになってまして、
1階はクレーンゲームやメダルゲーム、プリクラがあります。
2階はビデオゲームですね。
3階もビデオゲームなんですが、1回50円で昔のゲームが出来ます。
昔といっても10年くらい前のゲームなので僕としては
比較的普通かなとも思っていたんですが、年ですかね・・・

で、3階の隅っこに1台だけ変わったビデオゲームがありまして、
その筐体だけファミコンのコントローラーがついているんですね。
で、デモ画面を見るとスーパーマリオみたいなんですね、これが。

あー、そういえば昔プレステがそのまま埋め込まれた筐体とか
あったなぁと思って、ファミコンが内蔵されてんのかなと思いました。
まぁ正直それで金取っていいんだろうか・・・とか
これって任天堂に許可もらってんのか?・・・とか思いましたが、
まぁ初代スーパーマリオなら最後まで遊べるだろうと思って
50円入れて始めてみました。

テレビゲームをしていると、

「もっと画面から離れて遊びなさい!」

と言われたものですが、まったくもって正しい指摘ですね。
画面がでかい上に近いので凄くやりづらいんですよ。
まぁそれでも1-1で1Upキノコもちゃんと取って1-2へ。
ただ、なんとなくですが違和感を感じてはいました、すでに。

で、1-2へ進んでお決まりの1Upキノコのブロックを叩くと
出るはずのキノコが出ない。代わりに出たのはファイヤーフラワー。

工エエェ工エエェ(´Д`(´Д`)´Д`)ェエエ工ェエエ工

で、さらに4-1へワープしようと天井に上ったら穴があって落とされた。
ここでやっと気がつきましたよ(・・;

「これ、アーケード版のマリオじゃん」

ファミコン内蔵の怪しげなスーパーマリオだと思っていましたが
実は僕が遊んでいたのは

筐体マリオ

「VS.スーパーマリオ」でした。
何がVSなのかはよく分かりませんが、これはちゃんとしたゲームです。
ただ、アーケード版ということもあって難易度は高いです。
安易にクリアできないようにワールドすっとばしワープも出来ませんし
無限増殖も出来ないようになっています。
アイテムの配置も微妙に変わっているだけでなく、
ブロックの配置も微妙にいやらしくなっています。
んー、まさか2-3で死ぬとは(・・。

ちなみに僕のプレイを後ろで見ていたギャラリーがいましたが、
僕が終えた後に「俺の方がうまいぜ」的な雰囲気で始めてましたが
1-4で轟沈してコンティニューしていました。
いい気味です。

クッパの吐く炎がホーミング(自動追尾)してるのも鬼かなと思いましたが
ひさしぶりに手に汗にぎるゲームでした。
ちょっと1コインでクリアする自信はないですね(・・;

他にも「サイバーボッツ」とか懐かしいゲームがありましたが、
また機械があれば遊んでみたいですね。
個人的には「バトルガレッガ」を入れてください。
もしくは「ウルトラ警備隊」をお願いします。
【2007/04/28 23:37 】 | アーケードゲーム | コメント(2) | トラックバック(0)
頭の中でグールグル
朝起きてから一日中ずっと同じ曲とか歌とかが
頭の中で繰り返されている事ってないですか?
僕は中学生くらいの時からたまにあるんですけども。
それも結構どうでもいいような他愛もないものだったりします。

テレビのCMで聞いた15秒のフレーズが忘れられなかったり、
大してファンでもない歌謡曲が耳を離れなかったり、
あまり見たこともないテレビのテーマソングがずっと流れていたり。

今日はそういう状態だったんですけど、
ここ3時間くらいなんですけど、頭の中がずっと
「プリキュア5」のテーマソングで困っています。
「ワン!ツー!スリー!フォー!プリキュア!ファイブ!」
て奴なんですけど。

断っておきますが、この番組見たことありません。
たまたまネットで転がっているのを聞いて耳から離れなくなりました。
困ったもんです。ノリの良さはいいなぁと思いますが。

先日はドラえもんに出てきた、のび太のセリフがツボに入ってしまって
1日中気になっていたこともあります。
昔の劇場アニメで「のび太のパラレル西遊記」というのがあって
劇中でのび太が言う「やぁやぁ我こそは、孫悟空だぁ~い」という
決めセリフがあるんですが、
「孫悟空だぁ~い」の「だぁ~い」の部分が無性にツボに入って
ずっと思い出し笑いをしていた事がありました。
思い出すとくだらないなぁと思うんですが・・・

まぁ「だから何だ」と言われても困るんですけどね。
そういう事って結構ないかなぁと思った次第です。
【2007/04/25 00:30 】 | その他 | コメント(2) | トラックバック(0)
まじでびっくりしました
大学時代の先輩からメールが来ていた

●●です
スーパーペーパーマリオ作りました。
こいつはうちの自信作です。ぜひお買い求めを。
私はちょっと企画と、雑魚キャラ80体くらいプログラムしました。


まじすか!?
このメールを読んだのはさっきですが、びっくりしました。
プログラマーをやっている先輩が多いのは知っていましたが、
活躍されてるようで誇らしくて嬉しいですね。

こりゃ頑張ってクリアしてスタッフロール見らねば・・・
【2007/04/22 01:10 】 | その他 | コメント(0) | トラックバック(0)
結局買っちゃった
凄く気になっていて欲しいなぁと思っていた

「スーパーペーパーマリオ」

買って来ました(w;
まぁ正直Wiiで出す必要性がないんじゃないかと思いますが
今のところは楽しく遊べています(1-2が終わったとこですが)。

今回のマリオは細かい所で任天堂の挑戦が垣間見れます。
今までにないシュールなセリフ回しとか、皮肉だったりとか。
メタルギアを作っていた小島監督のような面白さがあります。

ぺろぺろマリオ

アクションアドベンチャーなので展開がゆっくりなのが
賛否両論分かれそうですが、純粋に楽しいゲームだと思います。

どんなゲームかは公式サイトを覗いてみて下さい。

スーパーペーパーマリオ公式ページへ

ゲームキューブ版で出たらもっと遊べそうな気もしますが・・・
やっぱり本体買わせるために新ハードで出ちゃうんでしょうかね。
【2007/04/21 22:40 】 | お勧めゲーム | コメント(2) | トラックバック(0)
人を笑わせるのは大事な事か
先日、ひさしぶりに映画を3本借りてきました。

「ラヂオの時間」
「笑の大学」
「間宮兄弟」


全部、日本映画です。
「ラヂオの時間」は以前にも見たことがあって好きな作品で、
「笑の大学」は舞台になったものは見た事がありました。
「間宮兄弟」は映画の予告だけ見た事があって、
僕が好きな「佐々木蔵之介」さんが出ているので借りてきました。

デイトレードばっかりだとラジオの収録以外で笑う事がないので
何も考えずに笑いたいなぁと思って借りてきたわけですが、
「笑の大学」の中でこんなセリフがあります。

「人を笑わせる事がそんなに大事だろうか」

これは笑いに興味がない警察の検閲官が、喜劇作家に問うシーンなんですが、
映画版では深く取り上げられてませんでしたが、舞台版では

「笑う事で人に生きる勇気を与える事が出来た」

という話をするシーンがあります。
「笑えないと生きていけない奴は負け犬だ」と検閲官は切り替えしますが、
確かに当時は戦争の真っ最中という時代であったわけで、
「喜劇は不謹慎だ」という考え方があったのも分からなくはないです。
ただ、そんな時代に巻き込まれた一般大衆には心の拠り所が必要だったと
僕は思います。そんな時だからこその喜劇だったんじゃないかと。

「笑の大学」は同じ三谷幸喜作品の「ラヂオの時間」と比べると
一般にはとっつきにくいかもしれませんが(芝居してる人は見た方がいい)
色々と考えさせられるものがあって面白いと思います。
息抜き程度に見る喜劇としても完成度は高いと思うのでお勧めです。
【2007/04/21 12:40 】 | その他 | コメント(2) | トラックバック(0)
お腹ひっこむといいな
モニターの前で為替ばっかりしてますと
それはもう運動不足になるんですよ。
働いていた頃に比べると体が重く感じますな。
体重事体はあんまり変わってないということは・・・

筋力の低下→基礎代謝低下→贅肉増加

というダメダメな状況になっているようで・・・

で、運動をしなきゃ!というわけで任天堂Wiiを買ってきました。
本当についさっき買ってきましたよ。
本体といっしょにWiiスポーツも買いましたよ。
まだつないでませんが、ちょっとドキドキしますね。
居間のでかいテレビにつないでやってやろうと思います。

ゲームで筋肉痛

とか、そんな時代になってくるんでしょうか。
予備知識0で挑みますが、30歳になった自分が使いこなせるのか
ちょっと心配ではあります。
とりあえず痩せればいいんですけどね、痩せれば・・・
【2007/04/19 15:13 】 | その他 | コメント(4) | トラックバック(0)
天使の言葉に泣けた
前回紹介した「桜坂消防隊」ですが先日1周目をクリアしました。
残念ながらベストエンディングではありませんでしたが・・・
(分岐して最終的に4種類のエンディングがあるようです)
まだまだ遊べそうですね、このソフトは。

で、昨日また別のゲームをクリアしたんですが、
スーパーファミコンの初期の作品である「アクトレイザー」です。
神様となって街を反映させたり悪魔と戦っていく話なんですが、
初期の作品にしては良くできたゲームです。

神様である主人公は、まず悪魔がはびこる大地へと降り立ちます。
そこでステージをクリアすると、その土地に人間が住めるようになります。
今度は人間を手助けしながら街を反映させ人口を増やしていきます。
「クリエーションパート」と呼ばれてますがシムシティに近いです。
人口が増えるにしたがって神様の力も上昇していきます。

神様には助手役の天使がいます。
天使はストーリーの進行役のようなポジションなんですが、
発言の一つ一つが核心を突いていて面白いです。

人間同士で問題を起こして、困ったときだけ神に頼るなんて
人間と言うのは勝手なものですね


みたいな苦言を吐いたりもします(w;

平和が訪れた大地は神の手を離れて一人立ちしていくわけですが、
エンディングは切なくもあり、嬉しくもある展開です。

神様も大変だったけど、人間達はもっと大変だったろうに

と、優しい言葉もかけてくれる天使。
彼はまさにプレイヤーの代弁者であるといえます。

アクションパートは結構な難易度ですが、敵の動きを覚えてしまえば
アクションゲームが苦手な僕でも何とかクリアできました。
スクウェアと合併する前のエニックスが作った名作ですが、
こんな作品は当分出てこないだろうなと思います。
【2007/04/16 20:59 】 | お勧めゲーム | コメント(2) | トラックバック(0)
本当は廃業できたらいいけど
警察官とか消防士とかって職業は必要な職ではあるんですが、
本当は必要ないような状態が一番望ましいんですよね。
犯罪がなければ警察官は廃業になっちゃうんですけど、
消防士はそうはいかないですよね。自然災害もあるわけで。

先日、福岡の防災センターに行った話を書きましたけども、
入り口入ってすぐの所にゲームの試遊台があったんですよ。
それが今回紹介するソフトの

桜坂消防隊(PS2)

です。
過去にも消防士がテーマになった作品はいくつか出ていますが、
その中でも非常に良作であると言われています。
発売当初から「面白そうだな」と思っていたんですが、
ちょっと難しそうだなと思って買わないでいました。

先日、近所の中古ショップで1000円で売っているのを見つけて
これだけ安いなら難しくて投げ出しても損はないかなと思い
買ってみました。で、今プレイ中なわけですが・・・

これ、むちゃくちゃ面白い!

内容が内容なので「面白い」と言うと不謹慎かもしれませんが、
別に「火事が」面白いわけじゃなくて、「ゲームとして」です。
基本はアクションになるんですが、シミュレーション要素もあり
謎解きの要素もあって、なかなか面白い作品となってます。

主人公を動かして火を消していくんですが、
仲間に指示を送って迅速に火事を消し止めないといけません。
マップが結構広いのですが、中には遺留品があったり、
救助を求めている人もいます。
燃えている部屋には「延焼率」が表示されており、
延焼率が0%になると、その部屋は完全に鎮火したことになります。
逆に延焼率が100%になると「LOST」という状態になり
その部屋にいた要救助者や遺留品が消えてしまいます。

原則は「全員を救助して、火事を鎮火」すればよいのですが、
謎解きの要素があって「遺留品」を手がかりに火事の真相に迫れます。

全体がストーリー仕立てになっており、連続放火魔を追うような
展開になっていくようです(まだクリアしてないから不明ですが)。
遺留品は複数見つかる場合もあって、そのうちの3つだけを選び
鑑識に提出する事になるんですが、どれを選ぶかも大事なんだそうです。

今4つ目の話を進めている所ですが、結構考えないといけないので
なかなか大変です(ゴリ押しが通用するゲームではないと思う)。
ただ、メインのアクションは割と楽に作ってあるので、
むしろ作戦を立てる方が大事になってくるのが面白いです。

本当はラジオでネタとして紹介しようかなぁと思ってたんですけど、
このソフトあんまり出回ってないみたいなので、
「見つけたら買い!」なソフトだと個人的には思います。
発売自体は結構前になるんじゃないかと思いますが、
お勧めしたいと思います。

あ、それと防災センターに行った後にこのゲームやると、
本当に火が怖いですね。
火元には気をつけようと心の底から思えるゲームです。
今もどこかで頑張っている世界中の消防士さん。
どうぞ無事で頑張ってください。
【2007/04/11 21:31 】 | お勧めゲーム | コメント(4) | トラックバック(0)
週末に収録します
先月お休みしていたネットラジオの収録ですが、
今週の金曜の夜にやりたいと思っています。

はっきり言ってテーマとか何も決めていません。
ご意見ある方はコメントください。
反映する保証はまったくありませんが(w;

基本的に収録時の雰囲気で話していたりするので、
適当に話す可能性大ですが、
感想等ありましたら番組中で発表したいと思いますので
よろしくお願いします。
【2007/04/11 01:37 】 | ラジオ番組 | コメント(0) | トラックバック(0)
流行りもの
ラジオメンバーのケンジ君もはまっているという

ミクシー

なるものに登録してみた。
とりあえず使える機能がよく分かんないので困ってます。
ゲームは説明書を見ずに始めるタイプです。

見かけたら・・・・まぁ任せます。
【2007/04/10 02:31 】 | 業務連絡 | コメント(7) | トラックバック(0)
30歳ですが「若武者」です
今でこそ日本は平和ですが(内戦とかないしね)
昔は戦国時代なんてのがあって死人出まくりな時代だったそうで。

土日が暇なので(為替のマーケット閉まってるから)、
軽く遊べそうなゲームを昨日見繕って買ってきました。
選ぶ基準は「安いこと」。そして「それなりに遊べる」ならなお良し。
ということで買ってきたのが

鬼武者
武蔵伝?ブレイドマスター
桜坂消防隊


の3本です。全部PS2ですね。
いまさらなんですが鬼武者シリーズやったことありませんでした(w;

工エエェ工エエェ(´Д`(´Д`)´Д`)ェエエ工ェエエ工

とか言わない、そこ。
「金城武のファンしか買わないだろ」と思ってたんですが(当時は)
結構なヒット作になったようですね。パチスロも出てるし。
「視点変更ができないらしい」という前情報しかなく、
ほぼ知識が0の状態で始めました。

で、まぁクリアしたんですが

みじかっ!

2,3日遊べるかなぁと思っていたんですが、数時間で終わりました。
アクションアドベンチャーというんでしょうか、このジャンル。
バイオハザードとかもそうですけど、慣れたらすぐ終わってしまいますよね。
そういう点ではボリューム不足な反面、手軽に遊べるかなぁと。
アクションが苦手な自分でもクリアできましたから、
ゲームバランスとしては難しい方ではないんだと思います。

で、最後にプレイ内容に応じてランクがつくんですが、
僕は「若武者」でした。一番いいのは「鬼武者」だそうで。

戦国時代って平均寿命とか今に比べたらかなり短かったと思うんですよ。
40代とかで普通に死んでたんじゃないかと。
そう考えると30歳は「若武者」じゃないよなぁとか思いましたが、
当時の若武者って何歳くらいだったんでしょうね。
今の中高生くらいの年で戦に出ていたりしていたんでしょうかね。
そう考えると今が本当に平和だなぁと思います。
【2007/04/09 20:18 】 | ゲームの思い出 | コメント(2) | トラックバック(0)
じゅうべえくえすと日記 外伝
ごぶさたしております。
じゅうべえ日記、今回は「外伝」となっております。
まぁ大した事ではありません。
プレイ後の感想とか、気づいた点をお話していきます。
完全ネタばれになるので、ご注意ください。

「じゅうべえくえすと」の攻略日記については
1日目~20日目を読んでいただければ大体分かります。

続きを読む
【2007/04/07 03:18 】 | じゅうべえくえすと | コメント(5) | トラックバック(0)
どこからがゲーマーなんですか
ニコニコ動画ってご存知ですか?
動画を自由にアップロードできるサイトなんですけども、
その動画にコメントを付ける事ができるんですね。
なので一人で動画を見ていても、みんなでワイワイと見てるような
そんな感じに浸れる動画サイトなんですね。

で、そこでちょうど流れている動画で、
「やったことないシリーズが5つあったらアウト」という主旨の
動画がありまして、それを今日は見ていました。

例えばドラクエのジャケットが出たら、そのシリーズのどれか一つでも
遊んでいたらセーフ、全く未経験ならアウトということです。
僕は4つアウトでギリギリ合格だったんですが、意外と遊んでないですね。

ゲーム屋にいたから「遊んだことがある」程度のものが結構多くて、
そもそも、どの程度までを「遊んだ」と言えるのかが微妙ではあります。
購入して遊んだ事があるゲームとなると、累計で450本くらいでしょうか。
プレステのソフトを100本中古屋に売りに行った記憶が2回あります。
売らずに取っておいたら結構な数になったかもしれませんね。

ファミコン時代の時は友達との貸し借りがありましたし、
友達の家に行って遊んだりした事が多かった気がします。
今は携帯ゲーム機が有名ですから、友人の家に行ったりするのかな?

で、動画の話に戻りますが、結構メジャーなシリーズをやってませんね。
例えば「ワイルドアームズ」とか「スターオーシャン」あたり。
あと「ポケモン」もほとんどやっていません。
ドラクエも最後まで遊んだのは1,5,8だけですし、
シリーズを通して全部遊んでいるゲームってほとんどないのかなと。
「メタルギアソリッド」は全部やってますけど、あのゲームは
もともとMSXで出ていたゲームですから、昔のも入れると制覇してません。
FFも8だけは未プレイですし(まぁこれは未プレイでいいかと)、
実際、自分よりもゲームを知っている人は腐るほどいるわけですね。

で、ちょっと考えてみました。
本来だと「ゲーム好きの人」の総称だと思うのですが、
最近使われている「ゲーマー」は意味合いがちょっと違う気がします。
「ゲーマー」=「ヘビーユーザー」という場合もあるようです。

どの程度のものから「ゲーマー」と呼んで支障がないのでしょうか?
例えば検定試験のようなものがあれば分かりやすいと思うんですよね。
「全日本ゲーム協会」みたいな協会があって、
そこで定期的に検定試験が行われるわけです。
試験は「筆記試験」「リスニング」「面接」の3種類です。

筆記試験はゲームに関する知識を問う内容になっています。
例えば・・・

問題)
1983年7月15日に発売された「任天堂ファミリーコンピュータ」
このゲーム機が発売された際に同時発売されたソフトは何か全て答えよ。

答え)
「ポパイ」「ドンキーコング」「ドンキーコングJr」

みたいな感じで(w;

ヒアリングはゲームに使われた有名な曲や効果音を流して、
それが何の曲かを答える問題です。

面接は質疑応答を行ったり、ゲームに対する思いをスピーチします。

以上の結果を総合して、
「ライトゲーマー」「ヘビーゲーマー」「コアゲーマー」等と
色んなランクに分けられるわけですね。

まぁ今あげていったことは「そういう試験があったらいいなぁ」
というもので、実際にはそんな試験はないわけですが・・・

結局のところは各自が楽しんでゲームで遊べたらいいかと思うのですが、
これだけゲームというものが世の中に浸透してくると、
「僕はゲーマーだ!」と胸を張って言いたくなる時もあると思います。
あるんです。
「自慢」とはまたちょっと違う「自己満足」に近い感じなんですが、
時間というものは有限なわけで、まだまだ自分は知らないゲームが
世の中にはたくさんあるわけで・・・

これからも時間の許す限り、ゲームに触れていける人生でありたいです。
【2007/04/04 03:39 】 | ゲームの思い出 | コメント(5) | トラックバック(0)
じゅうべえくえすと日記 20日目
お待たせしました。
じゅうべえくえすと日記、ついにファイナルです。
長い長い旅もようやく終わりを迎えます。

今回はエンディングに関しても触れてますので、
「まだ見たくないよ」という方は見ないでください。

それと感想と裏話的なものに関しては「外伝」という形で
別に枠を設けたいと思います(ひっぱってごめんなさい)。
そうでないと、今回の記事が長くなってしまうので(w;
とりあえず攻略に関しては今回が最後ということで。

続きを読む
【2007/04/03 21:06 】 | じゅうべえくえすと | コメント(10) | トラックバック(0)
投票は出来ませんが
わりと最近まで知らなかったんですが、
東京都知事選挙、ありますよね。
なんか今回はやたらめったらと候補者が出てるようですね。

で、本日のヤフーニュースに載っていたんですが、
候補者の政見放送がネットで動画配信されているんだそうで。
これが公職選挙法に違反するんじゃないかって話になってます。

まぁたぶん動画で一躍有名になったのは某立候補者のせいだと
思われますが(色んな意味でギレン=ザビ)、
数えてみますと実に14名もの方が立候補してるわけなんですね。
当然ながら都知事になれるのは一人だけなんですが。

で、選挙ってのは何かとお金がかかるもんだというのは、
漠然とだけども分かります。ビラ代だけで結構するでしょうし。
で、立候補するからには全員が「私ならやれる!」と思っているんですよね?
というか都知事の仕事って何なの?って思うし、
どの程度まで権限認められてるの?とか分からないし。

まぁ何が言いたいかといいますと、何かなりたいものがある場合に
ある程度は「どんな職業なのか」ということが分かってから
目指すんじゃないかと思うんですよね。
そう考えると、政治全般がそうなんですけど凄く不透明な気がするんですよ。

そんなに簡単に出来る仕事じゃないんじゃないの?

と言いたい。
で、安易に立候補しすぎな気がしてならないです。

しかもメディアで頻繁に取り上げている「有力候補」というのは
5人くらいいるようですが、こういう報道ってダメなんじゃないかと。
なんかすでにメディア使って候補者絞ってるんじゃないかと。
そう思えてしまうわけですね。
やるなら14人分、全員同じ尺で番組作ればいいのに。
そういうことに関しては選挙管理委員は何も言わないのでしょうかね。

そもそも「有力」なんて言ってますけども、
実際に投票できるのは東京都民の有権者なわけでして、
有権者がどれだけ最初から立候補者の事を知ってるかというと、
そんなに大したことは知らないんじゃないかと思うんですよね。
ただでさえ、政治離れが進んでいる昨今ですから。

まぁつまり、14人も立候補者が出ちゃう都知事って職業は
何なんだって話なわけで。
そして、それを偏った報道でしか知らせないマスゴミって何だって話。
こんな状況下で都民に適正な判断をしなさいってのも無茶だと思うけどね。
まぁ、福岡県民の僕は投票すらできませんけども。

選挙で毎回気になることがあるんですけど、
何で「該当者なし」っていう項目は作らないんでしょうかね。
立候補者の中に誰も適任者がいないと判断した場合は
投票しないのが良いということでしょうか?
なんかそれも変なシステムだと思うんですけどね。
【2007/04/01 19:30 】 | 時事ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。