スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
面白さ反比例の法則
今日は偶然なんですが、ファミコンの色んな動画が転がっているサイトを
見つけまして今もそれを見ていたところなんですが、
今も昔も「最速クリアに挑戦!!」っていうのはやってるんですね。

最近のゲームはジャンルにもよりますが頑張っても2時間くらいは
どうしてもかかってしまうと思うんですよね。
まぁ実際問題、7000円くらいだしたソフトが2時間で終わると
結構空しいものがあるわけですが(w;

で、結構懐かしいソフトの最速クリア動画とかを見ていたんですが、
中には、当事はものすごく欲しかったゲームとかあったんですね。
でもお金もないし、ゲーム雑誌の写真を見て想像だけして楽しみました。


「魔鐘」


というアクションRPGなんですが、当事は凄く欲しかったですね。
で、どんなゲームだったんだろうとドキドキしながら動画見ました。


あー、買わなくて良かった(w;


というのは一番の感想でしょうか。
最速クリアの動画だけに無駄がないので面白くなく見えてしまう・・・
ということはあるかもしれませんが、でもやっぱりこれは・・・


微妙・・・


ファミコンのソフトって大概がそうなんですが、
無限ループ(永久に終わらない)か、さっさと終わってしまうか
のいづれかのパターンが多いと思うんですよね。

マッピーランド(これもファミコン)なんて後半はかなり難しいですが
でも音楽とかいまだに覚えてたりしますし、思い入れはあるんですよね。

逆に最近のゲームは時間は多少かかりますが比較的クリアしやすいですよね。
でもあまり印象には残らないんですよね。
ファミコンのソフトは全体の尺が短いせいもあって何回も遊びますが
最近のゲームは無駄に長すぎるものが多くて1度遊ぶとやらなくなる。
最近のゲームで2周目も遊んだのは「大神」くらいでしょうか。
あぁ、あと「ビューティフルジョー」とか「デビルメイクライ」かな。


って・・・全部カプコンのゲームだな(w;


ファミコンのソフト見てると「これ本当にプロが作ったんかな?」
って思ってしまうくらい不親切なゲームがかなり多くて、
「キテレツ大百科」なんて操作方法そのものがすでにキテレツ・・・
これも最速クリア動画ありますけど、相当難易度高いアクションです。
まぁキャラクターゲームで秀作ってかなり少ないわけですけど・・・
僕も実際に遊んだことあったんですが、遊んで5分で


こ、これはひどい・・・(。。


って思いましたよ(w;
でもすごく印象に残っているんですよね。

面白いかどうかと、思い出に残るかどうかというのは
必ずしも比例しないのではないかと思いました。
スポンサーサイト
【2006/12/04 23:58 】 | ゲームの思い出 | コメント(4) | トラックバック(0)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。