スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
じゅうべえくえすと日記 4日目
最近のブログのアクセス解析を見てますと、
「じゅうべえくえすと 攻略」ってのが増えました。
やっぱりみんなこっそり遊んでいるんですね!

というわけで、今回から2章に突入です。
実際のプレイは6章辺りを今はやっています。

続きを読む
スポンサーサイト
【2007/01/30 19:22 】 | じゅうべえくえすと | コメント(4) | トラックバック(0)
せっかち日本人
テレビって色んな番組やっているんですが、
結局落ち着いてしまうのがニュース番組なんです。
まぁ報道番組っていう名の娯楽番組もあるみたいですけど。

最近気になるのは鳥インフルエンザの話題です。
現段階では福岡県では発祥例がないようですが、
全国的に広がりそうな予感はするので他人事ではありません。

僕らの目の見えない所でも最前線で頑張っている方々がいると思います。
連日のように宮崎県の東国原知事がメディアで取り上げられますが、

もういいかげん「そのまんま知事」って呼ぶのやめね?

今年は全国でたくさんの知事選が行われますが、
まぁ知名度もあってか非常に注目されることになりましたね。
色々とマニフェストも提出されて県民の支持を受けて当選されましたが、
まぁ予想通りというか、議会の面子は対決ムードになっているそうで。

自民党県議会の一番偉いのが「こんなん無理」みたいな事を言ってましたが、
県民が選んだトップなわけだから、100%に近づけるように
みんなで力を合わせて改革をやっていかなきゃならんのじゃないかと
思うのですがね。なんで対立してんのか意味分からんし。
そもそも「なんで上から目線で言ってんだ、お前は」って感じだし(w

素人ってバッシングが多いみたいだけど、最初はみんな素人だろうよ(w
素人がトップなら周りが補佐すりゃいい話なわけだしさ。
民間企業でよくある話ですが、別業種の人間が幹部として引き抜かれたり
社長に就任したりするわけじゃないですか。
ましてや県民が投票で選んだわけで、それで当選したんなら
宮崎県民は全員で腹くくりなさいよって話だと思うんだがな。

安部首相もそうだけど、なんか周りってみんなせっかちだよね。
すぐ結果を求めようとするけどさ、馬鹿なんじゃないかって思うよ。
就任して1週間も経ってないうちに「東国原知事についてどう思うか」
って聞いてたレポーターいたけどさ、もう馬鹿かと(w
そこの番組プロデューサー出て来いと(w

別にファンでもなんでもないけどさ、
一生懸命頑張ればこれだけ政治が変わるんだぜ!みたいなところを
やっぱ見たいじゃないですか。自分の県じゃなくて残念だけど。
純粋に頑張ってほしいなぁと思います。
【2007/01/28 22:57 】 | 時事ニュース | コメント(4) | トラックバック(0)
ゲームの面白さとは何か
最近ラジオの話か攻略の話しかしていないので、
たまには別の話をしたいと思います。

自分なりに「ゲームの面白さ」について考えてみました。

ゲームと名前がつくものはたくさんありますが、
なぜ人々はゲームをするのか。
なぜゲームをすることで「楽しい」という感情が芽生えるのか。

よく言われるのは「未体験を擬似体験できる」ということ。

小学生の時に家族で毎年正月に遊んでいたのは、
「世界一周ゲーム」というボードゲームでした。
物件を買ったりしながら世界をめぐって資産を増やしていくゲームで
モノポリーみたいなゲームだったと思います。
実際に世界中を旅行するとなると莫大な資金と膨大な時間が必要で
ましてや物件を購入していくとなると色々大変なわけです。
そういった事が簡単に遊べてしまうというのが面白さでしょうか。

ただ、小学生の僕がそのゲームを楽しんでやっていた理由が、
現実だと出来ない「物件売買」がしたくてやっていたのかというと
そうではないと思うんですよね。
似たようなゲームで「桃太郎電鉄」というゲームがありますが、
あれも同じで、別に不動産王にみんな憧れているわけじゃないんです。

大抵そういうボードゲームというのは複数人で遊ぶと思うのですが、
個人で遊び方にも個性がありますし、色んな駆け引きがあると思います。
そういうところが凄く面白かったと思うんですよね。
ある程度の簡易疑似体験が出来て、そこにプレイヤーの遊び方が加わる。
遊び方ってのはプレイヤーの数だけ無数にあるわけで、
遊ぶ面子が変われば同じゲームでも楽しさが変わるわけです。
だからこそ、根幹となるゲームの内容自体はシンプルな方が良かったわけで。

最近のゲームはちょっと方向性が違うと思うんですよ。
ゲームの内容自体がどんどんリアルで細かく設定されていて、
その分プレイヤーの遊び方の幅が狭くなってしまってないかなと。
ゲームというのは、本来遊ぶための「道具」でしかないと思うのですが、
今はゲームにプレイヤーが翻弄されるというか、遊ばれているというか。

「プレイヤーを選ぶゲーム」とか「ライトユーザー」とか
そういう言葉は昔はなかったと思うんです。
使う必要がなかったというか。

今は大人も子供もゲームをするようになってきたと言われていますが、
昔だって大人も子供も一緒になってゲームで遊んでいたんです。
今の大人は昔ファミコンで育った世代なわけですが、
テレビゲームなんてなくても過ごせた世代の大人達が、
昔は本当に子供と一緒にボードゲームしたり野球盤したりしたんですよ。

テレビゲームの存在を否定はしませんが、
ゲーム業界は今こそ原点回帰して「面白い」ゲームを作ってほしいです。
【2007/01/26 13:50 】 | ゲームの思い出 | コメント(4) | トラックバック(1)
じゅうべえくえすと日記 3日目
不定期連載の攻略日記。3日目です。
今回は一気に1章を終わらせてしまいましょう。

実際には今4章をプレイしているところですが、
攻略は少しづつやっていきたいと思います。

続きを読む
【2007/01/24 14:12 】 | じゅうべえくえすと | コメント(0) | トラックバック(0)
第2回目のラジオ放送開始
楽しみにお待ちいただいていた奇特なリスナーの皆さん

ラジオ番組「リセットボタンが押せなくて」

第2回目の放送開始となりました。

今回は前回の放送でいただいたコメントを元に
試行錯誤をそれなりにして頑張ってみました。
結果がどうなったか知りたい方はこちらからどうぞ。

「リセットボタンが押せなくて」のページへ

今回は前編後編の2部構成になっております。
暇な時にでも「ながら試聴」でお楽しみください(w

またまたコメントお待ちしております!
【2007/01/22 06:54 】 | ラジオ番組 | コメント(2) | トラックバック(0)
何に惹かれたんだろ
子供の時にゲームの情報誌といえば「ファミリーコンピュータマガジン」で
通称「ファミマガ」と呼ばれていました。
値段は300円前後だったと思いますが、毎回買うのは贅沢だと
当時は思っていましたので(当時の物価もありますが)、
何かきっかけがあった時に買ってもらう感じでした。

今ゲームの情報誌を買うとなると、遊んでいるゲームの攻略目当てとか、
未発売で興味のあるソフトの特集記事目当てとかだったりしますが、
ゲームソフトを年1回買えたら良い方だった自分としては、
とにかくゲームが載っている雑誌だったら中身はなんでもよかったんですね。

で、たまたま買った号で特集してあったソフトがありまして、
それがすごく面白そうだったんですね。
買えないことは承知してたんですが、とても遊びたかったんです。
いくつか載っているプレイ画面の写真を見ながら、
どんなゲームなのか色々と想像をしていました。
記事を読めばある程度理解できたと思うのですが、
写真ばかり見ていた気がします。あまり字は読んでませんでした。

そのゲームは・・・

ファミコンソフトの「虹のシルクロード」

というゲームなんです。RPGなんですね。

僕が当時見た写真だと、主人公らしきターバンを巻いた少年が、
街の中で壺を売っているという場面だったと思います。
安く売っている街で買ってきて、高く買ってくれる街で売る。
そうやってお金儲けをしている主人公の写真だったんですが、
幼心になぜかすごく印象が残っていました。

中古ショップで結構みかけますので、それなりに売れたようですが、
調べてみるとなかなか面白いゲームのようです。

●敵と戦闘しても経験値が入らない。
●なので主人公にはレベルの概念が存在しない。
●装備品を身に付ける事で体力があがる。
●水分ゲージがあり、水が切れると体力が減っていく。
●戦闘ではお金も手に入らない。
●主人公は様々な商品を転売することでお金を稼がなければならない。

なんというか・・・
非常に商魂たくましいゲームですね(w;

敵を倒す事で溜まるポイントがあるにはあるんですが、
そのポイントと引き換えに商売の許可が降りるという・・・
街の住民の言葉のほとんどが「●●はどこで買うと安い」といった話で、
色んな食べ物や、薬、原料、特産品が売買されています。
小さな町でもかなり賑やかです。

少しだけ遊んだことがありますが、なかなか大変そうなゲームでした。
ある程度資金ぐりが良くなってくると楽なんでしょうけどね(w;

普通のRPGに飽きた方はぜひやってみてください。
【2007/01/19 22:11 】 | お勧めゲーム | コメント(4) | トラックバック(0)
じゅうべえくえすと日記 2日目
この記事は、ファミコンソフト「じゅうべえくえすと」を
ただただマイペースに遊びながら攻略していくページです。

あくまでもクリアすることが目的なので、
完全攻略とか早解きの類ではありませんので、ご了承ください。

今回は戦闘システムの話と、前回の続きです。
続きを読む
【2007/01/18 23:15 】 | じゅうべえくえすと | コメント(0) | トラックバック(0)
じゅうべえくえすと日記 1日目
たびたびアクセス解析されていた「じゅうべえくえすと」。
「じゅうべいくえすと」とか「じゅうべいクエスト」とか
細かい間違いが多いみたいですが正確には「じゅうべえくえすと」です。

タイトル画面

題字があからさまに「ドラ●ンクエスト」風ですが・・・
会社違うけど大丈夫なんでしょうかね(w;

意外と隠れファンが多いようで、今日から不定期ですが
プレイ日記を連載していこうと思います。
攻略の糸口にしてください。

あんまりいないと思いますが、ネタばれを見たくない人は
これ以降は読まないほうがいいと思います。

なんとかラストまで行けたらいいんですが、どうなることやら・・・
続きを読む
【2007/01/17 17:03 】 | じゅうべえくえすと | コメント(2) | トラックバック(0)
第1回放送分 解体新書(後編)
更新が遅れてすいません。

先月から放送していますネットラジオの解説(後編)です。
第2回目の放送開始はもうしばらくお待ちください。
現在、編集作業を行っています。
編集というか、ノイズを除去する作業をやっています。
内容に関しましてはノーカットに近いものになってます。

しつこく宣伝しますが、まだお聞きになられてない方は、
先にラジオを聞いてから続きを読むか、聞きながら読んでください。

ネットラジオ「リセットボタンが押せなくて」のリンク

今回から解説は短めで、参考になる詳しいページを紹介していきます。
決して書くのがめんどくさくなってきたからじゃありません(w;
いや、ほんとだってば・・・
続きを読む
【2007/01/16 16:53 】 | ラジオ番組 | コメント(2) | トラックバック(1)
第2回目の収録終了
ちょっとコメントがすれ違いになってしまったのですが、
ネットラジオ「リセットボタンが押せなくて」
第2回目の収録が終わりました。

色々とありまして、今回は前編、後編の2本分収録です(w;


もう、すんごい疲れました・・・


そして、編集作業を今やっているところですが、
あまりのグダグダぶりにどうなることやら・・・

2回目のテーマなんですが、それは放送まで内緒ということで(w

コメントを元に試行錯誤しながら番組にしてますので、
なにとぞ大きな心で受け止めていただきたいなと思います・・・

編集終了して公開となりましたら、また告知いたします。
【2007/01/13 02:12 】 | ラジオ番組 | コメント(2) | トラックバック(0)
第2回目のテーマ募集
そろそろラジオ番組の収録を始めたいと思います。

去年放送した1回目のテーマは「ゲームの思い出」でした。

早ければ週末にでも収録しようと思うのですが、
ご希望、質問ありましたらお寄せください。

1回目のコメントにあった事も踏まえた上で番組に反映いたします。

質問は番組内で名前を読み上げる場合がありますので、
匿名希望の場合はその旨もお書きください。
【2007/01/11 00:17 】 | ラジオ番組 | コメント(3) | トラックバック(0)
色彩イメージの話
幸運な事に僕は目が見えます。
当たり前だと思っていますが、ありがたいことです。

沖縄に行った時に、戦時中に住民が避難していた「壕」に入りました。
通常は入れないのですが、修学旅行で勉強の一環として入りました。

そこは「チビチリガマ」と現地で呼ばれている防空壕なのですが、
中は相当に狭くて、昼間でも奥は真っ暗です。

「真っ暗」という言葉はよく使われますが、
沖縄で体験したのは次元の違う「真っ暗」でした。
普通は目を閉じても、まぶたの裏に何かしらの光を感じます。
「暗い」のですが「真っ暗」ではありません。
「チビチリガマ」の奥で明かりを消すと本当の「真っ暗」が分かります。
目を開けても閉じても、ずっと「真っ暗」なんですね。
そこには何の光も色もないんです。

例えば、今ちょっと目をつぶってみてください。
暗くなったと思うんですが、目をつぶったまま明かりを消してください。
たぶん「今暗くなった」というのがまぶた越しに分かったと思います。
「真っ暗」だとこれが分かりません。

視覚障害がある方は、きっと毎日をこんな「真っ暗」な視界で
過ごしているんじゃないかなと思うんですが、
そういう場合に聴覚とか嗅覚が研ぎ澄まされるというのも分かる気がします。

さて、前置きが長くなりましたが、色彩イメージの話題を
ブログコメント常連のココマルさんからいただきましたので
質問に答えていきたいと思います。


★好きな色は?

黒とか灰色。
洋服も黒や濃い青や緑が主で、明るい色は好きではないです。
まぁ痩せて見えるからという理由が大きいですが(w;

★嫌いな色は?

白や赤などの明るい色。
金色のような派手な色も好きではないです。
膨張色の服は着ませんし、視覚的にもあまり落ち着きません。

★携帯の色は何色?

黒です(w
今まで色んな携帯電話持ってきましたが、全部黒です。
黒がもしなければシルバーを選んでいたと思います。

★あなたの心の色は?

まだ色んな事に対して始動しているわけではないので、
灰色でしょうか。FFの石化状態というか(w;

★回してくれた人の心の色は?

直接面識がないので分かりませんが、
自分より華やかなイメージはありますので赤とか黄色とか明るい色かな。

★次の6つの色に合う人に回してください。
(赤、青、オレンジ、ピンク、黒、白)


回すの大変なのと印象とかイメージで人を語るのもなんなんで、
自分なりに色彩が人に与える印象を考えてみたいと思います。

「赤」

非常に目立つ色ですよね。でも「金色」みたいに嫌味じゃない。
単体だけでもそうですが、他の色と対比すると更に引き立つ色です。
日の丸は白地に赤ですが、シンプルなのに非常に自己主張が強いですね。
生命力とか活力を感じさせます。

「青」

寒色と言われるだけあって冷たい印象を受けます。
使いようによっては「涼しい」と感じますので、
夏になると青を中心としたレイアウトを考える店が多いですね。
実際に目を休める効果もあるようです(緑もそうですね)。

「オレンジ」

個人的には「食欲」を誘う色だと思っているんですが(w;
近所の店を見てみると「リサイクル店」や「日曜雑貨店」等は
オレンジを使っている店が多いのですが、なぜなんでしょうね。
今見ると「あぁ、それっぽい色だな」と思ってしまうんですが、
この感覚はいつ刷り込まれたものなんでしょうか?

「ピンク」

「桜色」と聞くと響きがいいんですが「ピンク」って人工的な
感じがしてしまうのは僕だけでしょうか。
あまり建物でピンク色って見ないんですが、
たまに車や家をピンクに塗っている方とかいますよね。
周りに比べるとすごく浮いて見えてしまうんですが、
そういうのもあってか「ピンク」は「ちょっと浮いてる色」です。
子供服でピンクを使ってる事が結構ありますが、
それが違和感なく見れるのは、子供が周りにかまって欲しくて
はしゃいでいるのが周りから少し浮いて見えてしまうのと同じで
ピンクを身に付けると子供っぽく見えるのはそういうことではないかと。

「黒」

落ち着いたイメージと、何も見えないという不安感を感じます。
今の日本の政治なんてのは、まさにそうじゃないでしょうか。
何を考えているのかさっぱりな政治家が、大きな組織で鎮座している。
「落ち着いている」と「落ち着いて見える」は全く意味が違いますよね。
視覚的に満足させられても、本質が大丈夫かは謎です。

「白」

黒とは逆に「清廉潔白」な印象を与えますが、
逆に真っ白過ぎると不安になるのも人間なんですよね。
「白黒つける」といいますが「灰色」くらいが人間しっくりきたりします。
政府が導入しようとしている「ホワイトカラーエグゼンプション」は
イメージ戦略みたいなところもあると思うんですが、
実質は文字通り「真っ白白」で内容が伴わない政策と思うんですが(w;

ココマルさんが言うには僕のイメージは「青」なんだそうです。
正直、色で例えられた事がないので分かりませんが(w;
ちなみに自画像の服が青いのは、当時の職場の制服が青だからです(w
【2007/01/09 19:58 】 | 経営学 | コメント(4) | トラックバック(0)
Wiiリモコンを超えろ
今回の話はゲームよりも医療関連の話になるんですが、
将来的にはゲーム業界にも生かされそうな話。

毎日新聞の記事ですが、頭で考えただけで動かせるリモコンができました。
正確には「開発に成功した」という段階で、まだ実用化はされてないですが。

日立の研究所が開発したもので、手足を動かせない方でも
脳の電気信号の変化によって反応してテレビをつけたりできるそうです。

昨年いつだったか忘れましたが、
テレビ番組で思考を読み取って代わりにジャンケンをする機械を見ました。
「グーを出す」という電気信号を読み取って、機械の手がグーになります。
これあったらドラえもんはジャンケン困らないですね(w

機械の進歩は医療関係か軍事関係によって進むことが多いですが、
平和的な活用をしてもらいたいなと思います。

この技術がごく当たり前な技術になってきたら、
電極付きのヘッドセットをつけてゲームする時代も来るかも。

昔、音声入力が可能なパソコンのCMを見たときは「すげぇ」と
思ったものですが、もう声すらも必要なくなるんでしょうか。
【2007/01/09 19:04 】 | 時事ニュース | コメント(2) | トラックバック(0)
成人免許制度導入
毎年の事なんですが、成人式でバカ騒ぎしちゃう奴いますね。
今年も各地でやんちゃやったのがいるみたいですが、
そういうのも全部ひっくるめて生まれて20年経過すると
この国では「成人」と認められるんだそうですよ。

成人じゃなくても成人らしい方もたくさんいるかと思うんですが、
どうも成人の認定を18歳からにしようという動きがあるそうです。
成人が増える=選挙の有権者が増える・・・ということでしょうか。

とはいっても、世の中の18歳~19歳までの方で、
選挙に早くいきたくてウズウズしている人間がどれだけいるのか。
年齢を引き上げるというなら分かるんですが、引き下げる意味が分からない。

お酒とタバコは成人(20歳)からって事になってますが、
これはどうするんでしょうかね。
食文化が欧米化して、大人より背が高い子がランドセルしょってる時代で、
成長に妨げになるかどうかという議論もどうかと思いますが、
仮に18歳から飲酒・喫煙OKとなった場合に予想されるのは

飲酒運転の増加
4月前後に大学生を中心に急性アルコール中毒死が増加
飲酒に伴う暴行事件増加
肺ガン死亡者の増加

デメリットの方が多いと思うんですが・・・

江戸時代は15歳で元服して大人扱いになりましたが、
それで成り立っていた社会だったからだと思うんですね。
昔の日本人はもっと必死に生きていかないといけなかった。
今はむしろ逆かと思うんですよ。

見た目と犯罪だけは大人並になりましたが、
精神的にはむしろ未成熟な成人が多いんじゃないでしょうか。
発言が年寄り臭いですが(w;

自分で自分をちゃんとコントロールできないのであれば、
年齢で分けるのではなくて、むしろ免許制にしてはどうかと。
まぁ、認定基準とか認定員の選抜とかすごくもめそうですが。

16歳で成人する方もいれば、40歳になっても子供扱いの子も。
でもそれくらいやらないとダメな奴はいつまでたってもダメかと。
筆記試験と面接で判断して、期限が来ると更新もしないといけない。
大人免許を取るための教習所も用意します。
常識を持って育ってきた方は通わなくても免許は取れます。
教習所の教官は退職していく団塊の世代を雇用。
成人教習とは別にニート向けの仕事案内も行います。

大人免許を取得しても犯罪を起こした場合等については、
減点、あるいは免許永久凍結となります。
優良大人免許(ゴールド免許)になると年金の支給、無料介護支援等
老後の心配は全く心配がいらなくなります。

どうでしょ?
【2007/01/07 22:30 】 | その他 | コメント(6) | トラックバック(0)
第1回放送分 解体新書(前編)
先月の30日から放送しております、ネットラジオ。

「リセットボタンが押せなくて」

 ↑ クリックでサイトに飛びます

お聞きになられた方、まだの方、いるかと思いますが、
かなり偏ったゲームの話もしていますので、
ちょっと話が分からない事もあるのではないかと思います。

ということで、第1回目放送分の解説をしていきたいと思います。
ラジオ番組のネタバレになってしまいますので、
まだの方は先にラジオを聞くか、聞きながら続きを読んでください。

(むちゃくちゃ長いので携帯から見ている方は危険かも・・・)

続きを読む
【2007/01/05 21:00 】 | ラジオ番組 | コメント(6) | トラックバック(0)
何を信じたらよいのか・・・
あちこちで話題になっているので今さらとも思いますが、
大晦日にTBSで放送された格闘技番組について・・・

ひさびさに大晦日に家にいられるということで、
あまり選択肢がない中、年末の特番番組を見ていました。
格闘技の祭典K1グランプリが長時間放送されるということで、
僕が見るのはアンディフグさんが存命だった頃が最後だと思うのですが、
見ることにしました。
僕は熱狂的なファンではないですが、
まぁテレビ付けた時にやってたら見るかなぁという程度です。

TBSということで嫌な予感はしたのですが(ボクシングでもめた)、
案の定すぐには試合が始まりませんでしたね(w;
我慢して最初の40分くらいは見たのですが、
いつまでも昔の映像ばかりで、正直かなり引きました。
エヴァンゲリオンの映画を友達に誘われて見に行って
ほとんどがTV版の編集だったのを思い出しました(w;

で、結局その日は試合を見ずに年を明けたのですが、
知人のブログを見たところ、どうもいかがわしい試合があったそうで。
ネットに転がっていた動画を今日何度か見ました。
極力先入観はもたないようにしてボーっと見ていたのですが、
最後の試合の秋山選手と桜庭選手の試合は本当に気持ち悪かったですね。
後味が悪かったというか・・・

疑惑は色々あるんですが、

?秋山選手の右グローブが正規の物ではない??

これは入っているはずのスポンサーのロゴがなかったので
見ればすぐ分かると思うんですが、
グローブの中に細工をしているんじゃないのかという疑惑があります。
僕は正直グローブの事は詳しくないので見ても中までは分かりませんが、
お金出して広告載せてるはずなのに、なんで秋山選手の右だけ
ロゴがないんだろう?とは思いました。
ただ、これに関しては初めて映像を見たときは気づきませんでした。
というか、グローブにプリントしてるって知らなかったし(w;

?桜庭選手が秋山選手の足にタックルをしかけるがスルリと抜け落ちる

これは正直びっくりしたというか、笑ってしまったのですが(w;
最初は「桜庭選手も年だからタックルが決まらないのかな」
くらいにしか思ってなかったんですが、
タックルを連続でしかけていく場面が後半にあるんですが、
もうなんというか「ウナギでも捕まえているんじゃないのか」と
思えてしまうくらいツルンと桜庭選手の手が滑っていたんですね。

正直「は??」って思いましたが、桜庭選手が「すげえ滑るよ!」と
レフリーに怒鳴っていたので「あ、やっぱり滑ってるよな、あれは」
と思いました。
ルールとか全然知らなくて最初見ていたので、
皮膚を切らないように何か塗ってあるのかなとか思ってましたが(w;
後で公式ルールを調べてみるとダメだそうで・・・
まぁそりゃあそうだよな。ボクシングみたいに立ち技だけじゃないし。

?桜庭選手の「タイム」発言を無視し、試合続行。

劣勢な時に「タイム」って言われても何ですが、
最初に桜庭選手が言った時は普通に立ち合っていた時でした。
だからこそでしょうか、実況の方も不思議に思っていたようです。 
秋山選手が一方的に攻め続け、桜庭選手は殴られながらも抗議。
「滑る」とか「反則だよ!」とはっきりとマイクがひろっていました。
しかしレフリーは止めようとせず結局先にゴングが鳴って終わる。
格闘技っていってもルールがあるからスポーツみたいなとこがあって
だからこそ公共の電波で放送できると思うわけですが、
僕は一方的なリンチというかいじめのようなものを見せられた気がして
最後の方は本当に見てて不快でした・・・
どの格闘技でもレフリーって大変だと思うんですが、
総合格闘技って下手すれば死んじゃうわけだから、
よけいに選手に対して気を使わなきゃいけないんじゃないでしょうか。
解説や実況の人も「止めた方がいいんじゃ・・・」ってずっと言ってて
選手のセコンドも「危ないよ、危ないよ!」と叫んでいるのに。
桜庭選手は耳あたりから血を流していましたが、大丈夫なんでしょうか。
素人が見るととてもびっくりする映像だったと思うんですが・・・
それでも桜庭選手は試合後に立ってましたから、もしかすると
皮膚の表面を切っただけで大したことないのかもしれませんが。

昔の武士じゃないし、テレビ番組なわけだから、
実際には「死合」ということにはならないんでしょうが、
「ショービジネス」と言われればそれまでなんでしょうが、
そうだとしてもあまり気持ちのよい試合とは僕は思えませんでした。

レフリーが事前に接待を受けていたようなブログが削除されたり、
秋山選手に過去に色んな不正疑惑(柔道で胴着が滑る)もあるようですが、
それはよく分かりません。状況証拠と言えばそうなるかもしれませんが。
それはともかく、試合の映像を見る限りで

タックルが滑る
レフリーがなかなか止めない

という事実関係だけは分かったので、
ここ最近、格闘技では嫌な思いをしてきたファンもたくさんいるでしょうし、
今後の興行の事もあると思いますので、
運営側には何かしらのアクションをお願いしたいなぁと思います。

レフリーが叫んでた「アクションアクション!」はどうでもいいので(w

 秋山選手と桜庭選手の試合動画

【2007/01/03 22:26 】 | お店の話 | コメント(4) | トラックバック(0)
ひさびさに見た
去年までは正月も大晦日も関係なく働いていましたが、
ひさびさにのんびりとした正月を味わうことができました。

正月特番なんて、かなりひさしぶりに見ましたが、
なんというか(無駄に)時間長いですよねぇ・・・
去年もみたいですが、今年もお笑いブームは過ごそうです。
最近の芸人さんは全然分かりません。面白さも分かりませんが(w


お笑いか、スポーツ、格闘技、歌番組、グルメ


この辺りで落ち着いてしまうんでしょうかね。
どれもあまり魅力を感じませんが・・・

「年越しゲームクリア、タイムアタック生中継」
とかなら食いついて見るんですが。
地上波でそんなやんちゃな企画やる局なんてないと思います(w;
あーそういえば年末の格闘技の審判とか紅白のダンスとか、
あちこちでやんちゃやってたみたいですが・・・

宝くじは300円しか当たってなかったし・・・
正月特番の「相棒スペシャル」もさっき見たし(おもしろかった)・・・

後はテレビで期待するもんはないかなぁ・・・

最近暇つぶしに自分のラジオ聞いてたりするもんなぁ(w;
聞くたびに凹まされるんだけど。
【2007/01/01 23:50 】 | その他 | コメント(4) | トラックバック(0)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。