スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
僕はマニアが羨ましい
眠っていたんですけども、急にものすごい不安感に襲われて目が覚めました。
最近はこんな夜が続きます。
某政治家風に言うと「不健全」な生活を送っているということでしょうか。

眠れない時は人のブログをずっとさかのぼって読んでます。
2年分くらい。
以前は自分のブログを読み返していたのですが、
正直自分で読んでも全く面白いと思わないので、
というか新しい発見とかそこにはないわけなので見ません。

ブログってカテゴリー別に分類されてますよね。
まぁブログだけじゃなくて、何でもそうだと思うんですが。
僕は何かの分野に関してのめり込んでいる人が羨ましいんですよ。
のめり込み具合ってのも個人差があると思うんですが。

例えば車が好きな人っていますよね。
自分で色々カスタマイズして、内装とかも凝ったりして。
街で走ってる車を見て「あれは●●だね」って車種が分かったり。
僕はさっぱり分からないし、興味も全くありません。
走ればいいとしか思ってないし、荷物積めたらいいなと思って
ワゴンタイプの軽自動車を買ったぐらいのものです。

スポーツが好きな人もいますよね。
野球とか相撲とか格闘技とか。
以前付き合ってた彼女が野球ファンで、一緒に試合見たりしました。
2軍の練習場まで足を運んで彼女は写真を撮ったりしていました。
僕は少しでも相手を理解したかったので自分なりに合わせていたんですが
彼女の方が気を遣って「眠いなら車で寝てていいよ」と言って
カメラをもって選手の撮影に向かったりしたこともありました。
でもきっと、僕が野球をもっと詳しかったら、
もっと彼女と一緒に喜んであげられたんじゃないかなと思うんですよね。

有名人のファンっているじゃないですか。
サイン会まで足を運んだり、ライブを見に行ったり。
そこまでのめり込めるような有名人っていないんですよね。
冬のソナタで「ヨン様」って流行りましたけど、
キャーキャー騒いでる間ってすごく楽しくて幸せなんだろうなぁと
羨ましく思うんですよ。そういう心境になったことないから。
あー、最近になってマナカナのマナちゃんが可愛いなぁと思いましたが
じゃあファン倶楽部に入るのかというと入りませんし、
別にCDを買うわけでもないんですよね。

ラジオをやってる時もそうなんですけど、
僕は「語る」よりも「解説」する方が性に合っている感じで
番組としては熱く語っている方が面白いのかなぁとも思ったりします。

なんでなんだろう。
執着心っていうのがあまりないのでしょうかね。
ゲームは20年以上やってますけど、
別にそれは世界的にみれば大した事じゃないし、
僕より遊んでいて詳しい人なんてのは腐るほどいるわけで。
むしろ仕事の関係上、途中から遊ぶ本数が増えたりした程度で。
実際にブームになっている頃には僕は遊んではいないんですよね。

学生の時の先輩でカップルがいたんですけど、
彼氏の方がプロレスがすごく好きな人だったんですね。
彼女の方は全然興味が最初はなかったそうなんですよ。
でも彼氏の影響で選手の名前とか技とか自然と話していたんですね。
マニアの力っていうのは周りの人間も変えてしまうような、
そんな力があるのかなと思いました。それが魅力でもあるのかなと。

僕はどうしても相手に合わせようとする傾向があるみたいで、
自分がやりたい事とか話したい事も我慢してしまうんですね。
でも、その時には「我慢している」という感覚がなくて、
相手に合わせようとしている事が自然な事になっているんですね。
それで少しでも相手とうまく調和できたりすると嬉しかったりして、
自分で率先して相手色に染まろうとしてきたようです。

でもこれって「自分」ってものをもってないんじゃないかと

冷静に考えるとすごく不器用な生き方をしてきた感があります。
本当の意味で自然体でいられるのは一人の時だけですけども、
そうじゃなくて誰かと一緒にいても自分でいられるような、
そんな人間関係がもし築けるのならばどんなに幸せかと思います。
スポンサーサイト
【2007/02/25 04:14 】 | その他 | コメント(6) | トラックバック(0)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。