スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
何に惹かれたんだろ
子供の時にゲームの情報誌といえば「ファミリーコンピュータマガジン」で
通称「ファミマガ」と呼ばれていました。
値段は300円前後だったと思いますが、毎回買うのは贅沢だと
当時は思っていましたので(当時の物価もありますが)、
何かきっかけがあった時に買ってもらう感じでした。

今ゲームの情報誌を買うとなると、遊んでいるゲームの攻略目当てとか、
未発売で興味のあるソフトの特集記事目当てとかだったりしますが、
ゲームソフトを年1回買えたら良い方だった自分としては、
とにかくゲームが載っている雑誌だったら中身はなんでもよかったんですね。

で、たまたま買った号で特集してあったソフトがありまして、
それがすごく面白そうだったんですね。
買えないことは承知してたんですが、とても遊びたかったんです。
いくつか載っているプレイ画面の写真を見ながら、
どんなゲームなのか色々と想像をしていました。
記事を読めばある程度理解できたと思うのですが、
写真ばかり見ていた気がします。あまり字は読んでませんでした。

そのゲームは・・・

ファミコンソフトの「虹のシルクロード」

というゲームなんです。RPGなんですね。

僕が当時見た写真だと、主人公らしきターバンを巻いた少年が、
街の中で壺を売っているという場面だったと思います。
安く売っている街で買ってきて、高く買ってくれる街で売る。
そうやってお金儲けをしている主人公の写真だったんですが、
幼心になぜかすごく印象が残っていました。

中古ショップで結構みかけますので、それなりに売れたようですが、
調べてみるとなかなか面白いゲームのようです。

●敵と戦闘しても経験値が入らない。
●なので主人公にはレベルの概念が存在しない。
●装備品を身に付ける事で体力があがる。
●水分ゲージがあり、水が切れると体力が減っていく。
●戦闘ではお金も手に入らない。
●主人公は様々な商品を転売することでお金を稼がなければならない。

なんというか・・・
非常に商魂たくましいゲームですね(w;

敵を倒す事で溜まるポイントがあるにはあるんですが、
そのポイントと引き換えに商売の許可が降りるという・・・
街の住民の言葉のほとんどが「●●はどこで買うと安い」といった話で、
色んな食べ物や、薬、原料、特産品が売買されています。
小さな町でもかなり賑やかです。

少しだけ遊んだことがありますが、なかなか大変そうなゲームでした。
ある程度資金ぐりが良くなってくると楽なんでしょうけどね(w;

普通のRPGに飽きた方はぜひやってみてください。
スポンサーサイト
【2007/01/19 22:11 】 | お勧めゲーム | コメント(4) | トラックバック(0)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。