スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
リンク先 追加しました
今はまって遊んでいるオンラインゲーム「A3」の中で
大変お世話になっている方「あじゅ」さんのブログです。

A3のプレイ日記がメインとなりますが、
文章の前半部分はゲーム以外の内容になっています。

どぞ よろしく。

亜 樹 羅 帳日記
スポンサーサイト
【2006/08/31 23:50 】 | 業務連絡 | コメント(0) | トラックバック(0)
日本人が弱い「限定品」
地方自治体がやっている「地域特産品店」の様子をテレビで見ました。
今は地方からたくさんの自治体が東京に乗り出して市場の拡大を考えています。

まぁ「特産品」もそうなんですが、日本人は「特別」とか「限定」の文字に
非常に敏感というか、弱いですよね(w;
かく言う自分もその一人なんですが。

以前、一人暮らしをしていることがありまして、
運が悪いことに目の前がコンビニだったんですね。
自炊しないといけないのにスーパーまでは2キロくらいある。
そんな状況でコンビニによく通っていた時期がありました。
そうすると「九州限定」とか「北海道限定」のお菓子とか
お弁当とかあるわけですよ。もう即買ってましたね(w;
まぁこの場合は「新し物好き」だったのかもしれません。

ゲーム業界でもよくありますよね。
「限定版」ゲーム。
ソフトにフィギュアがついてたり、サントラがついてたり。
基本的にゲームを楽しみたい人からすれば関係のない話なんですが
人気ソフトにもなると限定版があっという間に売れるんですね。
おそらくそれに飛びつく人の多くは「希少価値性」に惹かれるのではないかと。

人が持ってないものを所有したいという「自己顕示欲」であったり
マニアであることを自負し全て手に入れたい「自己満足感」であったり。

振り返ってみると限定版を購入したことは一度もありません。
たまたま購入したのが「初回限定版」ということはありましたが。

あ、結構紛らわしいんですが説明をしておきますね。

「初回限定版」というのは実は2種類あるんです。
これ結構落とし穴なんですが。

一つは、本当に限定モデルで通常版と比べ何かしらの違いがあります。
そして通常版と限定版をほぼ同時期に発売するのが慣習です。

もう一つ初回限定版がありまして、言葉が悪いですが

これは名ばかりの限定版

「限定」と名前がついているからといって飛びついてはいけません(w
中には「初回限定版」しか作っていないゲームもあるんですから。
なぜこんな現象が起きるんでしょうか?

一番良い例はプレステ2ソフト「機動戦士ガンダム めぐりあい宇宙」
これは当初発売された時は初回限定版しかありませんでした。
なぜそのような名称になったかというと中にスペシャル映像ディスクが
あらかじめ入っていたからなんですね。
おそらく当初は数量をある程度限定して生産したんだと思います。
ところがこのソフトが想像以上に売れてしまったんですね。
そこで初回限定版が引き続き店に入ってくるようになったんです。
(逆に作りすぎてたという考え方もできますが・・・)
結局の所、このソフトの「通常版(スペシャルディスクなし)」が出たのは
かなり後になってからでした。

また、最近の慣習になりつつありますが、発売直後の物を
「初回限定版」という風に設定しておいて後から「通常版」と
名前を変えている場合も多々あります。
全く内容が同じな場合もあれば、微妙に絵が違うだけという場合もあります。
ソフトメーカーとしては新作を勢いよく売り出したいのでしょうけども
正直どうなのかなという気もします。
返ってユーザーを混乱させないかと思いますね(実際してるし)。

中身を伴わないのはゲームだけにとどまらず、その宣伝までが
空洞化しているのは何とも情けない話です。
(商売の仕方として悪いと思わないけど多用しすぎ)
【2006/08/30 00:32 】 | 経営学 | コメント(4) | トラックバック(0)
心強い味方 Yo!Hey!
今回はA3オンラインの「傭兵システム」についてです。

オンラインRPGは本来、仲間と協力して遊ぶことを前提に作られており
一人では到底太刀打ち出来ないような敵キャラを設定しています。
A3ではそこまで激しく強いボスキャラはいませんが、
リネージュあたりだと100人くらいで突っ込んで負けるということも(w;

初めてオンラインゲームをやると最初は人と話すのも勇気がいります。
個人差はあると思うんですけどね。
僕も初めてやった時は「こんにちは」と話しかけるのもドキドキでした。
ただ、最初を突破すると割と普通に話せるようになります。
仲良くなれば「一緒にパーティ組みませんか?」という事になります。

「パーティを組む」というのは説明するまでもないかもしれませんが
一緒に組んで冒険をしましょう!という意味です。
お庭で一緒にバーベキューをしたり、カントリーマームを食べはしません。

ただ中には「一人でモクモクと遊びたい」という方もいます。
その遊び方もありだと思います。
一人で遊ぶ、狩りをする事を「ソロ狩り」と言ったりしますが、
オンラインではソロ狩りしにくいことが多いんですね。
それを(ある程度まで)可能にするのが「傭兵システム」です。

A3ではお金の単位は「ウンズ」です。
町の酒場で話しかければ傭兵を雇う事が出来ます。
50万ウンズを支払うことで傭兵を一人雇うことができます。
50万ウンズ貯めるのはそこまで大変ではありません。
傭兵はキャラクターの職業のように4種類あり好きな傭兵を選べます。
ただし最初はLV1の傭兵です。共に戦い成長させなければなりません。

僕のキャラは魔法師なのですが、魔法攻撃が強い代わりに体力がありません。
ですので強い敵に接近されるとボコボコにされちゃうわけですね(w;
そこで硬い防御の「聖騎士傭兵」を雇いました。
こいつは盾になりつつ相手も攻撃してくれます。便利です。
傭兵はAI(人工知能)で動いています。

自分が攻撃した敵を攻撃する
自分を攻撃してくる敵を攻撃する
何もさせない


この3種類の命令のうちの一つを指定して戦わせます。
命令はいつでも切り替えが可能です。

傭兵の装備品も買い与えることが可能で、LVが上がると能力値もいじれます。
最初の50万ウンズさえ払えば永遠に自分の従者です。
ただし死亡した場合は高い蘇生代がかかりますが(w;

実際、ほとんどのプレイヤーが傭兵を連れて歩いています。
パーティを組んでいる人も連れている事が多いです。
つまり2人でパーティを組んでも傭兵がいれば4人で攻撃できるわけです。
少ない人数で強い敵に立ち向かえるのは嬉しいシステムですね。

ちなみに僕の傭兵は今LV30。ご主人様はLV35・・・
追い抜かれないように頑張らないと(w;

次回はA3以外のネタを書きます。
【2006/08/29 00:54 】 | A3(オンライン) | コメント(0) | トラックバック(0)
個人商店の醍醐味
ブログを書こうというモチベーションが高いうちに書こう(w;

オンラインゲームでの醍醐味「露店商売」の話をします。

ゲームによって呼称は変わるかとは思います。
「A3」では「個人商店」というものが開けます。
これは自分の持ち物を売値を決めて露店商売が出来るシステムです。

ゲーム開始してまだ3日ですが、2日目に思い切って露店を出しました。
なお露店を出している間はキャラがその場に座り込むので
営業中は冒険に出ることはできません。
それでも売り方によっては効率よくお金を稼ぐことが出来ます。

オンラインRPGの特徴として、オフラインゲームに比べると

経験値が入りにくい
レベルが上がりにくい
お金があまり稼げない


という印象を受けます。
これは仕方がないことで、運営側としては長く遊んでもらいたいわけで
あっさり強くなられると困るし、遊ぶ側も物足りないわけですね。
ただまぁ個人で受ける印象差はあるかとは思いますが
A3は比較的今のところは楽です(LVが低いからかも)。
ちなみにA3のレベルの最大値は現在165だったと思います。

さてさて。
強くなるためには強い装備品が必要なわけです。
強い装備品は値段が高いわけです。
当然お金がいるわけですね(w;
で、どうやって稼ぐのかと・・・

ただまぁ、まったりと遊ぼうかなと考えていたので
そこまで荒稼ぎをしようとも考えてません。
そこで露店商売をやる際に一つ自分の中でテーマを決めました。

現在の自分にとって必要最低限な分だけ稼いでいこう

ゲームとはいえ、市場は常に変動をしています。
ある意味では株みたいなものだと思いますが。
露店を最初に始める時に困ったのが「商品の相場」です。
もうさっぱり分かりません(w;
ですので露店が多い地方に出向いて価格を見ながら大体の相場を予想。
で、値段が安いものについては2割引くらいで。
値段が高価なものについては3割から5割引くらいで販売しています。
商品にもよりますが即売れが多かったです。

ゲーム内で知り合った方には「安すぎるんじゃないの?」と言われましたが

だって売れるまで待つの嫌だもん

待って大金つかむよりも、ちょこまか小銭稼ぎながら世界を満喫。
このノリで行こうかなと思います(w
買った人も自分も「やったね!」って思えたら商売はいいですなぁ。
まぁこれは本物の商売にも関係してくると思いますが。

まぁ偉そうに講釈してしまいましたが、まだ新米なので(w;
チビチビと装備品を集めていきたいと思います。

次回は「傭兵システム」というちょっと面白いシステムの話です。
【2006/08/28 01:22 】 | A3(オンライン) | コメント(6) | トラックバック(0)
新たな仮想冒険世界へ!
先日から無料で遊べるオンラインRPG「A3」を始めました。

はい、すいません・・・
だからブログ更新してなかったんです(w;


以前は有料だったようですが、6月から無料になったそうです。
アイテム課金というシステムになってまして、
特別なレアアイテムが欲しい人はウェブマネーで買ってねという事です。
はっきり言って買わなくても支障はないので無料で遊べます(w

開始すると自分の分身となるキャラクターを作ります。
「テモズ」という山岳地帯の国家か
「クァナト」という海岸地帯の国家のいづれかを選び所属勢力を決めます。
ちなみに僕は「テモズ」です(w

次に職業を選びます。
戦士、聖騎士、アーチャー、魔法師の中から選びます。
一番色っぽい魔法師にしました(w;

まぁあとは冒険が始まるわけですが、ちょうど3日くらい経ちました。
レベルは33です ←普通はここまで上がらないです(w;
レベルの高い人に手伝ってもらったりして頑張ってます。

「A3」はFF11やリネージュに比べるとプレイ人口が少ないです。
まぁだいぶさびれちゃった感は否めないですが・・・
ただ、まったりと遊びたい方にはちょうど良いと思います。
人口の絶対数が少ない分、マナーの悪いプレイヤーも少ないです。
まぁ一部では業者もいるようですが(w;

業者はゲーム内で稼いだお金を、本物のお金で売買してる会社です。
プログラミングされたキャラで自動的に狩りをしています。
その精密な動きがロボットのようなので通称BOT(ボット)と呼ばれ
日本ではBOTの使用は禁止されています。
ゲーム内のお金を現金でやりとりする事をリアルマネートレード
通称RMTと言いますが、これも日本では禁止されています。

BOTが多いと他のプレイヤーが遊びにくくなるため迷惑になります。

まだ始めて3日ですが、非常に親切にしていただいてます。
優しいプレイヤーが多くて何よりです、ほんとに。
以前遊んでいた「リネ●ジュ2」なんて、ほんとひどくて・・・(w;
優しい人もたくさんいましたが、無差別に切りかかってくる殺人者も多く
正直以前はしんどかったですね。

えっと、今日は説明が長くなってしまったので
本来書こうと思っていた「露天商売の話」はまた次の機会に(w;

* A3公式ページはこちら
【2006/08/28 00:47 】 | A3(オンライン) | コメント(2) | トラックバック(0)
ゲームのアカデミー賞
どこのニュースで見たかはちょっと忘れてしまいましたが、
来年ぐらいからゲームの世界でもアカデミー賞を作ろうという動きがあります。
発案したのは日本なんですけどね。

ここ数年で世界のゲーム市場というのも大きく変化してきました。
以前は日本の独壇場なところが多かったのですが、
最近では家庭用ゲーム機でもアメリカの進出が著しく、
またオンラインゲームに関しては韓国や台湾等が最先端を行くのが現状。

そこで優れた海外のクリエーター達を日本に取り込もうという動きが見られ
売上げが良かった作品や、内容が素晴らしいものを公式に評価することに。

ただまぁ審査するのが一般人ではなく、大手のゲーム業界や、ゲーム雑誌等で
今のゲーム業界を腐らせている原因ともいえる連中に何が出来るのか疑問です。

家庭用ゲームの専門誌「ファミ通」等は優れた記事もなくはないですが、
信憑性に大きな疑問がある「クロスレビュー」等がいまだに続いており
どういう基準で判定しているのかさっぱり分かりません。
(大手メーカー作品や、大作ゲームは出来が悪くても高得点)

ゲーム業界が変わるには作り手と売り手の両方が変わらなければなりません。
情報誌等は完全に作り手側の宣伝の一部となっていますので
昔のような中立的立場とはいえません。
そういった連中が選ぶアカデミー賞に何の価値があるのでしょうか。

昔からつまらないゲーム(通称クソゲー)というのはたくさんありました。
クソゲーの定義については人それぞれだと思います。
人によっては名作であり、他の方からすれば迷作でしょう。
それでよいと思います。
ただ、相対的にハードが新しくなるにつれて
クソゲーの比率が高くなってきたと感じるのは僕だけでしょうか?

昔のゲームは今のゲームほど大容量というわけにもいかず、
限られた中でいかに面白いものを作るのかということが追求されてきました。
見た目よりも、シナリオやシステム、演出のやり方等を重視してきました。
ファミコンが生まれて20年以上経ちますが、今も愛されている作品は多いです。
もちろん最近のゲームでも名作となっている作品はあります。
ただ、かなり優れた作品を見つけるのは困難になってきたと思います。

アカデミー賞の導入により在野に埋もれた人材を発掘できたら良いですが
業界そのものの体質をまずは変えていかないと無駄な企画となる気がします。
ぜひ「物つくり」の原点に立ち戻って開発メーカーには頑張ってもらいたいです。
【2006/08/25 10:10 】 | 時事ニュース | コメント(2) | トラックバック(0)
手段と目的が入れ替わる時
先日買いました「ドラッグオンドラグーン」
まだ1章しか終わっていませんが感想を書きたいと思います。

まずキャラクターや世界観についてですが、

非常に暗いです

いちおう制作側は「挑戦的なシナリオ」ということを言ってますが、
挑戦するベクトルが違うだろう?という気がしましたね。

総合的な評価は賛否両論あるかとは思いますが、
このとてつもなく暗い設定を「好きだ」と考える人がいるのかどうか・・・
いささか疑問を感じてしまいます。


ドラゴンが生きている時代。
帝国軍と連合軍は、世界を治める「女神」をめぐっての戦争に入る。
主人公は帝国の黒いドラゴンに両親を殺され、
妹は「女神」の啓示を受けたため「女神」として祈り続ける日々。
女神をかくまっている連合軍を守るために戦いに参加する主人公。
そこで深手を負った主人公は、同様に深手を負った赤いドラゴンに出会う。

ドラゴンと契約を結ぶことにより、強大な力を得る主人公。
互いの心臓を交換する特別な儀式のため、命を共有することになる。
また、強大な力を手に入れる代わりに自分にとって大事なものを失う。

主人公は両親のため、妹のために剣を振るう。その身を血に染めて・・・


まぁ・・・ありがちではありますわな。
ただね、どうも主人公が途中から精神がいっちゃってるというか(w;
「両親の復讐という名目」に乗っかって殺しまくるようになるんですな。
まぁ自分を正当化するためなんでしょうけどね。
ある意味では非常に精神的に弱いところが人間らしくてよいと思うけど。
ただ、いきつく先はまともなエンディングではなさそうな気もする。

んーあとシステムなんですが、世界観を守ろうとしての内容なんだけど
ちょっと使われてる言葉がえげつないんですわな(w;

次のレベルまで500KILL

KILLっておい・・・
500人ぶっ殺しなさいってことだけども、直球すぎるな。

武器を使えば使うほど、殺した相手の血を吸って成長するという・・・
まぁ武器が強くなるのでブンブン振り回しちゃうわけですけどね。
子供にはやらせたくないわなぁ・・・このゲーム。

【2006/08/23 22:22 】 | ドラッグオンドラグーン | コメント(4) | トラックバック(0)
2Pキャラも作ってみたよ
昨日お伝えした「ドッツ」です。
「アイスクライマー」ネタ続きで申し訳ないですが・・・

1P用のキャラ(青色)を作ったのでついでに2P用も作ったよ。

2P用も

ほらね
【2006/08/22 20:06 】 | お勧めゲーム | コメント(2) | トラックバック(0)
ドット画で遊んでみようよ
立体パズル

トイザラスで立体パズルを見つけたので買ってきました。
黒いボードに色付のピンを刺して絵を作っていくんですね。
ではさっそくやってみましょう!


ドラえもん?

ドラえもんかな?


ポケモン?

新手のポケモン登場か?!


人型のようだ

どこかで見たような気がするんだが・・・


アイスクライマー

正解はアイスクライマー(ファミコン)でした(w

最近のゲームでは見られなくなりましたが、ドット画も味がありますね。

この商品「ドッツ」という商品なのですが1年くらい前から出てるようです。
結構懐かしいキャラがたくさん作れますのでお勧めです。

* リンクから公式サイトにとべます

材料はかなりたくさん入ってますので自分でオリジナルの作品を作るのもよし。
コンテストもやっているみたいですよ。
【2006/08/21 21:19 】 | ゲームの思い出 | コメント(7) | トラックバック(0)
今の子供 昔の子供
トイザラスに行ったんですわ。
もう本当に数年ぶりなんですけどね。
ゲーム屋には行っても、おもちゃ屋っていかないんですよ。
で、たまに見ると昔はこんなんなかったね~というのがたくさんありました。

幼児すし詰め

はい、でました。ショッキング映像。
幼児虐待の決定的瞬間・・・じゃない(w;

でもね、はっきりいって不気味ですよ。これは。
結構リアルなんですわ作りが。それがウジャーとすし詰めになって
棚一面にならんでいるわけですね。
しかもどうみても全員外国人だと思うのだがな、これは。
ちなみに僕はキューピーちゃんの人形をずっと抱いて寝てたそうです。

では次

化石養殖

はい、来ました。夏休み定番。観察日記アイテム。
なぜか今さらなんですがカブトエビ。懐かしい・・・
しかも写真は自分の部屋が背景になってるってことは買ってます(w;

昔はねぇ、学研の「学習」と「科学」を買ってましたよ。
小学生の時かな。もう定期購読ですよ。
その付録で付いていたんですよ「カブトエビ育てキット」が。
むちゃくちゃ育ってしまって当時かなりあせりました。
ちなみに同じコーナーにあった「アリの巣観察キット」は売り切れで
カブトエビは山積みでした・・・まぁグロいし。

卵は1~3日でフ化し、どんどん成長します

こんな説明文書かれたら、想像力豊かな子供はビビッて買わないよ。

では次。

レジで精算しようと思って近づいたら変なドリンクを発見。

人間ドリンク ベロ版

グロいってば(w;
今の子供は泣いちゃうって。
買い与える親も親だけどな。というか誰か買うのか?

Caたくさん

仕方ないので僕が買っておきました。
カルシウムたっぷりのピーチ味です。おいしゅうございましたよ。
【2006/08/21 01:44 】 | ゲームの思い出 | コメント(2) | トラックバック(0)
ユナイテッド93 見ました
今日は色んな偶然が重なりまして映画館に行ってきました。
1日だけ帰省した姉を送るために昼過ぎに車を出したのですね。
で、最初は飯でも食ってから帰ろうかという話になったのですが、
「どうせ寄り道するなら映画を見て帰るよ」と話すと二人で行くことに。

携帯で映画の情報を調べて、一番近いヤフードーム側にある
ホークスタウンの中のユナイテッドシネマ福岡に行くことに。

以前から見たいと思っていた「ユナイテッド93」を見ました。

* リンクから公式ページに行けます

ひさびさに映画館まで足を運んでみましたね。
本当は「スーパーマンリターンズ」も迷っていたんですが、
数年後とかにロードショーとかでTV放映されそうだしなぁと思い(w;

2001年 9月11日 アメリカ
貿易センタービルに続けざまに2機の旅客機が激突。
その後、国防総省(ペンタゴン)にも1機が激突。
自爆テロによるものでした。
ただユナイテッド航空の93便だけは目的地に到達できず墜落。
いったい93便の中で何が起こっていたのか。
ドキュメント番組でもあり映画でもあり・・・という感じでした。

結末が分かった状態で映画館まで足を運んだのは初めてでした。
事件当日はアメリカは午前中で、日本では夜の10時過ぎでした。

当時、母親がちょうどニュースを見ていたようでびっくりしたそうです。
僕は翌日の早朝のニュースを見たような気がします。

映画は当日の管制局、軍隊、93便の動きを追ったもので、
かなりたくさんの方が「本物」です。
特に空港のスタッフは、本当に当時の方がそのまま演技されてました。

出演者に有名な俳優は一人もおらず、皆さん無名の俳優さんです。
以前からドキュメンタリー作品を手がけていた監督だそうで
変な脚色をするのが嫌だったんだと思います。
だからこそ非常に緊迫した雰囲気が2時間途切れないままの映画でした。

ちょっと言葉では表現できないのですが、
ぜひ見て欲しい映画だなと思いました。
色んな人に見てもらいたいなと。

僕が見た時には客も10人くらいしかいなくて
ほとんどの客はスーパーマンが見たかったみたいですが、
ユナイテッド93も良い映画だと思います。
どう良いのかという説明が難しいのですね。
何というか、圧倒されるというか衝撃そのものというか。

精一杯生きてやろうという気持ちにさせられる映画でした。

ただ少し不安に思ったのは、日本で同じことが起きた場合に
どれだけ迅速かつ正確に対応できるのかなという疑問。
日本の空港事情とか、自衛隊との連携とかがどうなっているのか
一般人の自分には分かりませんが、非常に怖いと思いました。

映画は死亡した乗客と遺族との間で交わされた携帯電話の通話や
航空機につまれているブラックボックスの再生テープの内容、
管制局が無線の傍受をしており記録していた会話内容等を元に作成。
ですのでほとんどが事実だと考えてよい内容だったと思います。
本当によけいな脚色がなく、非常にシンプルかつ恐ろしい内容でした。

でも色んな方に見て欲しいです。
【2006/08/21 00:27 】 | 時事ニュース | コメント(3) | トラックバック(0)
桶狭間 大決戦 
信長軍が尾張(愛知県)を平定しようかという時に、
駿府(静岡県)を中心に勢力拡大を狙う今川義元が攻めてきます。

今川軍25000人に対して織田軍は10分の1程度だったそうです。

永禄3年5月1日(1560年 6月12日) 桶狭間にて

戦国時代の幕開けともいえる大逆転劇が始まったのでした。

決戦?では戦の前に「評定(ひょうじょう)」と「軍議」があります。
「評定」ではこれから先の基本方針を決めたり商人と取引をします。
「軍議」は戦の前の作戦会議みたいなもので、部隊配置や作戦を考えます。
これが結構重要になってきます。

また武将には体調の良し悪しがあって、戦に出た次の時は調子が落ちます。
調子が悪いと防御力が下がったりして結構危ないです。
休ませると戦には出ることが出来ませんが体調がよくなります。

まともにぶつかっても10倍近い兵にはまずかないません・・・
史実では信長は「奇襲作戦」で今川義元を討ったといいます。

敵陣の中には人質としてやむを得ず参戦している松平元康(徳川家康)もおり
非常にきっつい戦いになっています。

有名な話なので書いてしまいますが、信長は雨にまぎれて敵に近づきます。
ゲームでもそれにしたがって進めるとうまくいくようです。
もちろん真っ向勝負を挑む事もできますが結構きついです。

さて、強敵を打ち破った後はついに天下を狙っていきます。
次は美濃(岐阜県)攻略でございます。
【2006/08/19 23:08 】 | 決戦? | コメント(5) | トラックバック(0)
愛知県 統一
PS2「決戦?」をやっています。
戦国シミュレーションゲームですが、実際にアナログスティックで
部隊を動かすことができたり、攻撃したりすることが出来ます。
コンピュータに任せることもできます。

ゲームの内容は「織田信長伝」と言ってよいのではないかと思いますが、
織田信長の初陣から最後までが描かれているようですね。

史実では「本能寺の変」で明智光秀の謀反により自刃ということに。
しかしまぁこれはゲームの世界ですので、ラストがどうなっていることか。
まだクリアしてないので分かりませんが楽しみですね。

ゲームは複数の部隊で作られる「軍団」を動かしながら合戦していきます。
1部隊で突っ込むことも出来ます。
色んな武将が部隊を率いていくわけですが、それぞれに得意分野があり
それに沿って育てていくのが基本になると思います。
ただしゲームですので自由な育成が可能になっていますので
例えば信長を「弓部隊」にしたり「忍者部隊」にしたり出来ます。

どんな部隊にするか、どんな軍団にするかで戦略の幅が広がります。
それぞれに特有の必殺技を持っています。
使い方によっては戦況がひっくりかえることがあるかもしれません。

信長の場合「桶狭間の戦い」から始まるゲームが多いのですが、
決戦?は細かい戦まで再現されてますので、それ以前から始まります。

織田家では誰が家督を継ぐかで兄弟同士での骨肉の争いが続いていました。
織田家があった尾張(今の愛知県)を手中に収めていくところから
このゲームは始まります。
なので最初の段階では仲間の武将も非常に少ないです。
後に仲間になっていく武将も最初は反信長派だったりしたので
戦っていくしかないわけですね。歴史知らないときついですな。

誰が敵から仲間になるのかというのも一定の条件があったりするので
各武将の相互関係を知っている人は少し楽かもしれませんね。
僕はさっぱりですが(w;
【2006/08/18 20:44 】 | 決戦? | コメント(2) | トラックバック(0)
こりゃ無理だ・・・
台風10号

12:30現在の台風の状態です。

こりゃあ映画どころか外出も無理だわ

福岡県の文字も見えやしないよ C= (-。- )ふぅ
【2006/08/18 12:36 】 | 時事ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
売ったお金でまた買って
全体の5分の1程度しかやってないんですがPS2「天下人」売却。
2000円で売れました ヾ(@^▽^@)ノ ワーイ

売ったついでに「決戦?」を購入。1680円なり。
「天下人」で少し戦国武将の名前を覚えたので購入しましたが
難易度は結構高いそうです。大丈夫かな・・・

ついでに以前から気になっていた「ドラッグオンドラグーン」購入。
1780円なり。

*タイトルのリンクから公式ページにとべます。

携帯電話からでリンク先が見れない方のために説明を・・・

コーエーの歴史シュミレーション「決戦?」ですが、
これは「決戦」シリーズの3作品目(今のところ最新)。
「決戦」は天下分け目の「関が原の戦い」がメイン。
「決戦?」は三国志の話です。
そして「決戦?」は織田信長の話がメイン(らしい)です。
まだ説明書も読んでませんが。

そもそも僕は「三国志」の方が好きなんですが、なぜかというと
以前に故・横山光輝さんの「三国志」を全部読んだり、
吉川英治さんの小説「三国志」を読んでいたので武将の名前が分かるんです。
まだまだ兵器なんて呼べるようなものもなくて、
本当に頭を絞って戦っていたのではないかと思うんですよ。
あと中国が舞台なのでスケールが大きいなと感じてしまう。
あと、同じ漢字なんですけど、なぜか三国志の方が名前をすぐに覚えました。
日本の武将はなかなか覚えられないんですよね・・・

まぁ今回はあえて日本の戦国時代をテーマにしたゲームにしました。

「ドラッグオンドラグーン」なんですが、どんな話かよく知らない(w;
雰囲気が暗そうで(実際かなり真っ暗らしいですが・・・)
ドラゴンが出てきたり、武器の種類なんかが結構多いらしくて
収集癖がある人にはいいんじゃないの?みたいな話だったので・・・
まぁ詳しいことは話を進めたらまた書きますね。

さっき買い物に出たわけですが、福岡はかなり風が強くなってきました。
台風がかなり近いみたいですね。

あー、あしたあたりが暴風雨だから映画館とか人少なくていいんだろうけど。
たどりつくまでが大変なんだよなぁ・・・
【2006/08/17 22:34 】 | その他 | コメント(2) | トラックバック(1)
ひさびさの大失敗
買ったんですよ、PS2の「天下人」。

戦国和風シミュレーションですね。

まぁ結論から言いますが・・・

大失敗だな、こりゃ(w;

シミュレーションゲームの要となるシステム面がいっちゃってますね。
後半のシナリオあたりまで行くと、主人公にもよりますが
不毛なLV上げを要求されることになりゲームバランスも無茶苦茶。

シミュレーションゲーム初心者の人が入門としてやるのに良いかと。
ただ裏シナリオに行くと急に難易度があがります・・・

主人公は5人おりまして、難易度が易しい順に

徳川家康 織田信長 真田幸村 伊達政宗 島津義久

となってます。
徳川家康編だけ隠しシナリオも含めて全部クリアしましたが、

びみょ~・・・

キャラデザインも使える兵種とかも

びみょ~・・・

面白いなと感じたのは最初の1日くらいでしたな・・・
お勧めしたかったんですが、こりゃ無理だわ(w;
【2006/08/16 23:56 】 | 天下人 | コメント(4) | トラックバック(0)
「大神」バトンいただきました
「大神」ファンである「もこさん」からバトンを叩きつけられましたので
頑張ってチャレンジしたいと思います。
本編の核心になるべく触れないように書きます。
非常に長いので暇を持て余している方だけどうぞ。
続きを読む
【2006/08/16 00:32 】 | 大神 | コメント(2) | トラックバック(0)
閃光のような線香
先ほどまで母方の実家に行ってました。
まぁ夕方からなんですけどね。
先日、庭の写真をのっけてた所です。

線香花火

うちの親戚内では、盆に集まって必ず花火をする決まりになってます。
別に田舎特有の仰々しい掟とかではないんですが、毎年やってます。

まぁ各自で色んな都合もありまして、自分と母親、叔父、従姉弟の4人でした。

上の写真は日本花火の代表選手「線香花火」であります。
子供の頃は派手な花火ばっかりやりたがったものですが、
今は線香花火で満足してしまいますね。
満足してしまうというか、線香花火の良さが分かる歳になったというか。

ただねぇ、最近の線香花火は違うんですよ。
なんつうか派手になっちゃって終わるのが短いんですよね。
子供の頃にやってたのは、もっと大人しくて長く火花が出たんですが。

どうもね、最近のはほとんどが中国産だそうですよ。
やっぱしね、安いんだそうな。
国産だと少し高くなるんですかね。
見た目の派手さを重視ってのは線香花火に求めちゃいかんと思うんですがね。

あ、そうそう。
台所にあった机の脚に懐かしいものを見つけました。
小さい時って家中の家具にペタペタと色んなシールを貼ってたんですが
3歳くらいの時に貼ったシールがまだ残ってました。


ドラえもん?

似てるけど・・・

著作権とか大丈夫なのか?

というか何のシールだったんだろうか、これは・・・
【2006/08/15 23:11 】 | その他 | コメント(0) | トラックバック(0)
カテゴリーを変えました
いつも見に来ていただいている方ありがとう。
初めて来た方、明日も来ましょう。

えっと、業務連絡です。
大した事じゃないのですが。

携帯で見ている方には影響はないのですが、
パソコンで見た場合に左側のメニューにあるカテゴリー一覧。
若干内容を変えました。

今まで「プレイ日記」となっていたものを削除しまして、
代わりに実際にプレイしたタイトルをカテゴリーにしています。
その方が見やすいようですね。
同じ作品で探している方は早いかなと思いますのでよろしく。
内容は大した事は書いていませんので(w;

基本的に「知ってる人間だけで盛り上がる」というのが嫌いなので
今から遊ぶ方でも見れるようにネタばれ的なものは書きません。
何かしらのきっかけになればと思います。

「ここで行き詰っているんだけども」
というような質問をしていただいても構いませんが、
そこまで凄腕のゲーマーでもありませんので攻略サイトをお勧めします。

ではでは、今後ともよろしく(w/

あ、いつのまにかカウンターが1000を超えました。多謝。
【2006/08/13 21:10 】 | 業務連絡 | コメント(0) | トラックバック(0)
大神 やっとこさクリアしました
最後の決戦前・・・

「ここから先は二度と後戻りできないぞ」

みたいな状態ってありますよね。あるんです。
RPGだと最後のダンジョンに入るとそういう事になったりするんですが、
直前でセーブしといて今日はもう終わりにしようと思ってて

「あ、でもちょっとだけ先のイベント見てからやめよ」

とか思って始めたら


そのままクリアしちゃった・・・


まぁ、そういう状況だったんですわ(w;

で、後半のクライマックス前から一気に駆け抜けてクリアしたわけですが
RPGの大半は、中盤もしくは終盤になるとグダグダな展開になることが多くて
まぁプレステ以降のFFなんかが一番いい例なんですが(w

そんな中で今回遊んだ「大神」
まぁ言わせてくださいよ・・・


クローバースタジオ 最高!!!


クローバースタジオってのは「大神」の開発会社です。

もうね なんていうかね


素晴らしい!


その一言に尽きます。
基本的にこのブログはネタばれ記事は書きませんので詳細は省きますが
前半、中盤とも非常に面白くてサクサク進むんですが、
ストーリーも後半に差し掛かってクライマックスを向かえ最後の決戦までの流れ


かっこええ!


「ストーリーが」というか「演出が」非常にうまいなと思いました。
いや、ストーリーもよいのですけどね。個人的見解ですが。

クリアするとプレイ内容によってご褒美を貰えるのですが、
もしこれから遊ばれる方いるなら「じっくり」遊んでください。
プレイ時間に関した評価はありませんので「ゆっくり」遊んだ方がよいです。

僕はちなみに37時間ほどでクリアしましたが、
結構寄り道をしたつもりでしたが全然やり込みが足りなかったようで・・・
2周目以降でないと手に入らないアイテムもあるようですが
クリア時点でのデータを2周目以降も引き継げますので
2周、3周するのもありかなと思います。

それとストーリーを進めていく中で「ニヤリ」とするような
色んな漫画やアニメやゲームのパロディネタが出てきますので
そういったものを見つけていくのも楽しいかもしれませんね。

今まで遊んだゲームでベスト5に入る名作ソフトだと僕は思いました。
【2006/08/13 12:35 】 | 大神 | コメント(4) | トラックバック(0)
おじいちゃんの木
母方の実家が寺でして、お盆も近いというので掃除をしに行ってきました。

田舎にある寺なので広いんですね、これが。
普段は母親が掃除をしているんですが、今は自分も時間がありますので
少しばかり手伝いをしてきました。

お庭

上の写真は縁側から外を写したものです。
明るく写ってますが夕方7時近い時間なんですね。夏ですね。
音は聞こえませんがセミがかなりうるさく鳴いています。
右端に写っている大きな樹はイチョウの樹。
うちの母親が生まれた時から立っていたそうで100年以上生きてるらしい。

イチョウは恐竜がいた時代から生えていたもので、昔からある木。
時期がくると毎年銀杏の実をつけるんですが数が多すぎて落ちてきます。
銀杏ってにおいが強いんですよね。独特というか。

今住んでいるところは都会ではないですが、
田舎にもどってくると空気の違いが分かります。
日が暮れる頃には窓を開けておけばかなり涼しい。
まぁ蚊がすごいので蚊取り線香は必須になりますが。

「都会の人間は空を見ない」と言われたりします。
周りの自然をみたりするゆとりがないということでしょうか。

今日はちょっとだけ心にゆとりが持てた1日でした。
【2006/08/12 20:46 】 | その他 | コメント(4) | トラックバック(0)
犯罪のの境界線
今日はテレビで色んな法律の話が出てくる番組をやってました。
その中で「どこからが万引きなのか」という話をやってました。

?商品を自分のバッグに入れる

?商品をバッグに入れたまま店内のトイレに入る
(商品を持ったまま入るのは、その店では禁止行為になっていた)
 
?バッグの中の商品の代金を支払わずにレジを通り越した

?商品をバッグに入れたまま店外に出た

ここからが犯罪になるという境界線をひきましょう。

↓ ? ↓ ? ↓ ? ↓ ?

どこから左がセーフで右がアウトでしょうか?
この番組を見てなかった方、考えてみてください。
続きを読む
【2006/08/11 23:31 】 | お店の話 | コメント(2) | トラックバック(0)
人のふり見て我がふり・・・
他人のブログを見ていて「大神」を買うかどうか迷っているという記事を見て

あ、わし プレイ途中やったわ

という事に気づきました(w;

「大神」は「おおかみ」と読みます。
PS2のアクションアドベンチャーゲームです。

「狼」と「天照大神(あまてらすおおみかみ)」をかけてるわけですね。

セーブデータを見直すと24時間くらい遊んでいたみたいで、
1ヶ月以上放置状態でした(w;
FF12もひとまず終わったので大神を頑張って終わらせます。

ひさびさにやりましたけども操作方法が易しいのですぐに思い出しましたね。
ちなみに今は「カムイ」という場所に到着したところです。

このゲームのよいのは、簡単なパズル要素がたくさん詰め込まれていて
それまでに習得した能力をうまく利用して先に進んでいくわけですね。
大抵の場合、物語の序盤で覚えた技ってのは終盤になると用済みになるのですが
大神はそんなことはありません。色んな遊び方ができます。

個人的には30時間くらいで終われるくらいの長さが好きなんですが
寄り道もしてますのでおそらくまだ終わらないのではないかと・・・

あぁそうそう。このゲームはボス戦が特に楽しいですね。
力でごり押しするのもありなんでしょうけども
上手に能力を使うと結構楽しいですね。
こういうゲームも最近はないなぁ・・・
【2006/08/10 23:09 】 | 大神 | コメント(4) | トラックバック(0)
濃厚なストーリーとハードの限界
「昔は良かったね」とか「今はもう駄目だね」とか言い始めると
自分も年を取ってきたのかなと思いますが、でも言いたい。

昔のスクエニ(正確にはスクウェア)は良かった

あの改めて問いたいのですが、最近のゲームで面白いものってありますか?
何回でも遊びたくなるものってありますか?

DSで子供とか年配向けのゲームしか売れない、作ってないっていうのも
どうなのかなぁと思いますけども、実際そうなわけで。

僕は「面白かった」「名作だな」と思うのは昔のゲームが多いのですが
今回紹介する「ベイグラントストーリー」は好みの問題ではありますが
個人的にはお勧めしたい作品です。

新しいハードが出て、その性能をフルに生かしたソフトが出るまで
約4年の歳月がかかると言われています。
ベイグラントストーリーはプレステが出て約4年後に出た作品で、
「良い意味で」ハードの限界に挑んだロープレかなと思います。

ファミ通のクロスレビューで40点満点をはじき出したことについては
今も賛否両論ありますが、ヘビーユーザーには評価の高い作品です。

高い評価を受けたのは複雑ながらも奥深い戦闘システムと、濃厚な世界観。

ストーリー

カルト教団「メレンカンプ」の一味が、バルドルバ公爵邸を占拠する事件が発生。
後に語られるグレイランド事件の始まりである。
一週間後、別邸にいたため難を逃れていたバルドルバ公爵が何者かに暗殺。
議会は占拠事件の鎮圧に参加したアシュレイを容疑者として追ったが、
足取りは掴めていない。
しかし彼が占拠事件直後から公爵殺害までに訪れた場所があった。
それが閉ざされた魔都レアモンデである。
プレイヤーはアシュレイとなって占拠事件から公爵殺害までの
空白の一週間を体験することとなる。

こんな感じです。
つまりゲームをスタートする時点では殺害事件の真相は分からず
自分も容疑者なわけですね。謎解き要素もあります。

戦闘システムですが、ボス戦を除くと主人公が成長することはありません。
武器や防具にかなり依存してまして、使えば使うほど成長するような仕組みです。
合成することで新しいアイテムを生み出すことも可能です。
ストーリー進行に従い様々な能力が目覚めます。

RISK(リスク)という概念があり、攻撃すればするほどリスクが上昇します。
リスクが高い状態だと攻撃に失敗する確率が上昇し、受けるダメージが激増。
リスクの調整が攻略のポイントになるわけですが、この辺りの難易度が高いかと。

章区切りで話が進み、各章のクリアの仕方により称号がもらえます。
この称号集めはやりこみ要素の一つにもなってまして、
2周目からの隠しボス、隠しマップ等もお楽しみ要素であります。

僕は内容を知らずにジャケットの絵と、画面の写真だけを見て買ったのですが
世界観が好きだから選んだ方も多いようです。
【2006/08/09 02:13 】 | お勧めゲーム | コメント(2) | トラックバック(0)
雑記
昨日の動き

正午に起床

 ↓

「しまむら」で2枚380円のトランクスを買う

 ↓

行きつけのローソンで花火を買う

 ↓

リサイクルショップでDVDプレイヤーを買う(5800円)

 ↓

スーパーで弁当を買う

 ↓

帰宅 疲れて爆睡・・・

今日の動き

正午過ぎに起床

 ↓

株価のチェック・・・

 ↓

夕方から眼鏡を作りに行く
56000円の眼鏡を28000円にしてもらった
完成は15日・・・

 ↓

帰宅・・・

人生 夏休み中 わぁいヽ(ω・ヽ)(ノ・ω)ノ わぁい
【2006/08/08 19:33 】 | その他 | コメント(0) | トラックバック(0)
推理ゲームの大変さ
無性に活字が読みたくなりまして、昨日から読書しています。
とはいえ、あんまり頭を使いたくもないので気軽に読めるものがよい。
かといってチープな恋愛小説なぞ興味はないしSF小説も興味なし。

ということでシャーロックホームズを読み返しています。

昨日読んだのが処女作「緋色の研究」

今日読んだのは長編2作目となる「4人の署名」

シャーロックホームズはコナン・ドイル氏が書いたフィクション小説で、
シャーロックホームズは世界的に有名な探偵の一人となっていますね。

ちなみにシャーロックホームズマニアのことを「シャーロキアン」と呼びますが
僕はそこまで詳しくはありません。
一時期はまりまして、勉強もかねて英語で読んでいたこともあります。
ちなみにシャーロックホームズの全作品が入っている全集で、電話帳並の厚さ。
まぁよくこんなの読んでいたなと思いますね。

探偵が登場するんですが推理小説とは違うんですね。
推理そのものよりもホームズが犯人を追い詰めていく手法の凄さを
ひたすらアピールしていくような内容になってまして
実際に読者が推理するには材料が足らなさ過ぎるのが実情です。

何らかの結果が与えられていて、そこから推測される未来をはじき出すのは容易
与えられた結果から、なぜそうなったのかというプロセスを導きだすのは難しい


というような事を作品中で語られているわけですが、的を得ていますね。

で考えたわけですが、推理ゲーム等を考えている人というのはそれ以上に大変で

なまじ全てを知っているだけに、それをうまく隠しながら話を進行させていく

というのは非常に難しいのではないかと思うんですね。
何も知らないまっさらな頭の状態で考えると、どう推理し得るのか。
どの程度まで情報をプレイヤーに与えればフェアといえるのか。

んー考えただけで頭が痛くなりますね・・・

どうやれば分かりやすく伝わるのか・・・という事を考えることはあっても
どうすれば誤解を生むか、どうやれば分かりにくくなるのかということを
あえて考えていかなければならないわけですよね。
まぁそう考えると推理小説家は皆ひねくれもんじゃないのかとも思えますが。

昔は全ての選択肢を試していけばいつかクリアできちゃうものが多かったですが
最近は力技ではクリアできないようですね。
つまりちゃんと推理しないといけないわけです。
それだけユーザーの目が肥えてきたわけでしょうけども。

僕はどうも「人が人を殺す」というシチュエーションが生々しくて
推理ゲームとかホラーアドベンチャーは好きにはなれないのですが
まぁ「頭を使うゲームが好き」という方は嫌いではないです。
【2006/08/06 20:11 】 | ゲームの思い出 | コメント(10) | トラックバック(0)
最近知った仰天ニュース
日本列島全国的に猛暑

暑すぎます。
もう少しバランスを考えて欲しいですよ、高気圧さん。
水害がでるほど雨降ったかと思えば、今度は連日の猛暑。
先日暑い中で車の運転をしましたがどうも調子が悪い。
暑さで機械がいかれちゃったんじゃないかと不安です。

群馬では38.6度だそうですね。
40度超えたら細胞が死に始めるんだとか・・・怖いねぇ。
アメリカでは熱中症で100人以上死者が出てるし困りものです。

人気漫画「デスノート」の原作者 大場つぐみさんって・・・

てっきり女性の作家さんか何かかと思ってたんですが。
いやぁ、びっくりだねぇ・・・

実は がもうひろし先生 だったなんて

ラッキーマンの作者ですよ。がもう先生っていったら。
あんな感じのネーム見ながら小畑先生はデスノート書いてたんですね。

ちなみに「大場つぐみ」は「大×組」のモジりという噂がありまして
ジャンプのアンケートで最下層にいる作家さん達を指す隠語らしいよ。
しゃれもきいてますね。ちなみに本当ですので(w;

最後はゲームネタで・・・

8月24日発売予定のスパイクの新作ゲーム発売延期

海外では話題だったという「ステート・オブ・エマージェンシー リベンジ」
日本で発売が決定してたんですが9月に延期です。
この時期での延期ですから、おそらくはプログラムのバグかと思いますが、
ちょっと内容がすごいんですね(いかにもアメリカ)。

100人のキャラクターが画面中を動き回る銃撃戦。
ようするに殺しまくりなゲームなんですね。
まぁ間違いなくZ指定(18禁)いくだろうなとは思いますが。
バイオレンスアクションというジャンルも確立されつつありますから
まぁ人気があるということなんでしょうけどね。
描写もほどほどにね。
【2006/08/04 23:22 】 | 時事ニュース | コメント(2) | トラックバック(0)
DS版 FF3について
ひさびさにスクエニの公式サイトを見てみたら、ムービーが増えていた。

物語の序盤の流れが分かるようになってました。

感想は・・・

あぁ・・・許せるかもDS版でも

個人的に嬉しかったのが戦闘シーンの音楽も変にアレンジしてなかったし、
オリジナル版に近い印象を受けたので好感が持てました。
オリジナル版にはない新しいギミックも若干入っているようで楽しめそう。

たぶんPS2とかでリメイクすると失敗したんだろうけど、DSだったのが救いか。
もうムービー垂れ流し、ボイス入りRPGは勘弁してほしいからね。

若干FF5の要素も混ざっているみたいで、主人公は「たまねぎ剣士」ではなく
「すっぴん」キャラとして登場するみたいですね。

ということは、たまねぎ剣士でないのか?

隠しジョブでもいいので出てほしいなぁ・・・

FF仕様の特製DS同梱版も出るらしいよ。好きだねぇスクエニ。
でもDS持ってない人にはちょうどいいかもね。
んー、買うまいと思ってたけど、ムービー見る限りでは楽しめそうだな。
ちょっと買おうかどうか考え中ってとこだな、こりゃ。

あ、どうしても許せないのが一つ。
今回のキャラクター担当って天野さんじゃないんだよね?
FFタクティクスの人でしょ。野村だっけ?(好きじゃない)
で、野村でいくにしてもさ、公式サイトのトップの絵が天野さんの絵なのはどうよ。
せこくないか?

公式サイトへのリンク
【2006/08/04 03:37 】 | FF3(DS版) | コメント(4) | トラックバック(0)
気になったニュース
ボクシングの話は置いといて、その他のニュースから。

ソフトバンクの王監督、無事に退院

午前10時に記者会見がありまして、病み上がりだというのに
しっかりとした発言でファンに挨拶をいたしました。
実家はラーメン屋さんなんだそうですね。知らんかった・・・
8月いっぱいは静養するそうです。
ゆっくり治してください(w/

原油の高騰で思わぬ余波が・・・お盆がピンチ

原油が原料になっている商品って意外と多かったんですね。
ガソリンは分かりやすいですが、思わぬ打撃を受けたのが「お線香」。
もうすぐお盆だというのに、線香の原料である原油が値上がりしたため
線香の値段自体も値上げせざるを得ないようです。

さらにはお菓子業界にも波紋が・・・
砂糖の値段が実は上がっているらしいです。
というのも、石油に代わる新しいエネルギーとして「砂糖」が注目されており
砂糖からは「エタノール」というアルコールがとれるんですね。
これをガソリンと混合したものが非常に有効だそうです。
現在の日本の法律では3%までならガソリンに混ぜることが可能。
現行の自動車を少し改造するだけで混合燃料で走るそうですよ。

柴田恭兵さん、肺ガンの手術をしていた

俳優の柴田恭兵さん、先月入院し手術を受けたそうです。
早期発見だったために問題なかったようですね、よかった。

WBAライトフライ級に19歳の王者誕生

僕もテレビで試合を見ました。
最終12ラウンドまでもつれ判定で勝利をつかんだ亀田選手。
おめでとうございます(w/

KO勝利ではなかったために判定に色々と疑念を抱かれる方も少なくはないようで。

ただまぁ勝ちは勝ちですからね。勝負の世界だから。

ポイント制っていうのが素人にはピンと来なくて、
実際に採点をしている方と一般人が見るところが違うんでしょうね。
効いていないパンチでも当てたらポイントが入る世界なんだそうです。
スポーツですよね、まさに。

1ラウンド目と11ラウンド目でかなり危ないシーンがあったわけですが、
なんとかギリギリポイント稼げて勝てたわけですね。

特に11ラウンド目でプライドを捨ててクリンチを連発していた時は
僕は逆に「亀田選手はプロやな」と思いましたね。
もう一発もらったら負ける事が分かっていたんでしょうか。
良くも悪くも「最後に勝つ」という執念が見えた気がしました。

きっと亀田選手のお父さんが一番喜んでいると思います。

おめでとうございます(w/
【2006/08/02 22:25 】 | 時事ニュース | コメント(4) | トラックバック(0)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。