スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
自己アピールの仕方
会社にせよ個人にせよ何にせよ、アピールって大事ですね。
会社の話になるんですが、アピールの仕方は大きく分けて2種類あると思うんです。

つまり、

うちの会社を知ってくれよアピール

うちの会社は良い会社だぜアピール


の2種類です。

当然ながら両方を兼ね備えたものが望ましいわけですが、
TVCMを例にあげて考えてみます。

例えば松嶋奈々子がCMしていたDSソフトのCM。
これは松嶋さん自身の清純なイメージと人気、
そして「ゲームが苦手な自分でも出来そうだ」と思わせる内容。
これが脳トレの爆発的な売り上げアップにつながったのは分かります。
アピール2種類を兼ね備えた良いCMですね。

では元々知名度が低く、これから売り出していかなければならない場合。
新規に立ち上げた会社、新商品のアピール等。
任天堂のように金があれば有名人も雇えますが、そうもいかない場合。
よほど画期的な商品、サービスでない限りユーザーの記憶には残りません。
そうなると企業はどうするかというと、

まずは自分の会社を知ってもらおう

ということになるわけです。
名前先行、インパクト重視で低予算でアイデア勝負するわけですね。

それの最たる例がこちら。
「株式会社 日本ブレイク工業」
もう全国的にかなり有名になってしまいましたが、解体業者ですね。
ここがなぜ有名かというと「社歌」が有名になったからなんですね。

国の歌が「国家」、学校の歌が「校歌」、会社の歌が「社歌」

ロングバージョンの動画を見つけましたのでどうぞ。
ただし耳から離れなくなっても責任はもちません(w
歌っているのは本物の営業担当の方です。

日本ブレイク工業 社歌

僕がこの会社を知ったのは去年で、もう有名になってしまった後なんですが、
友人に面白い歌があるんだよとカラオケで歌って聞かされたのが最初ですね。
当時は「なぜ友人はこんなにノリノリで歌っているのだろう」と思いましたが

原曲はさらにノリノリでした

ちなみに会社の公式サイトもあるそうなので、着メロにしたい方は
公式サイトからダウンロードしてください。
この会社が有名になったのは口コミで有名になったんですね。
当時カラオケに入れてくれという要望が相当来たみたいですね・・・

つまりは「多少のお金」と「面白いアイデア」。
これが成功への最短距離ではないかと思います。
僕に足りないのは「多少のお金」の方ですが・・・(w;
スポンサーサイト
【2006/07/29 21:48 】 | 経営学 | コメント(2) | トラックバック(0)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。