スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
東京ゲームショウ2009その2
どうもどうも、レステックです。
では続きをいきましょう。

360ブース

お次は北米の雄「Xbox360」のブースでございます。
日本では散々な評価ですが、海外ではPS3よりも売れてます。
ここも本当に派手で迫力のある宣伝をしています。

360

まぁとにかく遊んでみてくれよ!と言わんばかりに
体験スペースが用意されてまして好感がもてました。
ウリは「鉄拳6」なんでしょうけども、360でしか遊べない
オリジナルのタイトルも色々とありました。

で、ここで残念なお知らせ。

この後にバンダイナムコブース、アクワイアブース、
そしてドラクエ6のリメイクが決まっているスクエニブースを
回ってきたのですが、ことごとく写真撮影が禁止エリアでした。
SONYのグランツリースモブースも撮影禁止。
実際の車が展示されていたのですが、非常に残念。
とにかく全体的に情報開示に関してはシビアでした。

そんな中、ちょっと面白いコーナーを発見。

ゲーム椅子

まんまの名前ですが「ゲームチェア」という椅子の体験コーナー。
長時間遊んでも体が凝らないようにマッサージしてくれるという、
なんとも贅沢な椅子です。太ももの辺りにローラーがついてて
前後に動いてマッサージしてくれるんですが、なんというか
返って落ち着かないんじゃないかという気もしますが、
ちょっと欲しい気もしました(w;嫁さんと相談します。

今回はブースを見学する事よりも、メーカーさんとの商談がメインで
自分も部署が変わりまして中古だけでなく新品も将来的には
扱うことになるという事で、名刺交換を色々とやりました。

コナミさんとの商談会がありまして、ウイニングイレブンのブースへ。

ういいれブース

中に入るとコンパニオンのお姉さんがメニューを持ってこられて
飲み物を選ぶことになったんですが、その中に
「きらめきアイスティー」というのがあって(w;
コナミのときめきメモリアルにかけたものなんですが、
ちょっと注文するのが恥ずかしかったです。
ちなみにこんな格好のお姉さんがもってきてくれます。

コナミおねえさん

大きなブースではレベル5のブースも大きいんですが、
ここも情報はシャットアウトでした。
去年と比べるとオープンシアターだったんですが、またもや
特典の配布を行っておりまして長蛇の列が出来てました。
まぁ人を呼びたいのは分からなくもないんですが。

しばらくしますとスクエニブースでドラクエ9のデータ配信がスタート。
すると一気に人が押し寄せ、みんなDS片手に通信開始です。
本当にビジネスデイなの?と思えるような異様な光景でした。
レベル5ブースで閑古鳥が鳴いていたのは言うまでもないです。
なんだか気の毒なので、これまたポツンといた子を撮影。

れべる5

まぁメーカー間の妙な駆け引きもいいですが、とりあえず頑張るのは
ソフトの開発にしてほしいものだと思います。

では、今回見た中で個人的にこれは面白いんじゃないかと思えた
作品を何点か紹介して締めたいと思います。
売れるかどうかは別として、個人的には買いたいなと思ったものです。

※タイトルをクリックすると、公式サイトに飛びます。

ゴーストトリック(カプコン、任天堂DS)

大神伝~小さき太陽~(カプコン、任天堂DS)

LOST PLANET2(カプコン、PS3&X360)

BAYONETTA(セガ、PS3&X360)

MADWORLD(セガ、Wii)年齢認証あり

HEAVY RAIN-心の軋むとき-(ソニー、PS3)

あえて大作ソフトはあげてません。個人的な好みですが、
特に衝撃を受けたのはロストプラネット2です。
ひさびさに胸がトキメキました。これは本当に出来が良いです。
公式サイトはかなり画質が荒くなっていますが、
実際にハイビジョンTVで動くところを見ましたが、興奮しました。

とりあえずはこの辺りで。
スポンサーサイト
【2009/09/27 14:01 】 | 時事ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
東京ゲームショウ2009に行ってきたよ
どうもどうも。
不定期更新に定評のあるレステックです。

本日が最終日となります東京ゲームショウ2009に行ってきました。
25日のビジネスデイ(関係者が参加する日)に行ってきたんですが、
去年と違い、かなり人は少なかったように思えます。
出展ブースが少ないというのもあるんですが、やはり
インフルエンザを警戒しての不参加というのもあるんでしょうか。
とはいえ、東京でマスクを着用している方は、あまり見ませんでした。

では、写真を交えつつご紹介していきます。

まず、会場入り口には、ごっついロボットと、迷彩服を着た
色っぽいお姉さんがお出迎えです。

TGS2009入り口

あ、ちなみに今回は気合を入れまして高画質な状態で撮影をしました。
が、ファイル容量が莫大になってしまったので縮小処理してます。
このロボットは鉄鬼というオンラインのアクションゲームですね。
枠には入ってませんが、すぐ右横にはカメラ小僧が大勢おります。
では中に入ってみましょう。

中に入ると会場全体を見渡せるような踊り場に出ます。

会場風景

左端に写っているブースはドコモさんのブースです。
ゲームショウはテレビゲームだけでなく携帯産業からも参加があります。
この日はゲームクリエイターの卵となる専門学校からの出展もありまして
前日よりも人は多かったようです。

受付に近いエスカレータから降りまして正面のブースがKOEIさんのブース。

KOEIブース

手前の人影と比べて見てください。モニターの大きさがいかに巨大か
お分かりになるかと思います。左右もモニターですよ。動いてます。
東京ゲームショウは全体的に迫力があって華やかなブースが多いです。
流れている映像は戦国無双シリーズ最新作の戦国無双3です。
SONY系のイメージが強いですが、今回はWiiで出るという事で…
最近は「歴女ブーム」なんて言われてまして、女性の戦国ファンも多く
その辺りのユーザーが取り込めたらいいんですが、どうなんでしょうか。
また限定版とか出るのかなぁ。出すんだろうなぁ、ここは。

さてテクテクと歩いていきますと、なんともまぁ華やかな場所に出ました。
今度は大人の華やかさといいましょうか、キャバクラ嬢風のお姉さんが
たくさんいる中、真っ黒に日焼けした「あの」プロデューサーさんを発見。

セガブースにて

龍が如くシリーズのプロデューサーさんである名越さんです。
今回は龍が如く4の映像がお披露目ということで、
クローズドシアターだったので写真等は見せられませんが、
これはまた短期間で頑張って作ったなという感じがしました。
間違いなく売れるでしょうな…。セガお得意の様々な寄り道要素も
かなりパワーアップしてました。馬鹿さ加減とエロ加減も(w

去年もそうでしたがセガのブースは本当に華やかというか派手です。

せが1

せが2

せが3

出展ブースが少ないという事はコンパニオンのお姉さんの衣装も少ないと…
今回、結構写真撮ったんですが、慣れないせいもあってか手ブレしまくりで
ブログにアップできるのは、ほんの一部となりそうです。
まぁ写りが良いのは他のサイトさんを見てもらうとしましょう。

さてセガのお隣はコナミのブースですが、ここはメタルギアの新作を全面に
押し出しておりました。コンパニオンもメタルギアTシャツを着用です。

メタルギアブース

このすぐ隣では声優さんを交えつつ座談会が行われておりました。
ファンには嬉しいイベントになったと思います。
こういう事があるから関東に住んでいる人は羨ましいですなぁ。

メタル座談会

ちょっと長くなってきたので、いったん記事は終了して、
続きはまた次回で。
【2009/09/27 12:38 】 | 時事ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
貯金でもするか
ひさかたぶりの更新です。
こんばんわ。れすてっくです。

最近のストレスの発散はゲームのプレイ動画を見て
やった気分になることでしょうか。
けど、結局後から買ってしまうので節約にはならんですが。

ずっとブログ書いてなかったので先月の話から。
先月の一番大きな出来事は業界としてはDSiの発売ですが、
個人としては店の改装をやりました。
「改装」というと大げさに捉えられますが、レイアウト変更です。
色んな店舗の店長に来てもらって人海戦術で2日間で
なんとか終わりました。良くなりました。

んーあとはボーナスを見越してですが、かなり買い物しましたね。
前回のブログで「もう買わん」的な事を書きましたが、
まぁ色々買いました。DSiも買いました。1回しか触ってないですが。
一番高かったのは「刑事コロンボ」のDVDBOX(全話収録)です。
これ、全部見終わるのいつになるんでしょうか…
ラーメンズのBOXとかも買ってるしなぁ。欲しかったやつだけども。

来年は「すぐに使わないものは買わない」を抱負にします。
そうなるとよほどの事がないと買い物することはないですな。
安月給で一ヶ月でどのくらい貯蓄できるか挑戦するのも
いいかもしれません。まぁ自炊すればよいのですが、
エンゲル係数は恐ろしくて計算できません。
でもクリスマスケーキくらいは買いたいです。今月は。
【2008/12/06 00:23 】 | 時事ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
今月はもう買うまい
こんばんわ。れすてっくです。

11月になりましたな。
新型のDSが発売になりましたが、買われましたか?
わしは買ってません。DSLite現役でございます。

今日は衝動的に気になっていたゲームをドドンと買いました。
やる時間がないのにまたやっちまいましたよ・・・
未クリアのゲームがたまっていくよ・・・
「カルドセプトDS」「勇者のくせになまいきだor2」もまだというのに。
あ、勇者2は最後の面まで行ったんですが、ラストの勇者が強くて
どうにもなりませんです。まいったね、こりゃ。

で、今日買ったのは・・・

DS「歩いて分かる生活リズムDS」
いわゆる歩数計ってやつですが、まぁこんなん使わなくても
生活リズムが無茶苦茶なのは知ってます。
でもなんとなく気になったんだよ。
健康とか少しは気にするよ。

DS「シドとチョコボの不思議なダンジョン」
プレステで不思議なダンジョンはやりましたなぁ。
Wiiで以前に出てたんですが、手軽に遊びたかったので
DSで出てくれたのは嬉しいですな。
暇がなくなると据え置き型のゲーム機はめんどいですわ。

PS3「ケイン・アンド・リンチ」
据え置き型ゲーム機じゃん・・・
いやぁ、今話題のグランドセフトオート4も気になったんですが、
いかんせん、グランドセフトは1作品もやってませんで、
続きもんをいきなり買うのはどうなのかなぁと思いパス。
で、同じ会社から出ているバイオレンスアクションの
ケイン・アンド・リンチにしましたですよ。
死刑囚が脱走してどうの・・・という話みたいで、
あれですかね、映画の「コン・エアー」みたいなもんなのかなぁと
勝手に想像しております。ストーリー全く知りません(w;
とりあえず、なんとなく雰囲気でジャケ買い。

という感じで、色々と最近のゲームはトライしとるんです。
が、なかなかね。先に進めないというか。
PS3の「アクアノーツの休日」とか癒されたくて買ったんですが、
癒されたいなら、さっさと寝ろと。そういう状況です。

さて、寝るか。
【2008/11/03 01:29 】 | 時事ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
TGS2008体験レポート(3)
こんばんわ。れすてっくです。
更新が少し遅くなりましたが、
先日の東京ゲームショウの報告ラストです。

締めということで、個人的に気になったタイトルを・・・

まず、故郷福岡が本拠地のレベル5。
発売日がかなり先(2010年予定)ですが、「二ノ国」というRPGが出ます。
これはスタジオジブリと組んで出す大作RPGで、
音楽も久石譲さんが担当されてます。
ジブリ独特の温かみがある空間の中を自由に動き
大冒険が味わえるなんて夢のようですね。
プラットホームはDSみたいですが、据え置き機でも
出そうな気がします。

スクエア・エニックスから出る「クロノトリガーDS」
これはスーパーファミコンやプレステ1で出ていたRPGですが、
名作と知られているものです。リメイク作品ですが、
昔のドット画テイストが崩されておらず、追加要素も加わり、
携帯ゲームという手軽さで人気がでそうですね。
DSと一緒に買う方も多いかもしれません。

天誅シリーズで有名なフロム・ソフトウェアから「犬神家の一族」
横溝正史原作の作品がゲーム化されるのは初めてです。
世界観を重視した水墨画タッチの独特の絵で話が進むアドベンチャー。
有名なミステリーなだけに、展開を知っている方も多いですが、
「金田一耕介が別の行動をやっていたとしたら・・・」という
新しい展開もあるそうです。実際に遊んで見ましたが、
時間を忘れて遊んでしまうというか読みふける事が出来そうです。
来年の1月に発売予定という事で、DSユーザーは楽しみですね。

歴史シミュレーションの大御所、光栄から「采配のゆくえ」
天下分け目の大決戦「関が原の戦い」で東軍を率いて勝利したのは家康。
しかし、ゲームの主人公は西軍の大将「石田光成」です。
タイトルのように主人公の光成の「采配」によって戦況を動かしていきます。
戦闘ひとつこなすにしても、敵の位置を探るために伝令を走らせ
情報を集め敵の位置を把握、戦略を練り作戦を実行します。
しかし素直に従わない味方大名もいたりして、時には説得したり・・・
光成の周りには常に様々な問題が生じます。
それを考えうまくまとめて西軍を勝利へと導きましょう。
イラストタッチの軽い絵柄とシステムの奥深さのギャップが
かえって面白いと思いました(実際にやりました)。

上にあげていったタイトルは実際に買ってやっってみたいなと思うもので
個人的に興味をそそられたものです。

TGSに初めていきましたが、限られた時間で見てまわるのが大変で
少し時間を取ってでも、事前にパンフレットはよく読めばよかったなぁと
思いましたね(w;
帰りの新幹線でパラパラと見てまして「え?!こんなブースあったの?」
という発見がチラホラと・・・けどまぁ面白かったですよ。

帰る前に幕張メッセの中にある休憩スペースでアンパン食べながら
ボケーっとしてますと「(合席)よろしいですか?」と女性が来ました。
まだ20代かと思われる綺麗な方でした。
「今日はどちらからですか?」と聞いたら「すぐ近くです」と答えられ
「というか私はセガの人間なんですよ」と入場許可証を見せてくれました。
お互いに自己紹介をして、仕事の話を聞かせていただきました。
その方はアミューズメント産業の方で、ゲームセンターのメダルゲームの
筐体(機械)のデザインを作ってるクリエイターさんでした。
ゲーム産業は男性が多い印象がまだ強いのですが、
時代は変わったのだなぁと、年寄りじみた事を考えてしまいました。

「良いと思って作っても評価されない事がたくさんあります。
 でもやっぱり遊んでもらってなんぼの世界なんですよね」


という言葉が非常に心に沁みました。
色んな思いが詰まったゲームを売るのが僕らの仕事です。
そのために、その商品の魅力がもっと伝わるために努力するのが
販売店の今後の責任なんじゃないでしょうか。
「こんなの売れないよ」と諦められてしまうゲームも中にはあります。
でも、どんなゲームにも作り手の思いが込められているわけで、
売れるものを売るのは当たり前。隠れた魅力を引き出せるのが
プロの販売員なんでしょうね。きっと。
【2008/10/19 00:41 】 | 時事ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム | 次ページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。