スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
桶狭間 大決戦 
信長軍が尾張(愛知県)を平定しようかという時に、
駿府(静岡県)を中心に勢力拡大を狙う今川義元が攻めてきます。

今川軍25000人に対して織田軍は10分の1程度だったそうです。

永禄3年5月1日(1560年 6月12日) 桶狭間にて

戦国時代の幕開けともいえる大逆転劇が始まったのでした。

決戦?では戦の前に「評定(ひょうじょう)」と「軍議」があります。
「評定」ではこれから先の基本方針を決めたり商人と取引をします。
「軍議」は戦の前の作戦会議みたいなもので、部隊配置や作戦を考えます。
これが結構重要になってきます。

また武将には体調の良し悪しがあって、戦に出た次の時は調子が落ちます。
調子が悪いと防御力が下がったりして結構危ないです。
休ませると戦には出ることが出来ませんが体調がよくなります。

まともにぶつかっても10倍近い兵にはまずかないません・・・
史実では信長は「奇襲作戦」で今川義元を討ったといいます。

敵陣の中には人質としてやむを得ず参戦している松平元康(徳川家康)もおり
非常にきっつい戦いになっています。

有名な話なので書いてしまいますが、信長は雨にまぎれて敵に近づきます。
ゲームでもそれにしたがって進めるとうまくいくようです。
もちろん真っ向勝負を挑む事もできますが結構きついです。

さて、強敵を打ち破った後はついに天下を狙っていきます。
次は美濃(岐阜県)攻略でございます。
スポンサーサイト
【2006/08/19 23:08 】 | 決戦? | コメント(5) | トラックバック(0)
愛知県 統一
PS2「決戦?」をやっています。
戦国シミュレーションゲームですが、実際にアナログスティックで
部隊を動かすことができたり、攻撃したりすることが出来ます。
コンピュータに任せることもできます。

ゲームの内容は「織田信長伝」と言ってよいのではないかと思いますが、
織田信長の初陣から最後までが描かれているようですね。

史実では「本能寺の変」で明智光秀の謀反により自刃ということに。
しかしまぁこれはゲームの世界ですので、ラストがどうなっていることか。
まだクリアしてないので分かりませんが楽しみですね。

ゲームは複数の部隊で作られる「軍団」を動かしながら合戦していきます。
1部隊で突っ込むことも出来ます。
色んな武将が部隊を率いていくわけですが、それぞれに得意分野があり
それに沿って育てていくのが基本になると思います。
ただしゲームですので自由な育成が可能になっていますので
例えば信長を「弓部隊」にしたり「忍者部隊」にしたり出来ます。

どんな部隊にするか、どんな軍団にするかで戦略の幅が広がります。
それぞれに特有の必殺技を持っています。
使い方によっては戦況がひっくりかえることがあるかもしれません。

信長の場合「桶狭間の戦い」から始まるゲームが多いのですが、
決戦?は細かい戦まで再現されてますので、それ以前から始まります。

織田家では誰が家督を継ぐかで兄弟同士での骨肉の争いが続いていました。
織田家があった尾張(今の愛知県)を手中に収めていくところから
このゲームは始まります。
なので最初の段階では仲間の武将も非常に少ないです。
後に仲間になっていく武将も最初は反信長派だったりしたので
戦っていくしかないわけですね。歴史知らないときついですな。

誰が敵から仲間になるのかというのも一定の条件があったりするので
各武将の相互関係を知っている人は少し楽かもしれませんね。
僕はさっぱりですが(w;
【2006/08/18 20:44 】 | 決戦? | コメント(2) | トラックバック(0)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。