スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
おもちゃ戦争
今日は色々と書くことがあるんですが、まず一つ目。
今週の「ガイアの夜明け」の感想を・・・
結構中身のある番組で本当に好きです。

題材は少子化のため低迷してきている「おもちゃ業界」の話。
大手メーカーが次々と合併していったのはご存知かと思います。

番組は2種類に分かれていたと思います。

子供ではなく大人をターゲットにしたビジネス



少子化という波をうまく利用した子供向けのビジネス


この2つです。
前者は僕も目指しているものですが、おもちゃで勝負をかけるのは
非常に興味深いもので、感心しながら番組を見ました。
10000円で出来る「ろくろ」が出てきました。
すでに類似品を知っていましたが結構本格的な物でしたね。
通常、陶芸をやるには40万近くかかるのですが(ろくろとか釜で)
手ごろな価格で、オーブンで焼けるという手軽さは良いですね。
当初はちょっとマーケティングこけてましたが、
データをきちんと分析して素早く売り場の方向転換をやるのはさすがです。
これはタカラトミーの商品なのですが、ちょっとここの社長さん・・・
んー覇気がない(w;
むしろ商品開発をやっている責任者の方が経営者向けな気がしました。
本田みたいに技術者というか、開発者が上に行って欲しいなぁと思いますが。

少子化により、一人当たりの子供にかける金額というのは高いそうです。
まぁ確かに自分が小さい時よりも贅沢している感じはします。
写真撮影に付加価値をつけた「スタジオアリス」という会社。
子供の記念撮影なんですが、まぁびっくりするような金額というか。
それでも我が子可愛さに高いアルバムを作ったりするわけですね。
僕はこの辺りのセンスが全然ないんですよ(w;
庶民的すぎるというか何というか・・・感心するばかりです。
ラブベリのカードも売れると踏んで開発したセガはすごいなと思います。
大人目線で考えてしまうのは良くも悪くもありますね・・・
でも無視できない分野だと思いました。
スポンサーサイト
【2006/11/29 00:09 】 | 経営学 | コメント(2) | トラックバック(1)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。